宮永岳彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮永 岳彦(みやなが たけひこ、1919年2月20日 - 1987年4月19日)は、日本人画家である。

概要[編集]

静岡県磐田郡(現・磐田市)生まれ。名古屋市立工芸学校(現名古屋市立工芸高等学校)卒業後、松坂屋名古屋本店に入社。その後、第二次世界大戦兵役の後、実家の神奈川県秦野市に戻り、松坂屋銀座店宣伝部に勤務をしながら秦野市、後に東京都新宿区にて創作活動を行う。

油絵をはじめ、小田急電鉄全日本空輸ポスター童画週刊漫画TIMESなどの表紙画、挿絵水墨画などの作品を残した。特に1955年の発売以来、現在に至るまでパッケージに使用されている「ぺんてるくれよん」のイラストがつとに有名である[1]。その多才さから「器用貧乏」と揶揄されるも、「器用貧乏が勝つか、不器用が勝つか、勝負だ」と意に介さなかった。

1974年には、ブラジルの日伯文化協会の依頼で当時の皇太子今上天皇明仁親王)および皇太子妃(現皇后)の肖像画『皇太子・同妃両殿下御肖像画』を描く。この作品は、明治期以降で、宮内庁の正式な許可を得て皇室を描いた唯一の作品といわれている。

宮永が考案したカラーリング(小田急ロマンスカー3000形SE)

また、秦野市に在住していた関係から、市内を走る小田急電鉄より新型特急車輛(小田急ロマンスカー3000形SEのカラーリングの依頼を受け、オレンジバーミリオンにシルバーグレーのツートンを基調とし、白帯を配した塗装を考案。この塗装は、小田急ロマンスカーのシンボルカラーとなり、後に登場する3100形NSE7000形LSEの塗装へと引き継がれた[2]ほか、オレンジバーミリオンに関しては、50000形VSE60000形MSEにも引き継がれている。

晩年はルネッサンス美術に回顧したり、民族衣装を題材にした。民族衣装を描く際は、民族衣装はその衣装を伝えている民族が着ないと美しくないとして、各国の大使館に出向いて気に入ったモデルを探して描いていた。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ぺんてるライブラリー2004年2月号「時代を超えて愛される『ぺんてるくれよん』」 / COLUMN「実はすごい人の絵だったのです」2012年12月18日閲覧)
  2. ^ 但し、7000形LSEに関しては、1990年代に後に登場する10000形HiSEに準じた塗装に変更されるが、2007年の3000形SE就役50周年に際し、7000形LSEの1編成が期間限定ながら登場時の塗装に戻されて、運行されている。
  3. ^ 『朝日新聞』1979年3月6日(東京本社発行)朝刊、22頁。