芹沢光治良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芹沢 光治良
(せりざわ こうじろう)
Kojiro Serizawa 01.jpg
1956年頃撮影
誕生 1896年5月4日
日本の旗 日本静岡県駿東郡楊原村我入道
(現・沼津市我入道
死没 (1993-03-23) 1993年3月23日(満96歳没)
墓地 日本の旗 日本・静岡県沼津市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士経済学
最終学歴 東京帝国大学経済学部
活動期間 1930年 - 1993年
ジャンル 小説
代表作 『巴里に死す』(1943年)
『一つの世界』(1955年)
『人間の運命』(1962-68年)
主な受賞歴 友好大賞(フランス)(1957年)
フランス友好国大賞(1959年)
芸術選奨(1965年)
日本芸術院賞(1969年)
芸術文化勲章(コマンドゥール)(1974年)
デビュー作 『ブルジョア』(1930年)
パートナー 金江
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年明治29年)5月4日 - 1993年平成5年)3月23日)は日本の小説家静岡県沼津市名誉市民。 晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」[1]との信念に拠り、"神シリーズ"と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。

経歴[編集]

静岡県駿東郡楊原村大字我入道(現在の沼津市我入道)に父・常蔵(後に常晴と改名)、母・はるの子として生まれる。生家は網元1900年 父が天理教に入信し無所有の伝道生活に入ったため、叔父夫婦と祖父母に育てられる。世話になった叔父の家も後に天理教会となる。1915年沼津中学校(現・静岡県立沼津東高等学校)卒業後、沼津町立男子小学校の代用教員となる。1919年第一高等学校仏法科卒業。1922年東京帝国大学経済学部卒業。農商務省に入省。1925年農商務省を辞任しソルボンヌ大学に入学、金融社会学のシミアン教授 (François Simiand) に学ぶ。フランス滞在中に結核に冒され療養につとめる(スイスレザンには、芹沢が療養したとされるサナトリウムがその当時の建物のままで現存しており、名門校レザンアメリカンスクールの校舎として使用されている)。1929年帰国、1930年 療養中の体験に基づいた作品『ブルジョア』が、「改造」の2回目の懸賞小説に一等当選し文壇に登場した。中央大学講師。1943年『巴里に死す』を刊行。1952年『巴里に死す』が森有正によってフランス語訳され、1年で10万部のベストセラーとなる。1963年 自伝的長編『人間の運命』を刊行。1964年『人間の運命』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。1965年 川端康成のあとを受け、第5代日本ペンクラブ会長となる。1969年日本芸術院賞を受賞[2]、1970年日本芸術院会員となる。1974年金芝河減刑嘆願事件に端を発したペンクラブ批判で会長を辞任。1986年「神シリーズ」全8巻を死去の年まで書き続ける。1993年老衰のため死去、遺骨は静岡県沼津市内の墓所に埋葬。

代表作に『巴里に死す』、『一つの世界』、『人間の運命』、『神の微笑』などがある。「神シリーズ」では大江健三郎との手紙のやり取りで、大江側が「先生」と呼ぶ等、二人の親睦が深いものと思われる描写がある。なお、百武源吾海軍大将と義兄弟の約束を結んでいる[3]

家族親族[編集]

  • 妻 金江(岐阜県、弁護士・実業家・政治家藍川清成の二女)
  • 長女 万里子
  • 二女 朝子
  • 三女 芹沢文子(1934-2015)声楽家、東京音楽大学教授[4]
  • 四女 岡玲子 ピアニスト

主な作品[編集]

  • 『ブルジョア』改造社 1930
  • 『愛と死の書』小山書店 1939 のち角川文庫 新潮文庫
  • 『巴里に死す』中央公論社 1943 のち角川文庫 新潮文庫
  • 『孤絶』創元社 1943 のち角川文庫
  • 『命ある日』新潮社 1940 のち角川文庫
  • 『夜毎の夢に』 1947 ※映画『異国の丘』原作
  • 『離愁』全国書房 1948
  • 『故国』全国書房 1949
  • 『春の谷間』小説朝日社 1952 のち角川文庫(NHK銀河テレビ小説
  • 『一つの世界』角川小説新書 1955
  • 『巴里夫人』光文社カッパ・ブックス 1955 のち角川文庫
  • 『結婚』河出新書 1955 のち角川文庫 新潮文庫
  • 芹沢光治良自選作品集』全6巻 宝文館 1957
  • 『女にうまれて』文藝春秋新社 1958 のち角川文庫
  • 『教祖様』[5]角川書店 1959
  • 『坂の上の家』中央公論社 1959 のち角川文庫 中公文庫
  • 『運命の河』角川書店 1959
  • 『愛と知と悲しみと』新潮社 1961 のち新潮文庫
  • 『人間の運命』 新潮社 1962-68 のち新潮文庫全7巻
  • 『われに背くとも』新潮社 1970
  • 『告別』中央公論社 1973 のち中公文庫
  • 芹沢光治良作品集』全16巻 新潮社 1974-75
  • 『死の扉の前で』[6] 新潮社 1978
  • 『神の微笑』新潮社 1986、新潮文庫 2004
  • 『神の慈愛』新潮社 1987
  • 『神の計画』新潮社 1988
  • 『人間の幸福』新潮社 1989
  • 『人間の意志』新潮社 1990
  • 『人間の生命』新潮社 1991
  • 『大自然の夢』新潮社 1992
  • 『天の調べ』新潮社 1993
  • 芹沢光治良文学館』全12巻 新潮社 1995-97
    • 1巻. 命ある日
    • 2巻. 夜毎の夢
    • 3巻. 愛と知と悲しみと
    • 4巻. ここに望みあり
    • 5巻. 教祖様
    • 6巻. 一つの世界
    • 7巻. 幸福の鏡
    • 8巻. 春箋・秋箋
    • 9巻. 短編集 明日を逐うて
    • 10巻. 短編集 死者との対話
    • 11巻. エッセイ 文学と人生
    • 12巻. エッセイ 心の広場

脚注[編集]

  1. ^ 『芹沢光治良先生追悼文集』1995
  2. ^ 『朝日新聞』1969年4月9日(東京本社発行)朝刊、14頁。
  3. ^ 『異色の提督 百武源吾』P1~3の芹沢の序文。
  4. ^ 元東京音楽大学教授の芹沢文子さん死去
  5. ^ 中山みき
  6. ^ 中山正善(2代目真柱)

参考文献[編集]

  • 新潮日本文学アルバム62『芹沢光治良』1995
  • 芹沢光治良文学愛好会発行『芹沢光治良先生追悼文集』1995

関連項目[編集]

外部リンク[編集]