園田高弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
園田 高弘
生誕 (1928-09-17) 1928年9月17日
出身地 日本の旗 日本東京府
死没 (2004-10-07) 2004年10月7日(76歳没)
日本の旗 日本東京都目黒区
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト

園田 高弘(そのだ たかひろ、1928年9月17日 - 2004年10月7日)は、日本のクラシック音楽のピアニスト。

経歴[編集]

戦後の日本の音楽界を演奏者・教育者としてリードしたクラシック音楽ピアニスト。レパートリーと録音・演奏回数ともに余人の及ばない域に達しており、没年の翌年にも演奏会のスケジュールが入っていた[1]

早年期[編集]

1928年、東京中野生まれ。園田の幼少期に急逝した父・清秀は、フランスでロベール・カサドシュに学んだピアニスト。その方針により音楽の英才教育を受ける。1936年、父が他界。1939年からユダヤ系ロシア人ピアニストレオ・シロタの個人指導を受ける。本郷区千駄木尋常小学校[2]経て、軍事教練の無かった旧制豊山中学[3]四年修了後、最年少で東京音楽学校入学。戦時中は軍に聴力測定のために極秘で研究を要請された。[4]

1948年東京音楽学校[5]を卒業後、ソリストとして活動を開始。ショパン作品の連続演奏会や、ハチャトゥリアンのピアノ協奏曲やガーシュウィンも手掛け、プロコフィエフの第7ソナタの日本初演は修士演奏で行った。

パリへ[編集]

1952年渡仏、ジュネーヴ国際音楽コンクールに出場するも落選。その後パリ田中希代子の紹介によりマルグリット・ロンに入門。同門のフリードリヒ・グルダサンソン・フランソワとも親交を結ぶ。またパリではヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏に接して深い感銘を受ける。1953年、帰国、パリ時代の留学生仲間である春子夫人と結婚する。

ベルリンへ[編集]

1954年、NHK交響楽団客演指揮者として来日したヘルベルト・フォン・カラヤンベートーヴェンの協奏曲を共演。カラヤンの熱心な説得により、1957年、カラヤンの推薦状を携えてベルリンに留学。フルトヴェングラーの元秘書の知遇と助言を得て、ヘルムート・ロロフに入門する。1959年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、ドイツ・デビューを果たす。これより[6]ヨーロッパ各地で演奏活動を行い、ニューヨークでもデビューを果たす。海外ツアーでは「園田高弘は日本のギーゼキング」と渾名され、本人もこの形容に戸惑っていたことが著書から確認できる。

教育[編集]

1960年、帰国、日本での演奏活動と京都市立芸術大学の教育活動を本格化させる。1968年、目前のベートーヴェン生誕200周年を記念して、ベートーヴェンのピアノ全作品の連続演奏会を企画・実行。ベートーヴェン全作品の連続演奏は、日本の洋楽演奏史において前代未聞の記念碑ともなった。1971年、音楽界への長年の貢献につき、日本芸術院賞受賞[7]1973年バッハ平均律クラヴィーア曲集を全曲録音、同年のレコード・アカデミー賞受賞。1977年モービル音楽賞受賞、1980年より、芸術院会員。その後もベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集はLPの全曲、ライブの全曲、CDの全曲による3度の録音のほか、バッハやシューマンリストの作品のみによる連続演奏会を実現させた。また、「実験工房」同人として、日本戦後の新音楽、たとえば黛敏郎武満徹湯浅譲二らのピアノ曲を積極的に演奏してきた。1971年には、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団20世紀音楽演奏会において、諸井誠「ピアノ協奏曲第1番」の世界初演も実現させた。晩年には昭和音楽大学の教授として後進の指導にあたった。

晩年[編集]

1989年1月7日昭和天皇崩御にあたっての特別編成番組で日付の変わる直前[8]、園田の演奏したショパン葬送行進曲がNHK総合にて放送されている。1990年代は諸国際ピアノコンクールの審査員の常連になっていた。1998年文化功労者2004年秋、解離性大動脈瘤破裂により急逝。数年前から発作で倒れることがしばしばあったが、死に繋がる発作とは本人は認識しておらず、翌年のスケジュールまで調整中であった。

レパートリー[編集]

時代[編集]

