町田バスセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
町田バスセンターを朝通勤時専用の降車場から望む

町田バスセンター(まちだバスセンター)は、東京都町田市町田駅に隣接するバスターミナルである。

町田駅周辺にある別の3つのバス停留所(町田ターミナル・町田ターミナル前・町田駅)及び、廃止された2つのバス停留所(町田駅南口・町田市営駐車場入口)についても、ここで記述する。

概要[編集]

中町一丁目~町田駅間の狭隘区間を走る町田駅発着路線
町田駅前通りの中央走行式バス専用レーンを走る町田BC・TM発着路線

2017年8月現在、町田駅には前述の通り町田バスセンターを中心とした4つの停留所があり、次のような経緯がある。これらの停留所は元々、小田急小田原線新原町田駅に存在していた「新原町田駅」と、国鉄横浜線原町田駅に存在した「原町田駅前」の2つの停留所からなり、森野方面のバスは全系統が原町田駅から新原町田駅を経由して運行されていた。ところが、1966年に新原町田駅 - 原町田駅で当時経由していた町田街道(現・旧道、原町田中央通り)が大型車通行規制によってバスが通行不可能となり、森野方面のバスは新原町田駅発着とならざるを得なかったものの、新原町田駅に操車場がなく、道幅の狭い鶴川街道を使用しての折り返しを行う事になった。これでは一方通行路はバスや乗降客で溢れ返り、非常に危険な上、混雑も多発する様になった(鶴川街道や鎌倉街道方面のバスに使われる「町田駅」バス停発着便は、2017年現在もこの一方通行路を経由して運行している)。

これを改善するため、現在のバスセンター付近に「新原町田駅緊急バスターミナル」を設置し、一部を除き新原町田駅を経由(通過扱い)の上、緊急バスターミナル発着とする事で、麻痺状態にあった交通がだいぶ緩和された。この緊急バスターミナルが町田バスセンターの前身である(この当時、市民ホール方面への広い道路は未開通だった。)。

その後、駅周辺の再開発に伴い、現在の妙延寺 - 市民ホール - 町田バスセンターの道路(現・町田駅前通り)が完成したため、緊急バスターミナル発着のバスはこの道路を経由する様になり、新原町田駅発着は激減、この際に停留所名称を「町田バスセンター」とした。

この後にも新原町田駅停留所の名称を町田駅へ改称し、原町田駅停留所も駅名改称時に町田駅(国鉄)に改称、1983年には町田ターミナルプラザ・バスセンター - ターミナルの道路の完成により「町田ターミナル」停留所が開業し、一部路線がこの区間の直通運転を開始する[1]。なお、この際に町田駅(国鉄)停留所は規模を縮小して町田ターミナル前停留所に改称した。なお、町田ターミナル前停留所は、町田ターミナルプラザ1階(町田ターミナル停留所)が市条例に付随する規則により9時から21時(現在は9時から最終便)までしか利用できないため、時間外における代替停留所として残されたものであり、「町田ターミナル」と「町田ターミナル前」は同一停留所と見て差し支えない。この「町田駅」移転に伴いペデストリアンデッキが整備され、国鉄側からでも小田急側からでも、階段を一度降りるだけでバスセンター内の各バス停へ乗り換えられるようになった。

以上の経緯で、町田駅の停留所は移設や改称を繰り返しながら4ヶ所になったのである。

かつて運行されていたコミュニティバス「かわせみ号 町田駅ルート」

また、1981年12月7日から1992年3月29日まで、JR町田駅南口(現在のヨドバシカメラ辺り)に「町田駅南口」停留所が存在していた[2]。これは原町田駅から上鶴間本町・相模原市方面へ向かっていた路線の発着のために新設されたものの、元々発着本数が少なく、10年程度でターミナル着・バスセンター発に置き換えられて消滅した。その後、2009年7月18日から2012年9月30日[3]まで、金森地区コミュニティバス「かわせみ号」町田駅ルート発着のため町田駅南口停留所の再設置及び町田市営駐車場入口を新設した[4]。なお、町田市営駐車場入口停留所は、JR町田駅ターミナル口の南側(相模原市側)出口に近く、かつて存在していた境橋停留所に程近い。

