国立美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
独立行政法人国立美術館
正式名称 独立行政法人国立美術館
英語名称 Independent Administrative Institution National Museum of Art
組織形態 独立行政法人
所在地 日本の旗 日本
〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3番1号
法人番号 8010005005424 ウィキデータを編集
予算 120億82百万円(2015年度予算)
資本金 810億1,914万8,662円(2015年3月31日現在)
負債 32億9,991万7,644円(2015年3月31日現在)
人数 役員6名(理事長1、理事3、監事2)
職員131名
理事長 柳原正樹
目的 芸術その他の文化の振興を図ること
活動内容 美術館を設置して、美術(映画を含む。以下同じ。)に関する作品その他の資料を収集し、保管して公衆の観覧に供するとともに、これに関連する調査及び研究並びに教育及び普及の事業等を行うこと
設立年月日 2001年4月1日
所管 文化庁
保有施設 東京国立近代美術館
京都国立近代美術館
国立西洋美術館
国立国際美術館
国立新美術館
国立映画アーカイブ
提供サービス 所蔵作品総合目録検索システム
ウェブサイト 国立美術館
テンプレートを表示

独立行政法人国立美術館(こくりつびじゅつかん)は、日本国内において以下の国立美術館を管理・運営する中期目標管理法人たる独立行政法人

概要[編集]

独立行政法人国立美術館は、1999年(平成11年)に成立した独立行政法人国立美術館法に基づいて、2001年(平成13年)4月に設置された。職員数は約131人で、役員は理事長、理事 (3人)、監事 (2人)から構成される。本部は北の丸公園・東京国立近代美術館内にあり、本部職員は東京国立近代美術館職員を併任している。

発足後の2007年(平成19年)1月には、東京・六本木に新たな美術館、国立新美術館を開館。2018年(平成30年)には、東京国立近代美術館フィルムセンターが独立し、国立映画アーカイブが設立された。

組織図[編集]

  • 理事長 - 理事(3人)
    • 事務局(長)
      • 次長
        • 総務企画課
        • 財務課
        • 渉外・広報課
    • 各美術館(6館)
  • 監事(2人) - 監査室

2020年令和2年)4月1日現在[1][2]

運営する施設[編集]

東京国立近代美術館

東京国立近代美術館(MoMAT、東京都千代田区

京都国立近代美術館

京都国立近代美術館(MoMAK、京都府京都市左京区

国立西洋美術館

国立西洋美術館(NMWA、東京都台東区

国立国際美術館

国立国際美術館(NMAO、大阪府大阪市北区

国立新美術館

国立新美術館(NACT、東京都港区

国立映画アーカイブ

国立映画アーカイブ(NFAJ、東京都中央区

関連人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 独立行政法人国立美術館機構図(令和2年4月1日現在)
  2. ^ 独立行政法人国立美術館組織規則

外部リンク[編集]