宮谷一彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮谷 一彦(みやや かずひこ、本名:村瀬 一、1945年11月11日 - )は、大阪府出身の漫画家。ペンネームは高校(名古屋市立工芸高校)の先輩である洋画家宮永岳彦に由来する[1]

先進的な漫画技法と文学的な作風によって1960年代後半から1970年代前半にかけてカリスマ的な人気を博した。

経歴[編集]

1945年11月11日大阪府に生まれ、四日市市で少年時代を過ごす。

石ノ森章太郎の漫画に影響を受けて漫画家を目指し、名古屋市立工芸高校産業美術科に入学(のちに愛知県立旭丘高等学校美術科に転入)。卒業後に上京し石ノ森章太郎、永島慎二アシスタントを務める。漫画家として芽が出ず一旦帰郷し、就職してイラストを描く仕事につく[2]

1967年、「ねむりにつくとき」(『COM』月例新人賞受賞作)でデビュー。永島慎二に次ぐ「青春劇画のホープ」と期待される。

デビュー後、当時流行していた学生運動に影響を受け作品が政治的色彩を帯びるようになる。1969年、『ヤングコミック』で革命集団によるクーデターを描いた「太陽への狙撃」、1970年執筆の「性蝕記」がヒットし時代の寵児となる。学生運動の「日和」と公害を描いたこの作品は劇画マニアから絶大な支持を得た。

1971年、右翼の実力者であった西山広喜の娘と駆け落ちをして話題となる。彼女との恋愛は、私漫画作品『ライク ア ローリング ストーン』の中でも描かれている。また、当時出版された単行本には宮谷と妊娠5ヶ月の妻のヌード写真が掲載されている(しかし2人はその後離婚)。

1973年に、東京から軽井沢に転居[3]。1974年から住居を名古屋市に移している[4]

1973年には梶原一騎と組み、グレート東郷をモデルとしたプロレス漫画「プロレス地獄変」を執筆。しかし作家性の違いから宮谷が作画を降板。お蔵入りとなる。

その後も政治や若者の風俗を描いた作品を多数発表するかたわらシュールな作品も発表する。1976年に『ヤングコミック』に連載された「肉弾時代」は、三島由紀夫と思われる人物を題材に過剰なまでのナルシシズムを描き高い評価を得た。

学生運動の熱気が冷めて以降、70年代末から徐々に発表する作品数が減っていく。1980年、『ビッグコミックスピリッツ』創刊号より「虎の娘」を連載するも12話で終了となる。以降の作品は数えるほどしかない。執筆活動を行っていない時期は文化財の保護や野鳥を保護する仕事をしていたという。現在はインターネットを使っての発表が主である。

2017年、『ライク ア ローリングストーン』が初単行本化すると共に、Amazon Kindleによる復刻が始まっている。

人物[編集]

  • 画風は当時として異質なほど緻密であり、スクリーントーンの表面を削って絵の立体感や材質感等を表現する技法は宮谷が確立したといわれている。大友克洋をはじめとするニューウエーブ漫画家に多大な影響を与えた。また、早見純湯浅学もファンを公言している。
  • 短期間に作風が大きく変わった漫画家としても知られている。
  • はっぴいえんどのアルバム「風街ろまん」のジャケット画も手がけている。

漫画作品リスト[編集]

1967年

  • ねむりにつくとき(COM、1967/5)
  • 陽は沈むことなく(COM、1967/8)
  • とむらいの歌(刑事49号、1967/8/25)
  • 獣この死に様を見ろ(ヤング・コミック、1967/12)
  • 魂の歌(ボーイズライフ、1967/12)
  • キャプテン・スカーレット(文:北川幸比古)(小学5年生、1967/12~1968/3)

1968年

  • 悪徳の街(漫画パンチ、1968/2/1)
  • ・・・そして今も(美しい十代、1968/4)
  • レーサーの喪章は赤いバラの花(ヤング・コミック、1968/4/23)
  • 街には雨が・・・(COM、1968/5)
  • あいつとオイルと枯れ草と(ヤング・コミック、1968/6/11)
  • 血に染めろ(コミック・サンデー、1968/6/13)
  • セブンティーン(COM、1968/7)
  • とむらいの歌・手負い狼(コミック・サンデー、1968/7/11)
  • 風にふかれて(コミック・サンデー、1968/7/25)
  • 墓標には拳銃を(コミック・サンデー、1968/8/8)
  • 黒くぬれ!(コミックVAN 、1968/8/22)
  • 地下大戦(コミック・サンデー、1968/8/22~12/12)
  • おとうと(COM、1968/10)
  • 不死鳥ジョー(ボーイズライフ、1968/10)
  • 若き獅子は吼えず(コミックVAN、1968/10/17)
  • 夏の終り(劇画マガジン)
  • 流れるままに(ごん、1968/11)
  • めざめ(女学生の友)
  • つみとばつ(劇画ヤング、1968/12/25)