園田高弘のレパートリーは、古今の曲から同時代の実験的なレパートリーまで、またドイツオーストリアフランス音楽のほかにもロシアソ連スペインアメリカ合衆国までと、時代的にも地域的にも楽曲のバラエティの広さを誇っている。バッハモーツァルトベートーヴェンシューベルトシューマンショパンリストフランクブラームスサン=サーンスムソルグスキーチャイコフスキーアルベニスドビュッシーブゾーニグラズノフスクリャービンラフマニノフラヴェルレーガーシェーンベルクベルクバルトークストラヴィンスキープロコフィエフヒンデミットガーシュウィンプーランクコープランドバーバーバーンスタインメシアンらの作品のほか、フルトヴェングラーピアノ協奏曲の日本初演や諸井三郎のピアノ協奏曲第2番の世界初演にも挑戦した。

また、ソリストとしての協奏曲や独奏作品の演奏ばかりでなく、室内楽ピアニストとしても晩年まで熱心に活動を続けてきた。これほどのレパートリーを誇る邦人ピアニストは、園田と同世代ばかりか後輩ピアニストの中にもほとんど見当たらない。園田も「キャリアのためには、自分の趣味なんてかまってもらえず、オーダーにはなんでも答えなければならなかった」ドイツ時代にはエルネスト・ブールとラヴェルのピアノ協奏曲を演奏しており、ある時にはラフマニノフの第三協奏曲やサン=サーンスの第四協奏曲をたのまれる、と言った具合である。帰国直後は石井眞木の世界初録音をLPに吹き込むなど、後輩作曲家の面倒すら見た。最後に初演した曲が権代敦彦の「69」であった。

ただ、レパートリーが非常に広大でも専門筋や聴衆の見解は賛否が分かれており、「ソビエト現代作品の弾き手として日本でデビューし、ドイツ時代にはラフマニノフの協奏曲が弾ける日本のピアニストとして看板を背負い、日本時代には念願のベートーヴェンのソナタ全曲を吹き込ん」だことから、ユーモアやウィットにとんだ表現というのは、彼にとっては難しかったようである。

様式[編集]

園田は、レオ・シロタを通じてブゾーニの孫弟子にあたるが、超絶技巧と強烈な個性を売り物にする、19世紀ヴィルトゥオーソの伝統をそれほど汲んではいない。確かにドン・ファン幻想曲のようなものは手掛けたが、リストの編曲作品などのヴィルトゥオーゾ作品を得意とした井口基成梶原完のようなタイプとは異なっていた。

現代音楽、とりわけシェーンベルクを得意としていたことからも分かるように、情意を濃厚に表出するよりも、楽譜を知的に把握し、作品を分析的に再構成するタイプの演奏家であった。だからといって決してテクニックをおろそかにせず、正確な演奏技巧と軽いタッチによって、リズムのドライブ感を堪能させる演奏を行なった。このためもあり、園田の演奏・解釈は、硬いアゴーギクを求める近代以降のいわゆる「新音楽(Neue Musik)」と相性がよく、現代音楽にとって不可欠の伝え上手なピアニストであった。晩年には一時的に技術的な衰えが見られ、デビュー時とは正反対に協奏曲の演奏ですら衰えを覆うようにアピールを控えた。しかしながらそれを補う表現意欲と、音楽との誠実なとりくみとによって、聴衆、とりわけ多くの若い聞き手をひきつけ、感動させることができた。

1970年代までは音色よりも機能性を重視した奏法で、N響とのライブ演奏のビデオ映像でも「鍵盤に圧力をかけて弾く」古い奏法を確認できる。この頃まではレパートリーは幅広く何でもこなしていたが、国際審査員活動の経験が増えるようになってから「音色を良く聴く」奏法へと変え、レパートリーもベートーヴェンを中心に絞り込んだ。ショパンはあまり得意ではなさそうであったが、75歳記念コンサートの映像でも最新のショパン研究結果であった「拍節を越えるルバート」を導入したり、晩年まで奏法の改革には意欲的であった。このように、解釈に学究的な姿勢を示しているのも園田の特徴と言ってよい。

録音[編集]

レパートリーが広すぎてメジャーレーベルでは次第に対応できなくなり、evica等の自主レーベルを設立して自身と後進の演奏のCD化に死の直前まで熱意を傾けた。原則的には自身の新録音および自分で執筆したライナーが付される。使用ピアノもYAMAHAを使うことが圧倒的に多かった。

出版[編集]

