猪原大華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
猪原 大華
(いのはら たいか)
生誕 1897年2月17日[1]
広島県深安郡(現福山市[1]
死没 (1980-02-05) 1980年2月5日(82歳没)[1]
京都府京都市中京区[1]
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 日本画
受賞 総理大臣賞
1972年 「浄池」
[1][2]
日本芸術院賞恩賜賞
1974年 「清明」
[1][2]
勲三等瑞宝章
1974年
[1]
活動期間 1921年 - 1978年[1]
この人物に影響を
与えた芸術家
金島桂華[3]
土田麦僊[1][4]
西村五雲[1]

猪原 大華(いのはら たいか、1897年明治30年)2月17日[1] - 1980年昭和55年)2月5日[1])は日本画家[1]広島県深安郡(現福山市)出身[1]。本名は寿(ひさし)[2][1][4][3]。花鳥草木を得意とした[2]

自然観照に基づいた穏健な画風と枯淡な色彩で知られており[4]、写実を越えた現代花鳥画の方向性を導く物として期待され[5]、装飾的画題を荒いタッチで処理した独特の画風を展開した[1]

略歴[編集]

1897年明治30年)2月17日、広島県深安郡(現・福山市)八尋村にて地主農家の生家に生まれる[1][3][4]

1915年、18歳のとき画家を志し広陵中学校(現・私立広陵高校)を中退[3]。伯父を頼って大阪に出た折に金島桂華を知る[3]。1918年京都市立絵画専門学校別科[4](現・京都市立芸術大学)入学[1]。在学中の1921年、第3回帝展(帝国美術博覧会、現日展)にて初入選[1]。1923年卒業し同校研究科へ進むも、1929年退学、同年同校嘱託教員となる[1][4]。絵は初め土田麦僊に学び[注釈 1]、1930年3月、福田平八郎山口華陽と共に1カ月間中国へ旅行し研究に努めている[1][4]。同年8月、京都市立美術工芸学校工芸科(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)嘱託教員として転勤[1]

1936年6月10日の麦僊死去により翌1937年西村五雲西村五雲晨鳥社へ入塾[1]。1937年京都市立美術工芸学校工芸科正教諭[1]。1938年9月5日、五雲が没し晨鳥社が閉校すると、五雲塾員らで新たに晨鳥社を結成し後進の指導にあたった[1]。1950年、京都市立美術工芸学校工芸科を依願退職[1]

教職に就いた後も継続して作品出品を続けており、1942年第8回京都市展で緑賞、1950年第1回全関西総合展にて佳作賞、1952年京展紅賞を経て1954年第10回日展および1958年第1回新日展にて日展特選・白寿賞を受賞、1964年紺綬褒章受章、1972年第4回改組日展にて「浄池」が総理大臣賞[6]、1973年第5回改組日展の出品作品「清明」が翌1974年日本芸術院賞恩賜賞受賞、同年勲三等瑞宝章受章、同年日展参与[1][3]。ほかに京都市文化功労賞、京都府美術工芸功労賞なども受賞している[1][3]

1979年2月16日、広島県深安郡神辺町より名誉市民の称号を贈られた[4][3]。現在は福山市名誉市民[4]

1980年昭和55年)2月5日[1]、胃がんにより京都府京都市中京区の病院にて死去、82歳没[1][2][3]

作品[編集]

太字は受賞。
公募展出品歴[1]
出品年出品展覧会作品名備考
1. 1921年第3回帝展「郡鶏」
2. 1922年第4回帝展「七面鳥」
3. 1925年第5回国画創作協会展「干鰈」
4. 1926年第6回国画創作協会展「果樹」
5. 1927年第8回帝展「若桐」
6. 1928年第9回帝展「残る夏」
7. 1930年第11回帝展「桃」
8. 1931年第12回帝展「牡丹花」
9. 1932年第13回帝展「春苑」
10. 1933年第14回帝展「秋初むる小鳥」
11. 同年京都市美術館記念展「鉄剪花」
12. 1934年第15回帝展「水禽図」
13. 同年第1回京都市展「後庭浅春」緑賞
14. 1936年文展鑑査展「秋趣」
15. 1938年第2回新文展「閑日(農具と鶏)」
16. 1940年2600年大毎展「棕梠」
17. 同年秋紀元2600年奉祝美術展覧会「首夏」
18. 同年第6回京都市展「鶏頭」
19. 1941年第7回京都市展「椿」
20. 1942年第8回京都市展「鶏」緑賞
21. 1943年第6回新文展「鶏舎」
22. 1946年第2回日展「鶏」
23. 1947年第3回日展「牡丹」
24. 1948年第4回日展「蓮池」
25. 1950年第1回全関西総合展「静物」佳作賞
26. 1951年第7回日展「河骨の咲く池」
27. 1952年第8回日展「池と材木」
28. 同年京展「池畔」紅賞
29. 1953年第9回日展「樹間」
30. 1954年第10回日展「池」特選、白寿賞
31. 1955年第11回日展「池」無鑑査
32. 1956年第12回日展「月」
33. 1957年第13回日展「梅」特選、白寿賞
34. 1958年第1回新日展「竹」委嘱
35. 1959年第2回新日展「篁」審査員
36. 1960年第3回新日展「水」会員
37. 1961年第4回新日展「池」
38. 1962年第5回新日展「樹」
39. 1963年第6回新日展「池」
40. 同年東京朝日主催選抜秀作展「樹」招待出品
41. 1964年第7回新日展「白梅」
42. 同年第2回朝日秀作展「水草の池」招待出品
43. 1965年第8回新日展「暖」
44. 1966年第9回新日展「河骨」審査員
45. 1967年第10回新日展「庭の椿」
46. 1968年第11回新日展「梅花」評議員
47. 1969年第1回改組日展「黄葉」評議員
48. 1970年第2回改組日展「秋ノ陽」評議員
49. 1971年第3回改組日展「老梅」審査員、評議員
50. 1972年第4回改組日展「浄池」総理大臣賞、評議員
51. 1973年第5回改組日展「清明」芸術院恩賜賞、評議員
52. 1974年第6回改組日展「若松」参与
53. 1975年第7回改組日展「松」参与
54. 1976年第8回改組日展「慈光」参与
55. 1977年第9回改組日展「鯉」参与
56. 1978年第10回改組日展「悠泳」参与

脚注[編集]

脚注
  1. ^ コトバンクによれば最初の師事は金島桂華[2]
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「猪原大華」(2015年12月14日)、2016年1月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 猪原大華 いのはら たいか”. コトバンク. 2016年1月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 猪原大華(いのはらたいか)略年譜”. 京都市立芸術大学. 2016年1月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 菅茶山記念館. “展示物”. 福山市. 2016年1月24日閲覧。
  5. ^ 華鴒大塚美術館 (2015年). “猪原大華展”. 国立新美術館. 2016年1月24日閲覧。
  6. ^ 大臣賞受賞者一覧(昭和33年~現在)”. 日展. 2016年1月24日閲覧。

外部リンク[編集]