1969年

  • 風は知らない(ヤング・レディ、1969/1/1~2/10)
  • 俺たちの季節(漫画アクション、1969/1/30)
  • 死はわが友(原作:大藪春彦)(劇画ヤング、1969/2/5~4/30)
  • ライクアローリングストーン(COM、1969/4~9)
  • 75セントのブルース(少年サンデー、1969/4/6)
  • 蒼き馬の騎手(ヤング・コミック、1969/4/8)
  • 闇に流れる詩(少年サンデー、1969/4/13)
  • 命かれても・・・(ヤング・コミック、1969/5/13)
  • 太陽への狙撃(ヤング・コミック、1969/7/22~9/9)
  • あらしの中をつっ走れ(デラックス少年サンデー、1969/8)
  • 太陽と潮騒の中で(増刊少年サンデー、1969/8)
  • GP魂(少年サンデー、1969/10/26~11/9日号)
  • 夜明けよ急げ!(漫画アクション、1969/11/27~12/4)

1970年

  • おれは機関士!(原作:相良俊輔)(増刊少年サンデー、1970/1)
  • 炎のレーサー(少年サンデー、1970/1/11)
  • ラスト・ステージ(プレイ・コミック、1970/1/24)
  • 死者は誰が裁く(ヤング・コミック、1970/1/27)
  • 滅亡のバラード(漫画ゴラク、1970/3/10)
  • 野獣に罠!(プレイ・コミック、1970/3/14~3/28)
  • 海を見ていたジョニー(原作:五木寛之)(女性自身、1970/3/21~5/9・16)
  • 性葬者(ヤング・コミック、1970/3/24)
  • 密林に叫ぶ歌(デラックス少年サンデー、1970/4)
  • 荒野遥かに(プレイ・コミック、1970/4/25)
  • よど号(女性自身、1970/4/25)
  • 性蝕記(ヤング・コミック、1970/4/28)
  • ゆるやかなる斜面(サンデー毎日増刊「劇画とマンガ」、1970/5/9)
  • 日蝕(ヤング・コミック、1970/5/27)
  • 夜霧の標的者(ヤング・コミック、1970/6/24)
  • 墓碑はいらない(プレイ・コミック、1970/6/27~8/22)
  • 霧中飛行者の嘆息(COM、1970/7)
  • 輪舞(ヤング・コミック、1970/7/22)
  • ソーロングマミー(明星、1970/8)
  • ならば僕は1ページ1時間でかいてやろう(COM、1970/8)
  • 白夜(COM、1970/9~12)
  • 異邦人たち(サンデー毎日増刊「劇画とマンガ」、1970/8/7)
  • 黄金死篇(ヤング・コミック、1970/9/23)
  • 日本境界線(プレイ・コミック、1970/10/24~12/26)
  • 地獄へ全速(マン・トップ、1970/11)
  • 魔訶曼陀羅華曼珠沙華(ヤング・コミック、1970/11/11)
  • 古都に冬(ビッグ・コミック、1970/11/25)
  • あに、おとうと(ヤング・コミック、1970/11/25)

1971年

  • 陽だまりの詩(希望の友、1971/2)
  • ROAD ATLANTA(AUTO・SPORT新春臨時増刊、1971/2)
  • からす かきのみ わたぼおし(プレイ・コミック、1971/2/27)
  • 絶景!富士山麓に鸚鵡鳴く(マン・トップ、1971/3)
  • 逃亡者(プレイ・コミック、1971/3/13)
  • 蠅たちの宴(プレイ・コミック、1971/3/27)
  • ほ、ほ、ほたる(マン・トップ、1971/4)
  • 抱きしめたい(プレイ・コミック、1971/4/10~4/24)
  • アリバイ売り少年旅行記(プレイ・コミック、1971/5/8)
  • 知内床旅情(ヤング・コミック、1971/5/12)
  • 柩は深紅の5リッター(プレイ・コミック、1971/5/22)
  • 風雲急身延山 驚天童子(ヤング・コミック、1971/6/9)
  • JUMPIN' JACK FLASH(プレイ・コミック、1971/6/12)
  • 俺とお前 重い海の陽(プレイ・コミック、1971/6/26)
  • ライクアローリングストーン’71(まんがコミュニケーション、1971/7)
  • 人力死行機(プレイ・コミック、1971/7/10)
  • 穴好人の子息 初夏の陽ざしぽかぽか(ヤング・コミック、1971/7/14)
  • 青いとかげの街(プレイ・コミック、1971/8/14~11/13)
  • 夕凪船長(COM、1971/9)
  • 緑色なる花弁(タッチ、1971/9)
  • 東京壊滅(女性自身、1971/9/11~11/20)
  • 大帝崩御(タッチ、1971/10)
  • 風景(タッチ、1971/11)
  • ぬくもり(プレイ・コミック、1971/11/27)
  • 蛍雪時代(タッチ、1971/12)
  • 雪原より遠くはなれて(プレイ・コミック、1971/12/11)
  • 破滅の滑走路(プレイ・コミック、1971/12/25~1972/1/8)

