栃木県グリーンスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栃木県グリーンスタジアム
栃木グリーンスタジアム
栃木県グリーンスタジアムの位置(栃木県内)
栃木県グリーンスタジアム
施設情報
所在地 栃木県宇都宮市清原工業団地32
位置 北緯36度33分23.87秒
東経139度59分11.73秒
座標: 北緯36度33分23.87秒 東経139度59分11.73秒
起工 1991年7月[1]
開場 1993年3月[1]
修繕 2011年
拡張 2009年、2012年
所有者 栃木県
運用者 北関東綜合警備保障
グラウンド 天然芝
照明 4基
大型映像装置 オーロラビジョン
建設費 34億5,100万円[1]
設計者 神谷五男+都市環境建築設計所[1]
建設者 佐藤工業[1]
渡辺建設[1]
柴田建設[1]
使用チーム、大会
栃木SC(Jリーグ)
ジャパンラグビートップリーグ
天皇杯全日本サッカー選手権大会
収容能力
18,025人(メイン・バックスタンド=固定座席、ゴール裏=立ち見席)
Jリーグ公式届出人員は15,589人
アクセス
#アクセスを参照。

栃木県グリーンスタジアム(とちぎけんグリーンスタジアム、Tochigi Prefecture Green Stadium)は、栃木県宇都宮市の清原北公園内にある球技場。施設は栃木県が所有し、北関東綜合警備保障指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

宇都宮市東部を流れる鬼怒川のさらに東、宇都宮清原工業団地の一角にある。同工業団地内に所在する宇都宮清原球場宇都宮市清原体育館の所在する清原中央公園内ではなく、北部の清原北公園内に栃木県内初の本格的球技専用スタジアムとして1993年に開場、同年栃木県内で行われた全国高等学校総合体育大会サッカー競技会場となった。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する栃木SCがホームスタジアムとして使用している。栃木SCがJリーグ参入前の1993年から2004年の間にはジェフユナイテッド市原(1993年・1994年)、横浜マリノス(1993年・1994年)、大宮アルディージャ(1999年)、水戸ホーリーホック(2000年・2001年・2004年)がJリーグ公式戦を開催している[2]

栃木SCのJリーグ参入以来複数回の改修工事を行っているが、観客席の屋根の範囲が小さいほか、トイレも規定の数より少ないため、Jリーグよりさらなる改修を見据えた改善計画の書面提出を求められている。栃木SCでは、県が東武鉄道西川田駅周辺(宇都宮競馬場跡地)で建設中の「総合スポーツゾーン」の陸上競技場(収容人員2万5000人以上)へのホームスタジアム移転の可能性もにらみながら、今後を検討している。

スタジアムの運営管理は長らく公益財団法人宇都宮市体育文化振興公社が行ってきたが、2011年4月より指定管理者が変更され、北関東綜合警備保障が管理を行っている。

施設概要[編集]

全面西洋芝のメイングラウンド(11,304平方メートル)と、全面クレー舗装のサブグラウンド(9,750平方メートル)がある[3]。メイングラウンドのメインスタンド(5,391席)とバックスタンド(4,622席)は固定席で、両サイドスタンド(南側2,449席、北側2,725席)は全て立見席[3]。屋根はメインスタンドの上部(約500人分)にしかない。

大型映像装置2012年2月23日に納入された三菱電機オーロラビジョンで、開場以来19年間、アウェー側のゴール裏にあった磁気反転ボードが改修されたもの。同時に長さ約20mの帯状映像装置(オーロラリボン)もフィールドに導入された[4][5]

改修工事[編集]

開場当時はナイター照明4基、磁気反転フリーボードが設置され、収容人員は公には18,025人であったが、消防法条例などから実勢は約16,000人(メインスタンドは屋根つきの座席、それ以外は芝生席)であった。

2006年、栃木SCがJリーグ準加盟クラブとして承認されるにあたり、Jリーグのスタジアム規格に見合った設備への改修が計画されたが、実際に改修工事が始まったのは、栃木SCがJリーグに加盟した2009年の初めからであった。特に、開場当初からあった照明施設(4基)の照度がJリーグの規定よりも低かったことから照明施設を更新する必要があり、2009年6月までの平日ナイターはグリーンスタジアム以外のスタジアム(国立競技場国立西が丘サッカー場熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で各1試合)を使用した。