なお、2009年4月まで成瀬・金森方面からの路線は朝のみ各方面→ターミナル経由バスセンター着、バスセンター始発原町田四丁目経由→各方面、その他時間帯は各方面→ターミナル止まり、バスセンター始発ターミナル経由→各方面の経路で運行されていた。これは、ターミナルビル使用時間の関係や、バスセンターに降車・待機場所がなく、バスセンターまで客扱いができない事によるもので、通勤時間帯の利便性のため朝時間のみバスセンター8・9番のりばを移動し、通常の8・9番乗り場を降車場とする事によって対応していた。しかし、乗客から見た場合、非常に不便である事や、町田ターミナルの改装(観光バス乗り入れに対応するための工事など)のため、同月6日より従来の8・9番乗り場を終日降車場とし、朝専用の8・9番乗り場を終日使用とする事で全便がバスセンターへ乗り入れる様になった[5]。これに際して運行経路も変更し、町田行は全便が各方面→ターミナル経由バスセンター着、町田発は朝9時までバスセンター始発原町田四丁目経由→各方面、朝9時以降はターミナル発バスセンター・原町田四丁目経由→各方面となった。なお、2011年8月31日まで運行していた小田急バス柿20系統は従来通りの経路となっていた。

歴史[編集]

2004年に増設された町田バスセンターのエスカレーター
バス運行情報案内表示機
  • 1930年昭和 5年) - 町田乗合バス会社(現在の神奈川中央交通)が原町田駅〜図師・原町田駅〜鶴間に路線開業。
  • 1966年(昭和41年) - 原町田中央通り(町田街道旧道)の大型車通行規制により、上宿・本町田方面への路線を原町田駅発着から新原町田駅発着に変更。
  • 1967年(昭和42年) 8月10日 - 大型車交通規制で発生した新原町田駅付近バス運行麻痺対策で、この日から緊急バスターミナルを使用開始(現在の町田バスセンター)。
  • 1970年(昭和45年) 1月 1日 - 緊急バスターミナル発着の路線を現在の市民ホール方面に抜けるルートに変更。バスセンター本格開業。
  • 1976年(昭和51年) 4月11日 - 小田急線駅名改称に伴い、新原町田駅を町田駅に改称。
  • 1977年(昭和52年) 4月28日 - 緊急バスターミナル上にペデストリアンデッキ(町田横断歩道橋)を設置[6]
  • 1980年(昭和55年) 4月 1日 - 横浜線駅名改称に伴い、原町田駅を町田駅(国鉄)に変更。原系統と町系統を統一。
  • 1981年(昭和56年)
    • 3月3日 - 「町田都市計画自動車ターミナル第1号町田バスターミナル」として都市計画決定[7]
    • 4月1日 - 町田バスセンターを改良・使用開始。西友前・島に乗り場がある現在に近い形になる[8]
    • 12月7日 - 町田駅南口バス停使用開始[2]
  • 1983年(昭和58年)10月31日 - ターミナルプラザ開業により町田駅(国鉄)を町田ターミナルに改称。バスセンター〜ターミナル直通開始[1]
  • 1988年(昭和63年) 7月 1日 - 第2次バスセンター改良工事により新・町田バスセンター使用開始。乗り場・形は現在に近い形[9]
  • 1992年平成 4年) 3月29日 - 町田駅南口バス停廃止。
  • 2002年(平成14年)11月 9日 - 原町田大通りの開通(11月8日供用開始)に伴い、朝方専用の町田バスセンター8番・9番乗り場を同道路上に新設[10]
  • 2004年(平成16年)10月22日 - 町田バスセンター・アイランドに、下りエスカレーターとエレベーターが設置され、使用開始[11]
  • 2009年(平成21年)
    • 4月 6日 - 大和営業所管内の路線で経路変更・新設(町89)[5]
    • 7月18日 - 金森地区コミュニティバス「かわせみ号」町田駅ルート新設に伴い、町田駅南口バス停再使用開始[4]
    • 8月 1日 - 町田ターミナルに観光バスの乗り入れ開始(朝方のみ)[12]
  • 2010年(平成22年) 9月30日 - 町田バスセンター8番乗り場に屋根を設置[13]。同時に9番乗り場を、auショップ町田店前から8番乗り場隣(屋根下)に移設[14]
  • 2011年(平成23年) 8月31日 - 柿20系統の運行終了に伴い、小田急バスの町田バスセンター乗り入れ路線が消滅。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月 - 連節バス導入に伴う町田バスセンター改修工事により、アイランドの形が一部変化。
    • 5月28日 - 連節バスの運行開始[15]に伴い、町田バスセンターアイランド内の乗り場を変更。
    • 7月17日 - 町田ターミナルの乗り場を一部変更。
    • 9月30日 - 金森地区コミュニティバス「かわせみ号」町田駅ルート運行終了に伴い、町田駅南口・町田市営駐車場入口バス停廃止[3]
  • 2014年(平成26年) 2月12日 - 小田急町田駅西口・JR町田駅北口の2箇所に、バス運行情報案内表示機が設置され、使用開始[16]
  • 2015年(平成27年) 3月 1日 - 町田バスセンターペデストリアンデッキ上・町田ターミナルの2箇所に、バス運行情報案内表示機が設置され、使用開始[17]
  • 2017年(平成29年) 3月21日 - 一部路線の経路変更・ダイヤ改正にあわせ、町田バスセンターの乗り場を一部変更[18]