1972年

  • はっぴいえんど(プレイ・コミック、1972/1/22)
  • 黄昏ドンキホーテ(プレイ・コミック、1972/2/12)
  • 壁のかなたに白い室ありて(音楽専科、1972/3)
  • 水鳥の浮かぶ哀し(プレイ・コミック、1972/3/11)
  • トーキョよいとこ一度は・・・(プレイ・コミック、1972/3/25)
  • 19回目の神経衰弱(音楽専科、1972/4)
  • 地を這う双子座(プレイ・コミック、1972/4/8)
  • 嘆きの仮面ライター(プレイ・コミック、1972/4/22)
  • ロック互重死(プレイ・コミック、1972/5/13)
  • 気怠い旅立ち(プレイ・コミック、1972/5/27)
  • GIMME SHELTERー迷彩の鳩ー(プレイ・コミック、1972/6/10)
  • サンディドライバー(プレイ・コミック、1972/6/24 )
  • 野獣の死に様(プレイ・コミック、1972/7/8~7/22)
  • 不死鳥の墓(希望の友、1972/8)
  • イカルスの罠(プレイ・コミック、1972/8/12~8/26)
  • Can't Buy Me Love(プレイ・コミック、1972/9/9)
  • 残された者達(プレイ・コミック、1972/12/9)

1973年

  • THE BIG MAN(増刊プレイ・コミック、1973/1/20)
  • ワンペアプラスワン・・・(プレイ・コミック、1973/1/27)
  • 300キロも遠くへ(プレイ・コミック、1973/2/24)
  • 現代ビジネスマン史記1~3(原作:幾瀬勝彦)(別冊宝石、1973/3,5,7)
  • 絵録露難戦す(増刊漫画サンデー、1973/4/3)
  • プロレス地獄変(原作:梶原一騎)(劇画ゲンダイ、1973/6/3~8/25)
  • 天動説(漫画サンデー、1973/7/7~1974/1/26)

1974年

  • 標的よさらば(コミックVAN、1974/5/23)
  • 神話時代(プレイ・コミック、1974/12/28)

1975年

  • ダビデの眠る日(プレイ・コミック、1975/1/11~1/25)
  • ザ・キャメル(少年チャンピオン、1975/3/31~5/19)
  • 影のコマンダー(週刊漫画TIMES、1975/6/14~7/5)
  • 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(週刊漫画サンデー、1975/9/20~10/18)

1976年

  • 肉弾人生(第1部)(増刊ヤング・コミック、1976/4/13,5/11,7/16)
  • 肉弾時代(ヤング・コミック、1976/4/14,4/28,11/10,1978/1/20,2/20)
  • 肉弾激飢餓(コミックギャング、1976/8,10,77/6)
  • 冒険王(肉弾人生 番外)(増刊ヤング・コミック、1976/8/21)
  • 密漁の白い肌(週刊漫画サンデー、1976/8/24~9/21)
  • 嫁賣ジャイアンツ(肉弾人生2)(増刊ヤング・コミック、1976/9/30~1977/12/20)
  • 青春相続人(漫画ジョー、1976/12/30~1977/1/27)

1977年

  • 生戀(ガロ、1977/8,9,11,12,1978/1,2・3,6)

1978年

  • 人魚伝説(週刊漫画サンデー、1978/11/7~12/26)

1980年~

  • 孔雀風琴(ビッグゴールド、1980/秋)
  • 虎の娘(ビッグコミックスピリッツ、1980/11~1981/8/15)
  • スーパーバイキング(ヤング・ジャンプ、1982/12/2 ~1983/1/6・13)
  • 方舟物語・第1部(別冊近代麻雀オリジナル、1983/9,11,1984/3,5,7,9,11)
  • 方舟物語・第2部(別冊近代麻雀オリジナル、1985/3,5,7,12,1986/3)
  • バブルキッド28(別冊近代麻雀オリジナル増刊、1991/3/27)
  • 白鷺心中(コミックビンゴ、1999/5)

作品集[編集]

  • 性蝕記(虫プロ商事1971年)
  • 性蝕記/マッチ売りの少女(虫プロ商事1971年)
  • 俺たちの季節(三崎書房1971年)
  • ジャンピンジャックフラッシュ(三崎書房1972年)
  • 性紀末伏魔考(青林堂1973年)
  • とうきょう屠民エレジー(ブロンズ社1973年)
  • ダビデの眠る日(青林堂1975年)
  • 青春相続人(青林堂1977年)
  • 人魚伝説・上下(ブロンズ社1980年)
  • 人魚伝説・上下(竹書房1983年)
  • 孔雀風琴(けいせい出版1983年)
  • 肉弾時代(廣済堂1985年)
  • 肉弾時代(太田出版1998年)
  • スーパーバイキング―宮谷一彦自選集(チクマ秀版社 2007年)
  • ライク ア ローリング ストーン(フリースタイル 2017年)

書籍[編集]

  • フォー・ビギナーズ・シリーズ「右翼」(文:猪野健治 現代書館 1987年)

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「フリースタイル36」宮谷一彦インタビュー P.58
  2. ^ 「フリースタイル36」宮谷一彦インタビュー P.58
  3. ^ 「フリースタイル36」宮谷一彦インタビュー
  4. ^ 「フリースタイル36」宮谷一彦インタビュー

外部リンク[編集]