また、両サイドスタンド・バックスタンドが芝生席であったため、バックスタンドの芝生席の箇所は2010年に座席に改修する工事が行われるため使用しなかったが、2011年2月竣工。これによりJリーグへの届出収容人員は14,699人(芝生席は規定によりカウントせず)となった[6]

2011年3月11日東日本大震災により被災し、観客の客席通路となっている橋(アプローチデッキ)の結合部分が破損するなどした[7]。改修中は、ホーム側に仮設の北ゲートが設置され、アウェイ側は関係者用南ゲートが使用された[8]。この改修費用にはスポーツ振興くじ (toto) の助成金が用いられている[9]

2012年5月11日、J1規格の収容人数1万5千人を目指すために、ゴール裏の「SC席」及び「ビジター席」を芝生席から立見席に改修すると発表[10]。2012年9月、工事が完成し、芝生席が立ち見席に代わり、収容人員もJ1基準を満たす15,589人となった[11]

アクセス[編集]

電車・バス[編集]

  • JR宇都宮駅からJRバス水都西線 清原台団地行きで「清原台三丁目」下車、徒歩7分[3]
  • JR宇都宮駅からJRバス水都西線 清原球場行きで「清原球場」下車、徒歩15分[3]
    • 栃木SCホームゲーム開催時はJR宇都宮駅東口2番のりばからシャトルバスを運行する(キックオフ4時間前から原則20分間隔)[12]

タクシー・自動車[編集]

ギャラリー[編集]

周辺のスポーツ施設[編集]

(清原中央公園)
(清原南公園)
  • 清原南球場(軟式野球・ソフトボール専用)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「栃木県グリーンスタジアム」、『新建築1993年7月
  2. ^ Jj.LEAGUE Data Site 検索結果、2018年7月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e 栃木県グリーンスタジアム”. 2018年7月14日閲覧。
  4. ^ “県グリーンスタジアムに新大型映像装置”. 下野新聞. (2012年2月24日). オリジナル2012年2月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120227070157/http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/t_sc/news/20120223/726766 2015年1月23日閲覧。 
  5. ^ “栃木県グリーンスタジアム向け大型映像装置(オーロラビジョン)納入のお知らせ” (プレスリリース), 三菱電機, (2012年3月9日), http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2012/0309.html 2015年1月23日閲覧。 
  6. ^ “2010シーズンパスポートの販売<席割>について” (プレスリリース), 栃木SC, (2009年12月1日), http://www.tochigisc.jp/news/article/00001274.html 2015年1月23日閲覧。 
  7. ^ “練習試合で募金、被災者にエール J2栃木SCと水戸、17日に”. 朝日新聞. (2011年4月15日). オリジナル2014年6月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140630142544/http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104150119.html 2015年1月23日閲覧。 
  8. ^ “【お知らせ】栃木SCホームゲーム試合会場について” (プレスリリース), 栃木サッカークラブ, (2011年4月27日), http://www.tochigisc.jp/news/04/00002371.html 2015年1月23日閲覧。 
  9. ^ 東日本大震災の災害復旧工事が終了しました。 (PDF) - 栃木県スポーツ振興課、2018年7月14日閲覧。
  10. ^ “栃木県グリーンスタジアム「SC席」及び「ビジター席」改修工事のお知らせ” (プレスリリース), 栃木サッカークラブ, (2012年5月11日), http://www.tochigisc.jp/news/article/00003460.html 2015年1月23日閲覧。 
  11. ^ “昇格へ市民熱意鍵 J2水戸スタジアム収容数不足”. 茨城新聞. (2012年10月21日). オリジナル2013年10月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131005022500/http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13507425937291 2015年1月23日閲覧。 
  12. ^ a b c d スタジアムガイド:栃木県グリーンスタジアム アクセスガイド”. 栃木SC. 2018年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]