停留所の位置関係・運行ルート[編集]

※以下、「アイランド」は「町田バスセンター・アイランド」という名称の、町田バスセンター内側(中央)の島状の区画のことで、乗り場1-7が該当する。

町田バスセンター[編集]

町田バスセンター(小田急線高架下)
町田バスセンター(原町田大通り路上)

町田バスセンターは、JR横浜線と小田急小田原線の交点付近の小田急線高架下周辺にある。両社の駅に最も近く、JR横浜線は中央口(北口)、小田急線は西口改札が至近となる。

アイランド内には高速バス・空港連絡バス利用者向けの「待合室」が、アイランド外側に隣接した小田急マルシェ町田内には定期券などの販売を行う「神奈中町田駅前サービスセンター(町田営業所所轄)」が設けられている。なお、バスセンター内にトイレ自動販売機といった設備はなく、これらを利用する場合は周辺の商業施設などに立ち寄ることになる。小田急町田駅西口・JR町田駅北口・町田バスセンターペデストリアンデッキ上の3箇所に、バス運行情報案内表示機が設置されている。

森野方面の路線
以下の系統は9時から20時59分までの時間帯、バスセンター経由ターミナル発着として運転される。
  1. 町12:木曽南団地線
  2. 町15・24:山崎団地線
  3. 町27:小山田線の一部
  4. 町30・60:橋本駅北口線
  5. 町41:藤の台団地線
成瀬・金森方面の路線
大和営業所のバスは全系統が以下の経路で運行される。
  1. 町田行:三塚・ターミナル経由→バスセンター着
  2. 町田発8時59分まで:バスセンター発→原町田四丁目・原町田三丁目・三塚経由
  3. 町田発9時00分以降:ターミナル発→バスセンター・原町田四丁目・原町田三丁目・三塚経由

現在バスセンターの降車場として使用している丸井前デッキ下の停留所は、かつて8・9番線(朝のみ降車専用扱い)として使用されていた。2011年8月31日まで運行されていた小田急バス柿20系統は、町田行が三塚経由→ターミナル止まり、町田発がバスセンター31番線発→ターミナル・原町田三丁目・三塚経由となり、乗り場も元9番線だったポールを「31番線」として使用していた。