井口基成ほどの数にはならなかったが、園田もバッハとベートーヴェンの校訂を伴った「園田版」を春秋社から刊行した。「原典版信仰は薦められない」・「ベートーヴェンのメトロノーム記号も今のピアノに合わない」など、個人的な意見がみられる。

園田とピアノコンクール[編集]

園田高弘賞ピアノコンクール[編集]

1985年から2001年まで、父親の郷里大分県で園田高弘賞ピアノコンクールを主宰。バッハやウィーン古典派などのレパートリーに加えて、リストやラフマニノフなどのヴィルトゥオーソ作品、シェーンベルクやスクリャービン、ジョリヴェなどのモダンな作品、くわえてリゲティクセナキスのほか、矢代秋雄三善晃一柳慧松村禎三野田暉行[9]戦後の邦人作曲家を含んだ現代音楽の4種類の演奏・解釈が課題として審査される。課題曲の広さとバラエティは、まさに園田の名にふさわしく、日本では珍しく個性的なコンクールとなっていた。「日本の教師はシェーンベルクすら教えられない。これでいいのか」と憤ることもしばしばあった。

ここまでの力量を要求するコンクールは、唯一ホセ・イトゥルビ国際ピアノコンクールエネスク国際音楽コンクールピアノ部門[10]がみられる程度である。テープ審査は全テープを園田自らがチェックするという、大変親切な選考方法でもあった。だがその後の国際楽壇は、園田の思惑に反してレパートリーの縮小化に向かった。この難しさに多くのピアニストが折れて出場人数が減り、大分市の文化振興政策の改訂とともにコンクールも幕を下ろすこととなった。園田の体調が思わしくなく、コンクールを審査できるだけの体力と集中力が続かずに自ら責任をとったのではないかとの説が有力である。次に示すのは、1998年の園田高弘賞ピアノコンクールの要綱である。[11]

課題曲[編集]

  • 第一次予選
    • ショパンの練習曲から二曲、ラフマニノフの練習曲または前奏曲から一曲、ドビュッシーの練習曲から一曲、リストの練習曲から一曲の計5曲を演奏。
  • 第二次予選
    • バッハの平均律から一曲、ベートーヴェンのソナタから一曲、自由曲。
  • 第三次予選
    • メシアンの作品から一曲、大きなロマン派の難曲から一曲、自由曲。
  • 本選
    • コンチェルトから一曲。

国際ピアノコンクール[編集]

多くの国際コンクールで審査を務めた園田も多くの日本人ピアニストと同じく、審査へは主観が混じっていたようで、彼が点を低くつけたソン・ミン・スーヴァレンチナ・イゴシナが国際的なスターになったことを考えると、彼も日本人ピアニストのために「点を盛った」と思われかねない採点があったことは事実である。

ただし、彼が非常に高くコンクールで評価した海外のピアニストにマークス・グローアルベルト・ノゼがおり、ノゼのことはホームページで絶賛していた。ノゼはその後カーネギーホールデビューを果たしている。

エピソード[編集]

  • 中年期までは狐狸庵先生(遠藤周作)と瓜二つの容貌で、遠藤は酒場などで「園田高弘よステキ」等と、間違われているらしい囁きが耳に入るたびに、ピアノを弾く真似なぞしてなりすましたという。
  • 園田本人は楽壇デビューが意に反し遅れてしまったので、国際ピアニストの「低年齢化」には賛成していた。

脚注[編集]

  1. ^ 2005年1月27日には小林研一郎指揮でシューマンピアノ協奏曲を演奏する予定だったが、急逝により伊藤恵が代演している。ondine-i.net
  2. ^ 現・文京区立千駄木小学校
  3. ^ 日本大学豊山高等学校
  4. ^ 最相葉月の「絶対音感」にはこのエピソードが書かれている。
  5. ^ 東京藝術大学楽理科
  6. ^ ミュンヘンウィーンブダペストワルシャワモスクワミラノパリロンドンなど
  7. ^ 『朝日新聞』1971年4月10日(東京本社発行)朝刊、23頁。
  8. ^ 当時の新聞記事では23時45分から55分まで
  9. ^ 2000年の要綱
  10. ^ これには理由があり、ピアニストの経済難と少子化、音楽学校の人気の低迷ほかで審査員の弟子が事故をやらかすことが多くなったため、どこのコンクールも易しくなっている。これはヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにまで及んだ。
  11. ^ 外部リンク

参考文献[編集]

外部リンク[編集]