矢野橋村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢野 橋村
(やの きょうそん)
生誕 1890年9月8日[1]
愛媛県越智郡(現今治市[1][2]
死没 (1965-04-17) 1965年4月17日(74歳没)[1]
大阪府豊中市[1]
受賞 日本芸術院賞
1960年 錦楓
[3]
従五位勲四等瑞宝章
1965年
[1]

矢野 橋村(やの きょうそん、1890年明治23年)9月8日 - 1965年昭和40年)4月17日)は、日本画家[1]愛媛県越智郡(現今治市)出身[1][2]。本名一智、別号「知道人」[1]。晩年、日本南画院の設立に関わった[1]

略歴[編集]

1890年明治23年)9月8日[1]、愛媛県越智郡に生まれる[2]大阪陸軍造兵廠にて勤務中に左手首切断の負傷を負う[2]。その後南画家を志し永松春洋へ師事し[1]、右手一本で創作活動を行う[2]

1914年(大正3年)、第8回文展[注 1]にて「湖山清暁」が褒章を受賞[1]。1919年(大正8年)、直木三十五福岡青嵐らと「大阪文化の抜本的改革を提唱する美術・文学・哲学などを文化総体として捉えた研究団体[2]」として主潮社を結成、毎年東京と大阪で個展を開催する[1]。1921年(大正10年)には三井飯山河野秋邨小室翠雲池田桂仙水田竹圃など[5]と共に日本南画院を設立[1]。1923年(大正12年)、関東大震災発生のため主潮社展覧会が断絶[1]。翌1924年(大正13年)、当時の大阪に美術を学ぶ学校が存在しなかったことから[2]、33歳にして大阪市天王寺区に私立大阪美術学校を設立[注 2]、校長に就任し自ら教鞭を取り[1][2]、全国から南画家が結集し発表と研究の場を得た[5]。大阪美術学校に併設した美術館「大来館」を住まいとした[2]

1927年(昭和2年)第8回帝国美術展覧会(帝展)特選、翌1928年(昭和3年)第9回帝展でも特選[1]。1934年(昭和9年)には大阪府史跡名勝天然記念物調査委員を依嘱される[1]

1939年(昭和14年)乾坤社主宰、創立[1]。同年3月1日、大阪陸軍兵器支廠禁野倉庫にて29回の大爆発を発生する事故があり、近在していた大阪美術学校が甚大な延焼被害を被った[2]。1942年(昭和17年)大阪日本画家報国会結成、理事長に就く[1]。1944年(昭和19年)、太平洋戦争の激化に伴い生徒の招集・徴用によって学校運営が困難となる中、陸軍により大阪美術学校施設が接収され廃校となった[2]。橋村の活躍と大阪美術学校の存在は学校跡地に建設された[6]後の御殿山美術センター(現御殿山生涯学習美術センター)開設に大きく貢献するものと考えられている[2]

1950年(昭和25年)大阪府芸術賞受賞[1]。同年、主潮社復活[1]。1958年(昭和33年)第13回改組日展にあたって日展評議員就任[1]。1959年(昭和34年)大阪市民文化賞受賞。1960年(昭和35年)日本南画院創立、副会長に就任[1]。1961年(昭和36年)、第17回日本芸術院賞受賞[3]。1964年(昭和39年)日本南画院会長[1]

1965年(昭和40年)4月17日、脳出血のため大阪府豊中市の自宅にて死去、74歳没[1]。同日付で従五位勲四等瑞宝章追贈された[1]。同年、第8回日展に遺作「百丈野狐」が出品された[1]

著書[編集]

評価[編集]

「その精力的な活動を基盤に、大正中期に直木三十五や福岡青嵐などの参画を得て、大阪文化の抜本的改革を提唱する美術・文学・哲学などを文化総体として捉えた研究団体「主潮社」の発起や日本南画院の評議員としても活躍した」との評価がある[2]

脚注[編集]

脚注
  1. ^ 文展(文部省美術展覧会)、のち帝展(帝国美術展覧会)、現日展(日本美術展覧会[4]。略称の方が正式名。
  2. ^ 現在の大阪芸術大学とは異なる。1944年(昭和19年)廃校し現存しない[2]
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 矢野橋村”. 東京文化財研究所. 2016年1月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 御殿山生涯学習美術センター (2013年5月10日). “ロビー所蔵品展 矢野 橋村 展”. 枚方市. 2016年1月25日閲覧。
  3. ^ a b 歴代授賞者一覧”. 日本芸術院. 2016年1月25日閲覧。
  4. ^ 展覧会の変遷と開催年(明治40年~現在)”. 日本美術展覧会. 2016年1月25日閲覧。
  5. ^ a b 日本南画院とは”. 日本南画院. 2016年1月25日閲覧。
  6. ^ 大正・昭和の大阪代表する日本画家 矢野橋村の「華晨」展示 枚方”. 産経ニュース (2015年3月26日). 2016年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]