降車場所
成瀬・金森方面からのバスやツインライナー、朝の一部を除いて特に決まっておらず、「たまたま空いている」乗り場に停車し、降車扱いを行う。
  1. 9時から23時まで、町田市役所交差点→町田ターミナルのセンターライン寄り1車線がバス専用レーンとなる。
  2. バスセンターにて降車扱い中に当該ポールを始発として使用するバスが到着した場合、降車客が残っていても一旦ドアを閉め、他の空いている停留所へ移動する場合がある。
  3. みずほ銀行前付近(15番線向かい側)に降車場があるが、昼間から夜間にかけてはタクシーの待機所となる事や、バス専用レーンの設定時間の関係から、使用時間は始発から9時までの間のみに限られる。また、降車場を使用する車両も次の運行がバスセンター外側(10 - 15番線)発となるバスに限られる。交差点が輻輳するのを避けるため、基本的にアイランド内発となるバスはあまり使用されない。
  4. 9時以降の時間帯、ターミナル行と次の運行がアイランド内発、もしくは待機・回送となる車両はすべてアイランド内での降車となる。
  5. 前述の通り、成瀬・金森方面からのバスは丸井前デッキ下の旧8・9番線で降車となる。到着後、9時まではバスセンター外側を回って新8・9番線へ移動するが、次の運行まで時間がある場合、町田駅前通りのJR町田駅前交差点手前にて一時停車して時間調整を行う。その他の時間帯はバスセンターアイランド内を回ってターミナルへ回送する。
  6. ツインライナーは車両の都合で停車できる箇所が限られている為、連節バスの停車に対応している1番線で降車となる。
  7. バスの待機は、町田・多摩営業所の車両はアイランド内もしくはターミナルで、相模原営業所の車両はアイランド外(10番線手前)もしくはターミナルで、大和営業所の車両はターミナルで、ツインライナーは降車扱いをする1番線で行う。この他、西日本ジェイアールバスなどの高速バスが時間調整する際もアイランド内で待機する場合がある。

町田ターミナル[編集]

町田ターミナル
町田ターミナル前バス停(降車場)

横浜線の旧・駅舎跡地に建設された「町田ターミナルプラザ」の1階にあり、JR町田駅の場合は町田ターミナルプラザ商業棟(ミーナ町田)2階西側にあるターミナル口が近い。

乗り場のある1階には、神奈中町田ターミナルサービスセンター(大和営業所所轄)や自動販売機が、乗り場を上がった2階にはバス運行情報案内表示機、トイレ、自動販売機、各種飲食店などが設けられている。

町田市役所の建設工事に伴って、町田市民ホール横にあった観光バス専用発着所が、2009年8月1日から町田ターミナル内に機能移転し、以降は朝方に限定して観光バスが乗り入れるようになった[12]。8時30分までは前述通り観光バス専用発着場となるため、やむを得ず転回する場合を除いて路線バスは進入不可能となる。そのため、該当時間帯に運行される町03・18とバスセンター行(終日)は道路上に設置されている「町田ターミナル前」停留所での乗降となる。

  1. 2009年4月5日までは、9時以降に成瀬・金森方面発から町田へ到着するバスはターミナル止まりとなり、バスセンターまでは運行されなかった。現在は全便が経路変更してターミナル前経由バスセンター行となっており、バスセンターへ徒歩で移動する必要がなくなった。2011年8月31日まで運行していた小田急バス柿20は経路を変更せず運行していた。
  2. ターミナル前の降車専用停留所も、同日にターミナル出入口脇のデッキ下に移設された。なお、ターミナル前停留所には小田急の新型停留所が置かれていたが、一切使用されておらず、停留所名や時刻表の表示もなかった。

町田駅[編集]

町田駅バス停

町田街道旧道(栄通り)上の停留所で、POPビル前の降車場をさらに西へ進んだ先の21・22番乗り場が該当する。最寄りの出入口は小田急線町田駅の東口もしくは北口だが、乗り場までは少々離れている。なお、町田駅へのバス運行経路である鶴川街道が狭隘で、駅方面への一方通行となっており、駅発のバスは森野二丁目方面へ抜ける循環状の運行経路となる(町田駅を跨いだ乗車は不可)。

2017年3月21日のダイヤ改正で、金井経由路線(町50・町52・町54)はすべて町田バスセンター発着に変更され、町田駅を経由しなくなった。これにより、町田駅発着路線は本町田団地循環線(町51)と本町田経由路線(町53・町55)のみとなった[18]

乗り入れ事業者[編集]

本来は神奈川中央交通のバスターミナルである。

担当営業所は以下の通り。括弧内は神奈中の営業所で使用される略号を記す。

  1. 神奈川中央交通多摩営業所(た)
  2. 神奈川中央交通町田営業所(ま)
  3. 神奈川中央交通東・相模原営業所(さ)
  4. 神奈川中央交通東・大和営業所(や)
  5. 神奈川中央交通西・平塚営業所(ひ)
  6. 京浜急行バス新子安営業所
  7. 京成バス千葉営業所
  8. 中国バス広島営業所
  9. 西日本ジェイアールバス大阪高速管理所
  10. 小湊鐵道塩田営業所
  11. 富士急湘南バス本社営業所

