関根祥六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関根 祥六(せきね しょうろく、1930年昭和5年)10月28日 - 2017年平成29年)2月22日[1])は、シテ方観世流能楽師埼玉県越谷市(旧・南埼玉郡蒲生村)出身。

関根隆助の六男。兄関根直孝及び二十五世宗家観世左近に師事。

重要無形文化財「能楽」保持者(総合認定)。芸術祭優秀賞受賞。紫綬褒章受章。2002年日本芸術院賞受賞。2010年旭日小綬章受章。2016年観世流から、功績の顕著な能楽師にのみ許される「雪号」を授与され、祥雪を名乗っていた。

長男が関根祥人(2010年、50歳で急逝)。

著書[編集]

  • 『芸三代 心を種として 能楽師関根祥六・祥人・祥丸』広瀬飛一写真 小学館スクウェア 2009

外部リンク[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]