神奈中観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神奈中観光株式会社
Kanachu Kanko Co., Ltd.
Kanachukanko.jpg
本社・東京営業所
(事務所は画像左奥)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
194-0004
東京都町田市鶴間七丁目6-22
設立 1949年昭和24年)2月21日
法人番号 2021001038190
事業内容 貸切バス事業、旅行業、不動産賃貸業ほか
代表者 代表取締役社長 飯田 淳彦
資本金 1,000万円
売上高 13億2,100万円(2011年度実績)
従業員数 158名
主要株主 神奈川中央交通
外部リンク http://www.kanachu-kanko.co.jp/
特記事項:設立日は当時の神奈川県観光のもの。
テンプレートを表示

神奈中観光株式会社(かなちゅうかんこう)とは、東京都神奈川県貸切バス事業を行なっている、神奈川中央交通(神奈中)の子会社である。

本社および営業所[編集]

概要[編集]

元々の母体は、神奈川県が(いわゆる第三セクターとして)設立した神奈川県観光株式会社であり、横浜市港北区を本拠に観光バス事業を行なっていた。しかし累積赤字の拡大により県が民間への譲渡を決定し、神奈川中央交通が応じる形で観光バス事業を行なっていた子会社の神奈中ハイヤーを通じてグループ傘下に納め、神奈中ハイヤー観光バス株式会社として再スタートを切ることになり、グループ内の再編と合わせて神奈中ハイヤーの観光バス部門も統合され、現在の会社として合併発足した。

沿革[編集]

神奈川中央交通
  • 1995年 - 従来、神奈川中央交通が直接行っていた貸切バス事業の一部と観光バスを、子会社の神奈中ハイヤーへ移管。営業所は平塚戸塚町田の3営業所体制となる。
  • 2002年2月 - 箱根登山観光バスから東京営業所(町田市鶴間)および車両を譲受。これに伴い、町田営業所を野津田操車所から大ヶ谷戸操車所(旧箱根登山観光バス東京営業所敷地)へ移転。
  • 2002年12月 - 旧神奈川県観光との統合に伴い、ハイヤー直営の観光バス事業(町田・戸塚・平塚営業所)を神奈中ハイヤー観光バスへ移管。
神奈川県観光
  • 1949年 - 神奈川県観光株式会社を設立。神奈川県出資の第三セクター方式で運営された。
  • 2000年頃 - 神奈川県の方針により、神奈川県観光を神奈中ハイヤーへ譲渡。神奈中ハイヤーの子会社となる。本社及び営業所は新横浜に置く。
  • 2002年7月 - 神奈中ハイヤー観光バス株式会社に商号変更。
  • 2002年12月 - 神奈中ハイヤー直営の観光バス事業(町田・戸塚・平塚営業所)を譲受。
  • 2004年 - 神奈川県観光時代から使用していた新横浜営業所を閉鎖。
  • 2004年 - 神奈中観光株式会社に商号変更、神奈川中央交通の完全子会社となる。本社を平塚市八重咲町の神奈中本社に移転。
  • 2006年 - 戸塚営業所を閉鎖し、町田営業所と統合。営業所敷地は神奈中ハイヤー戸塚営業所・神奈中戸塚営業所上矢部操車所となる。
  • 2008年 - 町田営業所を東京営業所に、平塚営業所を神奈川営業所に名称変更。
  • 2010年 - 東京営業所の車両整備工場における自動車整備事業の指定を自社で取得。

車両[編集]

神奈中観光の貸切車

三菱ふそう・エアロバスシリーズが主力で、カラーリングは小田急グループの貸切標準色を採用する。

社番[編集]

神奈川中央交通の附番法則に揃えるため、観光バスを意味する600番台を使用しているが、全車両とも神奈中本体の各神奈交委託車と同様に、社番の頭に0がついている。

  • 例: M0601、H0601。営業所記号と社番の間にハイフンが入る場合もある。

以前、神奈川中央交通から引き継いだ営業所の車両の営業所記号は、神奈中本体に所属の車両と全く同じで、町田営業所の車両であれば「ま601」、戸塚営業所であれば「と601」のようになっていたが、神奈中ハイヤー観光への統合後に神奈中所属車と区別するため現在の附番方法へと変更された。

主な事業[編集]

  • 貸切バス(観光バス)
  • 旅行業
  • 不動産業

外部リンク[編集]