バスのりば[編集]

町田バスセンター[編集]

アイランド内(1~7番)

  • バスセンターアイランドは、小田急線高架下の中央部分の島状になっている区画。
  • 運行はすべて神奈川中央交通町田営業所の担当(夜行・高速・空港連絡バスを除く)
  • アイランド内のうち、1番と4番は連節バス(ツインライナー)の乗降に対応。
1番のりば 降車場
2番のりば 境川団地方面
町12 境川団地 木曽南団地
町15【深夜】 境川団地・山崎団地センター 山崎団地
町17 境川団地・木曽南団地・日向根トンネル 淵野辺駅北口
町61【深夜】 境川団地・山崎団地センター・藤の台団地 野津田車庫
町78 境川団地・木曽南団地・忠生三丁目 野津田車庫
3番のりば 忠生公園前方面
町32 境川団地・忠生三丁目 小山田桜台
町33 境川団地・木曽南団地 下山崎
町34 市民病院・忠生三丁目 小山田桜台
町66 市民病院 下山崎
4番のりば 山崎団地センター方面
町13 急行 山崎団地センター
町20 境川団地 山崎団地センター
町23 市民病院 山崎団地センター
町25 市民病院・山崎団地センター・薬師池 野津田車庫
町35 境川団地・山崎団地センター・薬師池 野津田車庫
直行 野津田公園 行(土日祝の試合開催時のみ)
5番のりば 山崎団地方面
町15 境川団地・山崎団地センター 山崎団地
町24 市民病院・山崎団地センター 山崎団地
6番のりば
町03 原町田四丁目 玉川学園前駅
町18 まちっこ・公共施設巡回ルート 町田市民病院循環
町37 市民病院・木曽中原 やくし台センター
空港 空港リムジンバス 羽田空港
空港 空港リムジンバス 成田空港
昼行 富士急ハイランド・河口湖線 富士急ハイランド河口湖駅
昼行 アクアラインバス 三井アウトレットパーク木更津木更津駅
昼行 横浜グラン昼特急大阪号 京都深草大阪
夜行 青春ドリーム横浜号・グランドリーム横浜号 京都・大阪・USJ
夜行 メイプルハーバー 岡山倉敷福山広島
7番のりば 降車場

アイランド外・原町田大通り路上(8~9番)

  • 運行はすべて神奈川中央交通東 大和営業所の担当。
  • 乗り場は、アイランドからやや離れたJR町田駅前の原町田大通り(町田東急ツインズウエスト付近)路上。
8-1番のりば 成瀬(鞍掛)方面
町73 鞍掛・田奈駅 青葉台駅
町74 鞍掛 成瀬台
町75 鞍掛 成瀬駅
町77 鞍掛 長津田駅北口
町93 鞍掛 昭和薬科大学
町94 鞍掛・昭和薬科大学 成瀬台
8-2番のりば 高ヶ坂団地方面
町92   高ヶ坂団地
9番のりば 南橋・金森方面
町82 金森・町谷原 つきみ野駅
町83 金森・小川中央 つくし野駅
町84 金森・南中学校前 成瀬駅
町85 金森・町谷原 すずかけ台駅
町87 金森・町谷原・町田辻 鶴間駅東口
町88 金森・町谷原・町田辻 鶴間車庫
町89 都営金森アパート前・西田・町谷 南町田駅

アイランド外・小田急線高架下付近(10~15番)

