吉田鎮雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田 鎮雄
(よしだ しずお)
生誕 1930年8月30日[1]
愛知県名古屋市中区[2]
死没 (1996-03-16) 1996年3月16日(65歳没)[1]
国籍 日本の旗 日本
出身校 武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学[1]
著名な実績 彫塑
代表作 「遊憩」(1994年日本芸術院賞
受賞 #来歴参照
選出 日展理事(1994年)
活動期間 昭和後期 - 平成時代[1]

吉田 鎮雄(よしだ しずお、1930年昭和5年)8月30日 - 1996年平成8年)3月16日[1])は、愛知県出身の日本彫刻家[1]

来歴[編集]

1930年昭和5年)8月30日愛知県名古屋市中区に生まれる[1]。名古屋市昭和区南山中学校・高等学校を経て[3]武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)を卒業した[1]

大学在学中に日展初入選しており、この時より20年以上も女性像を造り続けた[2]。以後、1965年(昭和40年)に「懐」が日展特選受賞[1]、続く1968年(昭和43年)にも「稔」が特選を受賞している[1]。また、この年には名古屋女子大学の教授となった[1]

1979年(昭和54年)、第11回日展にて日展会員賞受賞[4]

1981年(昭和56年)には愛知県芸術文化選奨文化賞を受賞している[5][注釈 1]

1994年(平成6年)5月30日[6]、「遊憩」が第50回日本芸術院賞を受賞[7]、同年日展理事就任[1]

1998年(平成8年)3月16日、65歳で死去した[1]

制作物[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 20世紀日本人名事典には1984年(昭和59年)受賞[2]とあるが、一次資料である愛知県庁PDF出典記載の受賞年度[5]を優先した。
脚注
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “吉田鎮雄 よしだ しずお”. コトバンク. 2018年5月5日閲覧。
  2. ^ a b c 20世紀日本人名事典 (2004年). "吉田 鎮雄 ヨシダ シズオ". コトバンク. Retrieved 2018年5月5日.
  3. ^ a b "南山常盤会 会報 No.74" (PDF). 南山中学校・高等学校. 2002年. p. 5. Retrieved 2018年5月5日.
  4. ^ "日展会員賞受賞者一覧". 日展. Retrieved 2018年5月5日.
  5. ^ a b "芸術文化選奨" (PDF). 愛知県. 1981年. Retrieved 2018年5月5日.
  6. ^ 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「第50回日本芸術院賞受賞者発表」(2015年11月20日)、2018年5月5日閲覧。
  7. ^ "歴代授賞者一覧". 日本芸術院. Retrieved 2018年5月5日.
  8. ^ "2014 No.542" (PDF). 名古屋熱田ライオンズクラブ. 2014年. p. 11. Retrieved 2018年5月5日.
  9. ^ "名古屋市内都市公園面積等の推移" (PDF). 名古屋市. 2012年4月1日. p. 103. Retrieved 2018年5月5日.
  10. ^ 名古屋芸術大学 (2013年). "しむしむ 北名古屋市彫刻ガイドブック" (PDF). 北名古屋市. p. 11. Retrieved 2018年5月5日.