小田急ピポーの電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小田急ピポーの電車」(おだきゅうピポーのでんしゃ)は、1961年10月に発表された、テレビコマーシャル向けに製作された楽曲である。

概要[編集]

小田急ピポーの電車、小田急ロマンスカー3000形SE

1961年、小田急電鉄箱根観光の旅客誘致並びに小田急ロマンスカーの宣伝を目的として、作曲家の三木鶏郎コマーシャルソングの製作を依頼した。これを受けて三木は作詞、作曲を自身で手がけ、「小田急ピポーの電車」を完成させた。

歌唱は実力派として知られるコーラスグループのボニー・ジャックスとデュオ歌手のザ・ピーナッツであった。

当時のテレビコマーシャルは2分以上のものも数多く、小田急のそれは3分コマーシャルであったので、ほぼフルコーラスで流されていた。

なお「ピポー」とは当時運行していたロマンスカー3000形の警笛(ミュージックホーン)の音のことである。

モヤモヤさまぁ〜ず2」(テレビ東京系)で小田急線や箱根登山鉄道沿線を訪れた場合、殆ど必ずこの曲がバックグラウンドミュージックに使用される。

作成者[編集]

  • 作詞・作曲:三木鶏郎

関連項目[編集]

参考文献・出典[編集]