  • 運行はすべて神奈川中央交通(子会社を含む)の担当(但し乗り場によって担当営業所が異なる)
  • 10~14番乗り場は、小田急線高架下の町田駅前通り(西友町田店・パリオビル付近)路上(10番は相模原担当、11・12番は町田担当、13番は多摩担当、14番は町田・多摩担当)
  • 15番乗り場は、小田急線高架下からやや離れた日本生命町田ビル前の町田駅前通り路上(町田営業所担当)
10番のりば グリーンハイツ方面/古淵駅方面
町06   (グリーンハイツ循環)町田バスセンター
町08 グリーンハイツ 柏木公園前
町09 古淵駅・大沼・国立相模原病院 小田急相模原駅
11番のりば 藤の台団地・金井方面
町41 藤の台団地
町50 【買物バス】藤の台団地・金井・鶴川駅 鶴川団地
町52 金井 鶴川駅
町54 藤の台団地・金井 鶴川駅
12番のりば 南大谷・三ツ又方面
町76 あけぼの病院前・南大谷都営前・三ツ又 成瀬台
13番のりば 保健所入口・市民病院前・根岸方面
町29 保健所入口・根岸 淵野辺駅北口
町30 保健所入口・根岸・常盤 橋本駅北口
町60 保健所入口・根岸・常盤・多摩境駅 橋本駅北口
町62 保健所入口・根岸・常盤・横土手 神奈中多摩車庫
14番のりば 市民病院前・根岸方面
町21   市民病院正門
町26 根岸・図師 野津田車庫
町27 根岸・日大三高入口 小山田
町31 根岸・図師 多摩丘陵病院
町36 根岸・図師・五反田 鶴川駅
町38 根岸 市立室内プール
町39 根岸・市立室内プール 野津田車庫
町45 根岸・図師 都立野津田高校
15番のりば 日大三高方面
町16 急行 日大三高

町田駅[編集]

  • 小田急線町田駅東口から徒歩3分(POPビル先)
  • 運行はすべて神奈川中央交通町田営業所が担当。
21番のりば 本町田・薬師池方面
町53 本町田 鶴川駅
町55 本町田 野津田車庫
22番のりば 本町田団地方面
町51   本町田団地循環

町田ターミナル[編集]

  • JR横浜線ターミナル口より徒歩2分、中央口(北口)より徒歩5分、小田急線西口・南口・東口より徒歩6分。
  • 9時までの町03・町18系統は町田ターミナル前バス停で乗降を扱う。また、町03・町18系統を除く町田・多摩営業所担当路線は9時までと21時以降はターミナル非経由でバスセンター発着。
1番のりば
町27 根岸・日大三高入口 小山田
2番のりば
町18 まちっこ・公共施設巡回ルート 町田市民病院循環
町28 まちっこ・相原ルート 青少年センター入口
町30 保健所入口・根岸・常盤 橋本駅北口
町60 保健所入口・根岸・常盤・多摩境駅 橋本駅北口
3番のりば
町41 藤の台団地
4番のりば
町15 境川団地・山崎団地センター 山崎団地
町24 市民病院・山崎団地センター 山崎団地
5番のりば
町12 境川団地 木曽南団地
6番のりば 降車場
7番のりば 降車場
8番のりば
町03 原町田四丁目 玉川学園前駅
町82 金森・町谷原 つきみ野駅
町83 金森・小川中央 つくし野駅
町84 金森・南中学校前 成瀬駅
町85 金森・町谷原 すずかけ台駅
町87 金森・町谷原・町田辻 鶴間駅東口
町88 金森・町谷原・町田辻 鶴間車庫
町89 都営金森アパート前・西田・町谷 南町田駅
9番のりば
町92   高ヶ坂団地
10番のりば
町74 鞍掛 成瀬台
町75 鞍掛 成瀬駅
町77 鞍掛 長津田駅北口
町94 鞍掛・昭和薬科大学 成瀬台
11番のりば 待機場

町田ターミナル前[編集]

バスセンター方面 (終日使用)

  • 降車専用
    • 2009年4月4日まで朝9時以降に町田に到着する便はすべて町田ターミナル止まりであったため、この停留所が使用されるのは朝8時台までの町田バスセンター行のみであった。現在は全便が町田バスセンター行となったため、終日使用される様になり、また停留所位置をペデストリアンデッキ下へ移設した。なお、2011年8月31日まで運行していた小田急バス柿20系統は町田ターミナル行となっていた。
    • 停留所の表記は「町田ターミナル降車場」。

ターミナル方面 (朝のみ使用)

  • 町03 - 玉川学園前駅行
  • 町18 - まちっこ・公共施設巡回ルート(町田市民病院循環)
    • 停留所の表記は「町田ターミナル」。

町田駅南口(廃止)[編集]

町田駅南口(初代)

  • JR横浜線町田駅南口の現ヨドバシカメラ付近(当時は未開業)に設置。1981年12月7日[2]から1992年3月29日まで使用されたが、その後ターミナル・バスセンター発着に変更され、どちらも廃止された。

町田駅南口(2代目)

町田市営駐車場入口(廃止)[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]