新建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新建築』(しんけんちく)は、株式会社新建築社が発行する日本の建築専門月刊誌である[1]

沿革[編集]

1925年(大正14年)8月、吉岡保五郎により大阪で創刊された[2]

1950年代半ばに当時編集長であった川添登のもとで「伝統論争」を仕掛けるなど、建築ジャーナリズムの確立に大きな役割を果たした[3][4][5][6][7]。一方、1957年8月号で村野藤吾設計の「有楽町そごう」に批評的な記事が掲載されたことをきっかけに、吉岡保五郎が編集部全員に解雇を通告したいわゆる「新建築問題」が発生した[8][6][7]

新建築住宅特集[編集]

『新建築』誌で年2回組まれていた「住宅特集」が、1985年5月に季刊誌として独立したもの。1986年5月に月刊化[9]。個人住宅を中心に扱う。原則として、掲載作品は『新建築』とは重複しない。

『新建築』に関連する建築設計競技及び賞[編集]

新建築社は、『新建築』の名を冠する建築設計競技(コンペ)である「新建築住宅設計競技」を、吉岡文庫育英会[注釈 1]と共催している[11]

また、吉岡文庫育英会が主催する住宅建築の新人賞である吉岡賞は、『新建築住宅特集』及び『新建築』に掲載された住宅作品を対象とするもので、2008年度(平成20年度)から2012年度(平成24年度)までは新建築賞という名称であった[12]

関連する人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『新建築』を創刊した吉岡保五郎によって設立された財団法人である[10]

出典[編集]

  1. ^ 新建築”. 株式会社新建築社. 2021年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月22日閲覧。
  2. ^ 田中栄治「雑誌『新建築』にみる大正から昭和初期の関西の住宅--阪神間のモダニズム住宅(その4)」『神戸山手大学紀要』、神戸山手大学、2009年12月20日、 59 - 72頁。
  3. ^ 川添登”. 東文研アーカイブデータベース. 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所. 2022年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月22日閲覧。
  4. ^ 塩原裕樹. “伝統論争”. 現代美術用語辞典ver.2.0. 2021年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月22日閲覧。
  5. ^ 縄文と弥生”. 建築討論WEB. 日本建築学会建築討論委員会 (2017年8月16日). 2021年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月22日閲覧。
  6. ^ a b c 川添登オーラル・ヒストリー 2009年3月24日”. 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ (2009年6月1日). 2014年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月22日閲覧。
  7. ^ a b c 川添登オーラル・ヒストリー 2009年4月3日”. 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ (2009年6月15日). 2014年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月22日閲覧。
  8. ^ 特集2 著書の解題-1 『空間へ』 磯崎 新 [対談]時代を画した書籍 1:全編予告編だった『空間へ』 - 磯崎 新×内藤 廣 (PDF) 」 『INAX REPORT』No.167、LIXIL、2006年7月、 22頁。
  9. ^ 新建築住宅特集”. 株式会社新建築社. 2022年2月7日閲覧。
  10. ^ ご挨拶・設立の趣旨”. 一般財団法人 吉岡文庫育英会. 2022年2月7日閲覧。
  11. ^ 新建築住宅設計競技2020”. 株式会社新建築社. 2022年2月7日閲覧。
  12. ^ 平成20年度事業状況報告”. 一般財団法人 吉岡文庫育英会. 2022年2月7日閲覧。
  13. ^ “原点に「廃墟」 戦後の建築ジャーナリズム開拓した宮内嘉久の軌跡”. 毎日新聞. (2021年4月13日). オリジナルの2021年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210413020826/https://mainichi.jp/articles/20210412/k00/00m/040/310000c 
  14. ^ “建築評論家の馬場璋造氏死去”. 時事ドットコム. (2021年12月22日). オリジナルの2021年12月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211222125256/https://www.jiji.com/jc/article?k=2021122201131&g=soc 
  15. ^ “『新建築』元編集長・中谷正人氏が特別生出演!「ボロンde学校 長期優良住宅化リフォーム塾~省エネ・劣化対策編~」講義に抽選で30名様をご招待いたします。” (プレスリリース), 日本ボレイト株式会社, (2014年3月3日), オリジナルの2014年8月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140826115635/http://www.value-press.com/pressrelease/122536 

外部リンク[編集]