町田市立陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
町田市立陸上競技場
"野津田競技場"
Machidashiritsurikujo2.jpg
町田市立陸上競技場の位置(東京都区部および多摩地域内)
町田市立陸上競技場
施設情報
所在地 東京都町田市野津田町2035
位置 北緯35度35分33.0秒
東経139度26分20.5秒
座標: 北緯35度35分33.0秒 東経139度26分20.5秒
開場 1990年10月7日[1]
修繕 2011年12月
所有者 町田市
運用者 日本体育施設(株)・(一財)町田市体育協会共同事業体
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 107m×71m
照明 4基
大型映像装置 コスモビジョン
使用チーム、大会
FC町田ゼルビア(Jリーグ)
キヤノンイーグルストップリーグ
第68回国民体育大会2013年
収容能力
10,622人 (メインスタンド2,632席、バックスタンド他7,990席)

町田市立陸上競技場(まちだしりつりくじょうきょうぎじょう)は、東京都町田市野津田町町田市立野津田公園内にある陸上競技場である。野津田競技場(のづたきょうぎじょう)とも呼称される。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・FC町田ゼルビアがホームスタジアムとして使用している。日本体育施設(株)と(一財)町田市体育協会の共同企業体である「スポーツパークパートナーズまちだ」が指定管理者として管理している。

概要[編集]

町田市の市制施行30周年記念による三大スポーツ施設建設事業(町田市立室内プール、町田市立陸上競技場、町田市立総合体育館)の一つとして計画され、1990年10月7日にオープンした[1]。400メートル・8コースのウレタン系全天候舗装トラック(エンボス仕上げ)と天然芝のインフィールド(7,650平方メートル)[2]を備えた日本陸上競技連盟第3種公認の陸上競技場である。

メインスタンドは2012年の改築工事(後述)で建設された、鉄筋コンクリート造6階建(観客席2,632席)。バックスタンド・サイドスタンドは合計7,990席あり[2]、収容人員は10,622人。なお、Jリーグ開催時の収容可能人員は10,328人[3]

2009年4月より、日本体育施設(株)と町田市スポーツ振興公社が共同事業体「スポーツパークパートナーズまちだ」名義で指定管理者として運営する。 町田市スポーツ振興公社が2010年3月31日に解散したため、2014年4月1日からは一般財団法人町田市体育協会が運営に加わっている。

サッカー、特にFC町田ゼルビアのホームグラウンドとしての利用が主となっているが、町田市に本拠地を置くラグビーチームであるキヤノンイーグルストップリーグ所属)が公式戦を開催することもある。

サッカースタジアムとしての利用[編集]

開設当初[編集]

町田市立陸上競技場(以下『野津田競技場』と記す。)開設当初は、東京ガスサッカー部(現:FC東京)がジャパンフットボールリーグ(旧JFL)時代に準本拠地として使用し、国士舘大学サッカー部も試合を開催していた。1996年の第5回ジャパンフットボールリーグでは、コンサドーレ札幌コスモ石油四日市FCとの主管試合をここで行ったことがある。

また、1993年のJリーグ発足に当たり、日本サッカーリーグ (JSL) ・全日空横浜サッカークラブが町田市をホームタウン、野津田競技場を本拠地としてJリーグに参入する事を目指した時期がある。この交渉は実らず、全日空横浜は横浜フリューゲルスとして神奈川県横浜市をホームタウンとし、横浜市三ツ沢球技場(現・ニッパツ三ツ沢球技場)を本拠地としてJリーグに参加した[注 1]

Jリーグ公式戦が初めて行われたのは2001年11月10日のことで、J2第43節の川崎フロンターレアルビレックス新潟が野津田競技場で行われた[5]。これは、翌年の2002 FIFAワールドカップに向け、フロンターレの本拠地である等々力陸上競技場が長期改修に入っていた為の特例的処置だった。

第1次大規模改修 (2009-2013)[編集]

