金沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金沢駅
兼六園口(旧東口)遠景(鼓門・もてなしドーム)
兼六園口(旧東口)遠景(鼓門・もてなしドーム)
かなざわ - Kanazawa
所在地 石川県金沢市
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
IRいしかわ鉄道駅詳細
北陸鉄道駅詳細


金沢駅(かなざわえき)は、石川県金沢市木ノ新保町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・IRいしかわ鉄道である。

なお、本項では、当駅東口側に存在する北陸鉄道浅野川線北鉄金沢駅(ほくてつかなざわえき)、かつて存在した北陸鉄道金沢市内線金沢駅前停留場(かなざわえきまえていりゅうじょう)についても解説する。

概要[編集]

石川県の県庁所在地・金沢市の代表駅である。

JR西日本の北陸新幹線北陸本線、IRいしかわ鉄道のIRいしかわ鉄道線が乗り入れている。また七尾線の列車も津幡駅からIRいしかわ鉄道線経由で乗り入れている。IRいしかわ鉄道線も元々は北陸本線の一部であったが、北陸新幹線が2015年3月14日に延伸開業した際にJR西日本から経営分離され、IRいしかわ鉄道に移管された。

北陸本線は、大阪京都方面からの特急サンダーバード」、名古屋米原方面からの特急「しらさぎ」など全列車が停車し、ほぼ全列車が始発・終着となる(「サンダーバード」の1往復は和倉温泉駅に直通)。北陸新幹線開業前まではほとんどの列車が当駅から富山方面にも運転されていた。

1990年から金沢をイメージした琴の音色の発車メロディが使用されている。1・2番のりばは短調、3 - 7番のりばは長調になっている。駅自動放送も、詳細放送でありながら、北陸本線主要駅標準のものとは異なり、この駅独自の自動放送となっている。

2001年、JR金沢駅・北鉄金沢駅ともに第3回中部の駅百選に選定された。2011年には、米国Travel + Leisure(ウェブ版)の「世界で最も美しい駅」の一つに選定された[1]

JR西日本・IRいしかわ鉄道 金沢駅[編集]

金沢駅
金沢港口(旧西口)
金沢港口(旧西口)
かなざわ - Kanazawa
所在地 石川県金沢市木ノ新保町1-1
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
IRいしかわ鉄道
電報略号 サワ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線(新幹線)
3面7線(在来線)
乗車人員
-統計年度-
20,785人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1898年明治31年)4月1日
乗入路線 4 路線
所属路線 北陸新幹線(JR西日本)
キロ程 345.5km(高崎起点)
東京から450.5km
新高岡 (39.7km)
(-km) 小松(未着工)
所属路線 北陸本線(JR西日本)
キロ程 176.6km(米原起点)
西金沢 (3.7km)
所属路線 IRいしかわ鉄道線(IRいしかわ鉄道)
JR七尾線直通含む)
キロ程 0.0km(金沢起点)
(2.6km) 東金沢
備考 共同使用駅(JR西日本の管轄駅)
直営駅管理駅
みどりの窓口

歴史[編集]

当初[いつ?]は数百メートル米原よりの位置に設けられる予定であったが、地形的に不利という理由で、工事直前に現在の位置に変更された[要出典]

年表[編集]

駅構造[編集]

当初は、新幹線の開業後も(敦賀延伸までは)在来線駅ともJRが保有し運営することになっていたが、2012年から翌年に行われたJR社長と石川県知事の会談により、同県が土地を除く在来線駅の施設を取得することになった(運営については変更なし)[2]。 当駅は管理駅長が配置された直営駅であり、管理駅として北陸本線の加賀笠間駅 - 西金沢駅間の各駅を管轄している。みどりの券売機みどりの窓口が設置されている。

在来線[編集]

両社の共同使用駅であり、JR西日本が駅を管轄する。

島式ホーム3面7線を有する高架駅である。七尾線の列車がよく使用する4番のりばは3・5番のりばのあるホームの富山方の端を切り欠いたホームである。そのため階段から遠い位置にある。切り欠きホームとなっている3・4番のりばのホームを除いて、ホーム有効長は13両分となっている。ホーム全体が雪害対策のために屋根で覆われているが、4番のりばのみ覆われていない。これは、高架化当時に未電化だった七尾線の気動車の排ガス対策の名残である。

構内の配線は金沢駅折り返しの列車や金沢総合車両所への出入りのために分岐器が多く複雑である[要出典]。米原・京都方に折り返し線が2本ある。

在来線ホーム
のりば 路線 行先
1・2 北陸本線 福井大阪米原方面
3・5 北陸本線 福井・大阪・米原方面
IRいしかわ鉄道線 津幡高岡方面
七尾線直通 羽咋和倉温泉方面
4・6・7 IRいしかわ鉄道線 津幡・高岡方面
七尾線直通 羽咋・和倉温泉方面

列車運転指令上では、1番のりばが「上り本線」、7番のりばが「下り本線」となっており、残りの5線は2番のりばを「中1番線」として順にカウントし、6番のりばが「中5番線」となる。

発着する優等列車

当駅は福井側と富山・和倉温泉側の優等列車双方が発着し、特急列車の乗り入れも非常に多かったが、北陸新幹線の開業により、富山方面への特急列車や寝台特急は無くなった。

なお、詳細な発着番線は「JRおでかけネット金沢駅構内図」等で確認されたい。

新幹線[編集]

新幹線ホームは通過線を持たない島式ホーム2面4線であり、当面の終着駅となる。現在、駅構内のリニューアル工事が予定されている[3]

新幹線ホームの発車メロディはオリジナル曲を導入している。金沢市出身の音楽プロデューサー・中田ヤスタカが制作し、「金沢の山から海にかけての起伏ある自然条件」「伝統と創造が調和するまち」「北陸新幹線のスピード感と快適性」を表現している[4]

