金島桂華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金島 桂華(かなしま けいか、1892年6月29日 - 1974年9月14日)は、日本画家日本芸術院会員。

人物[編集]

広島県安那郡湯田村(現・福山市神辺町湯野)生まれ、本名は政太(まさた)[1]平井直水竹内栖鳳に師事。私塾の衣笠会を主催し、後進の育成に努め、四条派院体風を取り入れた花鳥画を得意とした。

年譜[編集]

1925年帝展で「芥子」が特選、1927年「鳴子九皐」、1928年「牡丹」で特選、1930年から1939年まで京都市立美術工芸学校教諭、1934年帝展審査員、1950年日展運営会参事、1952年芸術選奨文部大臣賞受賞、1954年日本芸術院賞受賞、1959年日本芸術院会員、1960年日展理事、1966年勲三等瑞宝章受章、1969年日展顧問、京都市文化功労賞受賞。

画集など[編集]

  • 金島桂華 素描と作品集 芸艸堂 1960
  • 金島桂華展 ふくやま美術館 2003

脚注[編集]

  1. ^ 展示物 菅茶山記念館