「FC町田」のトップチームとして1989年に誕生した「FC町田ゼルビア」(以下『ゼルビア』と記す。)は2007年に関東サッカーリーグ1部を昇格1年目で初制覇したのを契機に本格的にJリーグ参入を目指すが、当時の野津田競技場はメインスタンドのみ座席で、バック・サイドスタンドは芝生席という、収容人員数6,000人ほどの小規模なスタジアムであり、Jリーグの基準に照らして大規模な改修・増築が必要だった。そこで町田市は2009年から、ゼルビアのJリーグ参入並びに2013年に予定されていた第68回国民体育大会(スポーツ祭東京2013)のサッカー競技実施を念頭に野津田競技場の改修工事に着手する。

当初の計画では、2009年時点でのJリーグ基準に基づき、芝生席であったバックスタンドを鉄骨製の仮設座席(リースにて9,000席を確保)にし、ナイター照明設備(高さ43.4m・1500Lx✕4基)を新設するなどの簡易改修を実施する計画であった[6]が、平均入場者数が基準に満たないこと、スタジアムの確保が間に合わないことなどを理由にゼルビアが2010年度のJリーグ入会に向けた本申請を断念した[7]ことなどを踏まえ、2010年7月までに設計を行い、バックスタンドは当初の仮設座席からコンクリート製スタンド新設による全面改修に変更[8]、さらに当初予算で計上されていたナイター照明設備を新設する工事に着手した。しかし、2010年8月31日、Jリーグはこの設計が“2009年度の”Jリーグ基準準拠であったのに対し、2010年度の新たなJリーグ基準では、更衣室などの設備の面積や収容人数が明示されている点などの変更点があることを踏まえて「ホームスタジアムは、現在計画されている改修工事を経てもJリーグ基準を満たすことができないと判断される」という審査結果をゼルビアに通知した[9][注 2]。この年、ゼルビアのJFL最終順位は2位となり、成績面でのJ2参入条件は満たしたものの、このスタジアム要件の欠格が理由となってJ2参入は見送られた。町田市では、メインスタンドの全面改修計画を立ててこれに対処する方針とし、2013年2月末までの完成を目指すとした[11]

翌2011年のゼルビアの参入予備審査において、町田市長の石阪丈一が改修工事の完成予定を前倒し、2012年11月の完成を目指すことを表明する一方で、Jリーグ側からは「ホーム競技場を改修する間の代替地を含む来季の競技場確保」と「経営の健全化」の2点を求められた[12]ことを踏まえて対応策を検討。メインスタンド改修中に試合が開催できるよう、2011年のオフシーズンにメインスタンドの前方(フィールド寄り)に鉄骨造り5階建て・延べ床面積1248.52平方メートル、総工費2億1千万円の「メディアセンター」を建築し、この中にJリーグ基準で求められる諸室(ロッカールーム、記者会見室、記者室、カメラマン室など)を設置する[13]ことでJリーグの承認を得た。2012年にメインスタンドが完成し、シーズンオフに「メディアセンター」の撤去と陸上トラックの張り替えが行われ、2013年シーズン開幕までに改修工事が完了し、予定通りスポーツ祭東京2013(成年男子)も開催された。

第2次大規模改修 (2018-)[編集]

全面改修後も、スタジアム内の電光掲示板は動画再生不可能な電球式であったが、2016年のゼルビアJ2再昇格を機に2018年までをめどにこれを大型映像装置に更新する予定とした[14]。2018年3月4日の第2節・大宮アルディージャ戦において除幕式が行われ、大型映像装置が完成導入された。この更新事業の事業費の一部にはふるさと納税制度による寄付金が充当された[15]

一方、2018年現在の施設ではJリーグクラブライセンス制度におけるスタジアム基準に照らして、収容人員等においてJ2基準相当の規格しか満たしていないことから、石阪町田市長は野津田競技場の増築を検討[16]。2018年10月、町田市は2021年2月からの使用を目指す、J1スタジアム基準を満たす改修計画を発表した[17]。バックスタンドを鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)3階建て屋根付き構造に改築し、収容人員数を5000席程度増設するというもので、2018年度から2019年度にかけて実施設計を行い、引き続いて工事に着手し2021年シーズン前の完成を目指す。設計を受託したのは、野津田競技場の将来構想策定業務を策定した梓設計

主な使用例[編集]

