池部鈞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池部鈞
生誕 1886年3月3日[1]
死没 (1969-12-17) 1969年12月17日(83歳没)[1]
東京都八王子市[2]
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京美術学校[1]
著名な実績 漫画洋画
代表作 「少女球戯図」(1928年)帝展特選[1]
「踊」(1930年)帝展特選[1]
受賞 「美人一列」日本芸術院賞(1966年)[2]
勲四等旭日小綬章(1967年)[2]
選出 一水会会員(1938年)[2]
一水会運営委員[2]
日展評議員[2]
白日会創立会員[3]
活動期間 明治 - 昭和時代[1]
この人物に影響を
与えた芸術家
渡辺審也[1]
この人物に影響を
受けた芸術家
池部良(実子)[1][2]

池部 鈞(いけべ ひとし、1886年明治19年)3月3日 - 1969年昭和44年)12月17日[1])は、東京府東京市本所区(現東京都墨田区本所[2]出身の日本風刺漫画家[4]洋画家[1]。旧姓山下[1][2]

岡本一平の義弟[5]岡本太郎の叔父にあたり[6]、俳優の池部良は実子[1][7][8]

来歴[編集]

1886年(明治19年)3月3日、山下鈞として東京本所に生まれる[2]台東区立下谷小学校に通った[2][注釈 1]。1898年(明治31年)頃、12歳時に神田の錦城中学に入学[2]、翌1899年(明治32年)から1900年(明治33年)にかけての時期に白馬会展の展観作品に感動し画家を志す[2]

中学3年となった1902年(明治35年)頃、石井柏亭に師事を願い出るが断られ[2]、代わりに紹介された渡辺審也に師事する[1][2]。1910年(明治43年)東京美術学校を卒業[注釈 2]、翌1911年(明治44年)朝鮮京城日報社入社[2][9]、1914年(大正3年)には徳富蘇峰国民新聞に入社[9]し政治・議会・社会分野などの漫画を担当した[注釈 3][注釈 4]

1916年(大正5年)、漫画誌「トバエ」が創刊され参加、翌1917年(大正7年)「漫画」創刊参加、その後も漫画分野では1922年(大正11年)「漫画の畑」、1925年(大正14年)「漫画ボーイ」[注釈 5]などに創刊号から執筆参加し漫画界の第一人者として活躍した[2][7]

漫画分野の活躍と前後して、油絵分野では1921年(大正10年)の帝展出品作「大道芸人」より帝展出品を開始、1928年(昭和3年)第9回帝展「少女球戯図」が帝展特選、続く1930年(昭和5年)第11回帝展「踊」も帝展特選および無鑑査となった[2]

1938年(昭和13年)一水会会員、のちに一水会運営委員、日展評議員も務めた[2]

1966年(昭和41年)「美人一列」が日本芸術院賞恩賜賞受賞[2]、翌1967年(昭和42年)勲四等旭日小綬章受章[2]

1969年(昭和44年)12月17日、心不全のため東京都八王子市の永生病院で死去、享年83[2]

著作[編集]

  • 池部鈞『僕の学生時代』磯部甲陽堂、1918年。ASIN B0099H0HFI
  • 池部鈞、服部亮英、細木原青起、牛島一水、小林克巳、北澤楽天、水島爾保布、宮尾しげを『漫畫の滿洲』大阪屋号書店、1927年10月。NCID BN15555671
  • 池部鈞『凸凹放送局 : 池部鈞集』現代ユウモア全集刊行会、1929年。NCID BA63316851
展覧会出品目録については#外部リンク参照

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 高等科一年頃の同窓生に石井鶴三がいた[2]
  2. ^ 同窓生に藤田嗣治岡本一平田中良近藤浩一路長谷川昇らがいた[2]
  3. ^ 議会分野の先輩に平福百穂が議会スケッチ担当で在籍していた[2]
  4. ^ 阿部充家の娘、阿部光子のエッセイ「共に生きるよろこび」によれば、既に平福百穂が在籍しているため池部は不採用になりかけたが、阿部充家が徳富に掛け合って採用が決まった、と語られている[10]
  5. ^ 執筆陣に山田みのる前川千帆らがいた[2]
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “池部鈞 いけべ-ひとし”. コトバンク. 2016年10月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「池部鈞」(2015年12月14日)、2016年10月4日閲覧。
  3. ^ 目黒区美術館所蔵作品目録Ⅰ 1981-1987”. 目黒区美術館. 2016年10月4日閲覧。
  4. ^ 晩年はエッセイストとしても活躍した池部良”. 文藝春秋 (2013年1月7日). 2016年10月4日閲覧。
  5. ^ 町田市立博物館で田河水泡コレクションによる『笑いの中に ~近代の戯画・風刺画~』展を開催します (PDF)”. 町田市 (2013年1月16日). 2016年10月4日閲覧。
  6. ^ 小野佐世男―モガ・オン・パレード 展”. 神奈川県観光協会 (2012年9月18日). 2016年10月4日閲覧。
  7. ^ a b 後藤康行 (2012年3月). “戦時下の漫画にみる逓信事業と戦争 (PDF)”. 郵政博物館. p. 88. 2016年10月4日閲覧。
  8. ^ 池部 鈞”. 徳富蘇峰記念館. 2016年10月4日閲覧。
  9. ^ a b 高晟埈. “在朝鮮日本人漫画家の活動について―岩本正二を中心に (PDF)”. 新潟万代島美術館. p. 9. 2016年10月4日閲覧。
  10. ^ 阿部光子『共に生きるよろこび』水書坊、1991年4月、37頁。ISBN 978-4943843627

外部リンク[編集]