新幹線ホーム
のりば 路線 行先
11 - 14 ■ 北陸新幹線 富山東京方面

北陸鉄道 北鉄金沢駅[編集]

北鉄金沢駅*
駅入口
駅入口
ほくてつかなざわ - Hokutetsu-Kanazawa
(0.6km) 七ツ屋
所在地 石川県金沢市堀川新町1-11
所属事業者 北陸鉄道
所属路線 浅野川線
キロ程 0.0km(北鉄金沢起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
3,603人/日
-2006年[5]-
開業年月日 1926年大正15年)5月18日
備考 * 1949年に金沢駅前駅から改称。

歴史[編集]

  • 1926年大正15年)5月18日 - 浅野川電気鉄道 当駅 - 七ツ屋駅間開業に伴い、金沢駅前駅として開業。
  • 1945年(昭和20年)10月1日 - 浅野川電気鉄道が北陸鉄道に合併され、浅野川線に改称。
  • 1949年(昭和24年)8月1日 - 北鉄金沢駅に改称。
  • 1956年(昭和31年)7月5日 - 金沢駅前広場拡張に伴い移転。
  • 1996年(平成8年)12月19日 - 浅野川線の架線電圧を直流600Vから直流1500Vに昇圧。
  • 2001年(平成13年)3月28日 - 浅野川線 当駅 - 七ツ屋駅間地下化に伴い、地下駅となる。

駅構造[編集]

頭端式ホーム1面2線を有する地下駅である。浅野川線において、1線ではないのは当駅と三ツ屋駅のみとなっている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1・2 浅野川線 内灘方面

通常は1番線のみ使用しており、2番線には1編成が留置されている。ラッシュ時は1・2番線とも使用する。列車別改札。発車時はブザーが鳴る。

地下移設前の北鉄金沢駅正面(1999年)

北陸鉄道 金沢駅前停留場[編集]

歴史[編集]

利用状況[編集]

  • JR西日本 - 2013年度の1日平均乗車人員は20,785人である。JR西日本の駅では第49位[7]北陸3県では第1位であり、北信越5県では新潟駅、長野駅に次いで第3位である。
  • 北陸鉄道 - 2006年度の1日平均乗降人員3,603人である。北陸鉄道の駅では最も多い数値である。

近年の推移は下表の通り[8]

JR西日本
年度別一日平均乗車人員[9]
年度 一日平均
乗車人員
1998年(平成10年) 22,695
1999年(平成11年) 22,107
2000年(平成12年) 21,728
2001年(平成13年) 21,409
2002年(平成14年) 21,624
2003年(平成15年) 21,062
2004年(平成16年) 20,608
2005年(平成17年) 20,518
2006年(平成18年) 20,817
2007年(平成19年) 20,763
2008年(平成20年) 20,969
2009年(平成21年) 20,157
2010年(平成22年) 19,898
2011年(平成23年) 20,010
2012年(平成24年) 20,332
2013年(平成25年) 20,785

駅周辺[編集]

金沢駅周辺は市内中心部側の東口と、石川県庁の移転後から活気が出てきた西口に分かれている。西口は商業施設の集積が進んでいる。西口付近一帯は通称「駅西」と呼ばれている。北陸新幹線開業日の2015年(平成27年)3月14日に出入口名称の変更を行い、 「兼六園(けんろくえん)口(東口)」「金沢港(かなざわこう)口(西口)」とされた[10]

高架下[編集]

東口[編集]

金沢駅東口広場
東口駅前風景

2005年3月20日、北陸新幹線の延伸を見越した駅周辺整備事業の進捗によって、東口正面には巨大な総ガラス製ドーム「もてなしドーム」と木製の「鼓門」が完成した。その北側にバスターミナル、南側にタクシー乗り場が分離整備されている。

西口[編集]

西口駅前風景

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

※西日本旅客鉄道の新幹線・在来線特急、ならびにIRいしかわ鉄道線の「あいの風ライナー」の隣の停車駅は各列車記事を参照されたい。

西日本旅客鉄道
北陸新幹線(金沢以西は未着工、2025年度開業予定)
新高岡駅 - 金沢駅( - 小松駅:予定)
北陸本線
西金沢駅 - 金沢駅
IRいしかわ鉄道
IRいしかわ鉄道線(あいの風とやま鉄道線・JR七尾線のいずれかへ直通)
金沢駅 - 東金沢駅金沢貨物ターミナル駅
※金沢貨物ターミナル駅は日本貨物鉄道貨物駅である。
北陸鉄道
浅野川線
北鉄金沢駅 - 七ツ屋駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「金沢駅選出 世界で最も美しい駅 米の旅行雑誌の14選」 北國新聞、2011年12月27日。
  2. ^ JR西日本社長と知事との会談結果について (PDF) - 石川県(2013年2月12日更新、同年6月23日閲覧)
  3. ^ 金沢駅リニューアル計画について西日本旅客鉄道株式会社プレスリリース 2014年1月24日
  4. ^ “北陸新幹線 発車メロディの決定について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年12月9日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/12/page_6523.html 2014年1月7日閲覧。 
  5. ^ 北陸鉄道グループ調べ。
  6. ^ 1919年1月31日付大阪朝日新聞 北陸版(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)
  7. ^ 鉄道事業ダイジェスト:JR西日本 - 西日本旅客鉄道
  8. ^ 出典:石川県統計書、金沢市統計書
  9. ^ 8.運輸・通信 - 金沢市統計書
  10. ^ 金沢駅 出入口名称の変更について、(プレスリリース)西日本旅客鉄道 2014年12月 9日。2014年12月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]