  • FC町田ゼルビアの試合(サッカー)
  • キヤノンイーグルスの試合(ラグビー)
  • 大学・高校等の各陸上競技
  • 市民マラソン等の市主催関連催事等

アクセス[編集]

野津田公園行きの臨時直行バス

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この一件を契機に、町田市サッカー協会が自らの少年サッカーチームである「FC町田」に第1種(社会人)チームを創設し、Jリーグ挑戦に向かわせる事になったという。一連の経緯の詳細は、FC町田ゼルビアの守谷代表が2009年8月のインタビューの中で語っている[4]
  2. ^ ただし、これらの事項は予備審査時に初めて指摘されたものではなく、以前からJリーグより指摘を受けていたものであることを、2010年9月11日の記者会見で明らかにしている[10]

出典[編集]

  1. ^ a b 『広報まちだ(第908号、1990年10月1日発行)』
  2. ^ a b 陸上競技場”. 町田市文化スポーツ振興部 スポーツ振興課. 2018年11月12日閲覧。
  3. ^ 町田市立陸上競技場”. 日本プロサッカーリーグ. 2018年11月14日閲覧。
  4. ^ Number04 FC町田ゼルビア代表 守屋 実”. 東京フットボールマガジン. 2016年11月6日閲覧。
  5. ^ 公式記録”. J. League Data Site. 2016年11月6日閲覧。
  6. ^ 4.平成21年度の特長的な事業(2) (PDF)”. 平成21年度(2009年度)予算の概要. 町田市財務部財政課. p. 22. 2018年11月13日閲覧。
  7. ^ “Jリーグ入会へ向けて” (プレスリリース), FC町田ゼルビア, (2009年9月25日), http://zelvia.sakura.ne.jp/cgi-bin/info/info.cgi?month=200909&num=740 2018年11月13日閲覧。 
  8. ^ 平成21年度(2009年度)12月補正 予算の参考資料 (PDF)”. 町田市財務部財政課. p. 11. 2018年11月13日閲覧。
  9. ^ “FC町田ゼルビア、「Jスタジアム2010年度基準」未達で昇格ならず”. 町田経済新聞. (2010年9月7日). https://machida.keizai.biz/headline/722/ 2018年11月12日閲覧。 
  10. ^ “Jリーグ入会予備審査結果について” (プレスリリース), FC町田ゼルビア, (2010年9月11日), http://zelvia.sakura.ne.jp/cgi-bin/info/info.cgi?month=201009&num=1283 2018年11月13日閲覧。 
  11. ^ 2011年度予算の主な事業 (PDF)”. 2011年度予算の概要. 町田市財務部財政課. p. 30. 2018年11月13日閲覧。
  12. ^ “ゼルビア、昇格へ一歩前進か 具体的課題検討へ 東京”. 朝日新聞. (2011年9月8日). オリジナル2012年7月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120624050323/http://www.asahi.com/sports/fb/TKY201109070633.html 2018年11月12日閲覧。 
  13. ^ 町田市陸上競技場にJリーグ開催のためのメディアセンター : 3月20日から使用”. NPO法人k-press (2012年3月9日). 2018年11月12日閲覧。
  14. ^ “町田ゼルビアJ2昇格 市が競技場に大画面”. 東京新聞. (2015年12月30日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201512/CK2015123002000105.html 2016年5月28日閲覧。 
  15. ^ “競技場の環境整備、浮世絵の購入で「ふるさと納税」活用 町田市”. 町田経済新聞. (2016年3月29日). http://machida.keizai.biz/headline/2155/ 2016年11月29日閲覧。 
  16. ^ “町田市競技場の増築視野”. 読売新聞東京多摩版. (2016年11月22日). http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20161122-OYTNT50213.html?from=yartcl_outbrain1 2016年11月29日閲覧。 
  17. ^ 町田市立陸上競技場の観客席を増設します”. 町田市公式サイト (2018年10月18日). 2018年11月11日閲覧。
  18. ^ a b アクセス”. 町田市立野津田公園. スポーツパークパートナーズまちだ. 2016年11月29日閲覧。
  19. ^ a b c スタジアム・練習場”. FC町田ゼルビア. 2016年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]