神奈中ハイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神奈中ハイヤー株式会社
KANACHU HIRE Inc
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
神奈川県厚木市飯山2824番8号
設立 1972年12月1日
業種 陸運業
法人番号 3021001019594 ウィキデータを編集
事業内容 タクシー業
代表者 代表取締役社長 秋元 隆宏
資本金 1億円
売上高 45億95百万円
純利益 4961万6000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 60億7126万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 812名
主要株主 株式会社神奈中タクシーホールディングス
外部リンク http://www.kanachu-hire.co.jp/
テンプレートを表示
神奈中ハイヤーのタクシー(カムリ)
神奈中ハイヤー横浜のタクシー(クラウンセダン)

神奈中ハイヤーかなちゅうハイヤー)は、かつて神奈川県の県央地区を中心に、横浜市東京都町田市タクシー車両運行管理業を行っていた小田急グループ神奈中グループの企業である。2019年の時点で436両の車両を所有していた。2003年4月より、内外装にハローキティをあしらった「キティタクシー」を運行していたが2008年1月末をもって終了した。クレジットカード使用可、2005年8月4日からは国内初のおサイフケータイでの決済サービスを開始した。

小田急ポイントサービスの加盟店。

2019年7月、親会社である神奈中タクシーホールディングス(同日付で神奈中タクシーへ商号変更)に吸収合併され消滅した。

会社概要[編集]

営業所[編集]

横浜営業所
戸塚営業所
藤沢営業所
茅ヶ崎営業所
平塚営業所
二宮営業所
伊勢原営業所
厚木営業所
相模原営業所
町田営業所

沿革[編集]

  • 1943年昭和18年)頃より、戦時下の交通統制に伴い、神奈川中央交通の前身各社は沿線のハイヤー・タクシー会社を悉く統合していた。また、被合併バス事業者がハイヤー・タクシー事業を兼営しているケースもあった。
  • 1944年(昭和19年)9月 - 交通統制に伴い、神奈川県下のハイヤー・タクシー事業は地区毎の四社に集約される事が決定。
    • 京浜地区   東横タクシー(現在の神奈川都市交通
    • 三浦半島地区 横須賀タクシー(未統合に終わる)
    • 県央地区   神奈川中央乗合自動車
    • 西湘地区   箱根登山鉄道(小田原報徳自動車の説あり。未統合)
  • 1945年(昭和20年)11月 - 神奈川中央乗合自動車のハイヤー・タクシー事業を相模中央交通へ譲渡。
  • 1950年(昭和25年)5月 - 相模中央交通は神奈川中央交通に合併。
  • 1973年(昭和48年)4月 - 神奈中ハイヤーを設立して、ハイヤー・タクシー事業を再分社。
  • 2009年平成21年)9月 - 神奈中タクシーホールディングスの傘下会社になる。
  • 2017年平成29年)2月 - 各営業エリアに1台、1997年頃まで使用していた車体デザインを再現したリバイバルタクシーを導入[2]
  • 2019年平成31年)3月 - 秦野営業所を伊勢原市上粕屋に移転し、伊勢原営業所とする[3]
  • 2019年平成31年)4月 - 子会社である二宮神奈中ハイヤー神奈中ハイヤー横浜を合併。二宮神奈中ハイヤーは二宮営業所に、神奈中ハイヤー横浜は横浜営業所となる[4]
  • 2019年令和元年)7月 - 顧客サービスの向上や乗務員の確保などを目的に、相模中央交通伊勢原交通と共に親会社の神奈中タクシーホールディングスに吸収合併され消滅した[5]

現在の相模中央交通は同じ神奈中グループに属すが、元々は全くの別会社である。県央地区で同じ小田急グループの小田急交通・相模中央交通と営業範囲が重なっていて、いわば競合関係にあったが、2009年9月に相模中央交通と経営を統合することとなり、中間持株会社である神奈中タクシーホールディングスが設立された。


関連会社[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 神奈中ハイヤー株式会社 第47期決算公告
  2. ^ 往年の車体デザイン再現 相模中央交通と神奈中ハイヤーカナロコ、2019年6月閲覧。
  3. ^ 事業所移転について神奈中タクシーホールディングス、2019年5月閲覧。
  4. ^ 事業会社の再編について 神奈中タクシーホールディングス、2019年5月閲覧。
  5. ^ グループ再編(子会社の吸収合併)に関するお知らせ神奈中タクシーホールディングス、2019年7月閲覧。

外部リンク[編集]

[1]