池部良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いけべ りょう
池部 良
池部 良
映画『現代人』(スチル写真)での池部(手前)
生年月日 1918年2月11日
没年月日 2010年10月8日(満92歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市大森
死没地 日本の旗 日本東京都
血液型 B
職業 俳優随筆家
活動期間 1941年 - 2010年
主な作品
映画
青い山脈』 / 『現代人
坊っちゃん』 / 『雪国』 / 『暗夜行路
昭和残侠伝シリーズ』 / 『地獄拳シリーズ
受賞
日本文芸大賞

池部 良(いけべ りょう、1918年2月11日 - 2010年10月8日)は、日本俳優随筆家東京市大森区出身。立教大学文学部英文科卒業[1]

来歴[編集]

大学では富田彬などから学ぶとともに[2]、映画監督になるのを夢見て在学中の1940年東宝撮影所のシナリオ研究所に研究生として入り、1941年に卒業と同時にシナリオ研究所を卒業し東宝に入社する。監督希望だったが[3]戦時下の作品制作数の大幅減少で助監督の空きがなく、文芸部に配属。早々部長に、面食いだからと当時子役の大スターだった中村メイコの子守を命じられ、彼女の大絶賛を聞いた映画監督・島津保次郎に請われて『闘魚』に脇役で出演する[4]。それが好評となり知的でスマートな若手俳優のホープとして目された。

1942年の『緑の大地』のクランク・アップの翌日に陸軍召集され、中国山東省に派遣された[5][6][7]。大学卒ということで幹部候補生試験への受験を勧められるが[6]、任期が長くなる(当時、兵隊のままだと任期は2年とされていた)ため断るが、上官に無理やり受けさせられ白紙で答案を提出したにもかかわらず甲種幹部候補生にされ、厳しい訓練を受けた。1943年11月見習士官(曹長)に任官後[8]予備陸軍少尉となる。1944年に南方戦線に移動される。5月12日、輸送船が敵潜水艦に撃沈され[9]セレベス海に投げ出され10時間泳いだ後、海軍の艦船に救出されインドネシア北東部のハルマヘラ島へ配属された[10]。食料、弾薬ともに豊富なハルマヘラ島に配属された彼らは1944年9月アメリカ軍のすさまじい艦砲射撃、空爆を受けてジャングルに逃げ込んだ[11]その後は上官がすべて他島へ移動してしまったため[要出典]、少尉ながら衛生隊本隊を任され終戦まで戦い、終戦時の階級は中尉だった[12]

1945年11月には進駐してきたオーストラリア海軍との交渉役を任され、単身で豪海軍駆逐艦に乗り込み人格者であった艦長とオールド・パーを飲み交わしている。1946年6月まで抑留され、南方から苦労して復員船に乗る。他の隊の将校は海に放り込まれたりするが、池部隊では部下が円陣を作って隊長を守ってくれ、日本に帰る[13][12]腸チフスに罹患した池部は俳優を続けるかどうか決めかねていたが、東宝や高峰秀子に熱心に請われ[14]、特に高峰には市川崑を付き添いに疎開先の茨城県の山村にまで直接訪れて説得され、俳優に戻る[12]。映画界に復帰した池部は日本共産党とそのシンパによる東宝争議1948年秋まで煩わされた[15]

175cmの身長と渋い容貌を生かして次々と主演作品をヒットさせる。1948年に女優の羽鳥敏子と結婚したが離婚。その後も青春スターの第一人者として活躍を続けた。特に1949年の『青い山脈』では当時30代だったにもかかわらず[16]旧制高校の生徒をさわやかに演じ、戦後の自由な雰囲気を象徴する映画として大ヒットした。その後は1950年新東宝の『暁の脱走』、1952年松竹の『現代人』と他社の作品にも出演。特に『現代人』では池部がそれまでの二枚目スターから演技派俳優として最初に認められるようになった作品であった。『坊っちゃん』(1953年)、『雪国』(1957年)、『暗夜行路』(1959年)などの多くの文芸作品で翳のある青年を演じ、文芸路線や都会派映画に欠かせない二枚目スターとして君臨した。1960年代に入ると徐々に脇役に転じたが、1964年に主演した『乾いた花』でのヤクザ役が評判となる。この頃、18歳年下の女性と再婚した[17]1960年代からはテレビドラマにも出演し始めた。

1965年石原裕次郎里見浩太郎山城新伍ら俳優が暴力団のために拳銃密輸していたことが明るみに出た。警察庁は芸能興行関係者に暴力団との腐れ縁を絶てと強い調子で警告。同年2月22日日本映画俳優協会会長であった池部は映画俳優と暴力団との完全絶縁を表明した[18]。同年9月、東宝を離れ池部プロダクションを設立。自ら映画を企画しストーリーを書くようになるが、1967年に1億円の負債を抱え倒産した。同年、東映より高倉健主演『昭和残侠伝』(1965年)の出演を依頼されたが、妻が強く反対し、当初は断っている。しかしプロデューサー俊藤浩滋による再三の申し入れもあり、「入れ墨を入れないこと、毎回殺されること、ポスターでの露出を小さくすること」を条件に出演を承諾した[18]。公開された『昭和残侠伝』は大ヒットし、役名は毎回違ってもニヒルで主人公を支えるヤクザ役でシリーズを支えていく。なかでも『昭和残侠伝 死んで貰います』(1970年)で池部演じる風間重吉がクライマックスで高倉に語る「ご一緒、願います」は流行語となった。このほかの東映作品では池部が元警視総監を演じた千葉真一主演『直撃! 地獄拳』が1974年度に4億1700万円の配給収入を上げ、同年度の日本映画配給収入ランキング第5位に入った。アメリカ合衆国では『The Executioner』というタイトルで1999年現在、10万本以上のビデオが売れている[19]

1983年より2009年まで創設された日本映画俳優協会初代理事長を務める。1991年、『毎日新聞』連載の『そよ風ときにはつむじ風』で日本文芸大賞を受賞したことから多数の連載を抱えることとなり、以後は文筆業や講演が活動中心となる。2007年、初の池部良研究本『映画俳優 池部良』を出版。同年2月、東京池袋の新文芸坐トークショーにてその本の編集者から「青い山脈の時に31歳でしたが…」との質問に対し、実は1916年生まれで当時33歳なのに『青い山脈』の18歳の高校生の役を渋々受けたことを告白した。ただし、過去の池部のエッセイではこのことを暗に仄めかした記述がある。年齢より若い役が多く、実年齢が近い森繁久彌藤田進の息子役を演じたこともある。文筆業が中心となってからでも「自分は(映画)俳優である」という意識を持っていた。しかし「オファーがあっても(相手から)年齢を聞かれて、答えると『じゃあ、この話は…』と断られてしまう」ことを2008年2月の『徹子の部屋』出演時に語っていた。

2010年10月8日午後1時55分、敗血症のため東京都内の病院で死去。92歳没[20]。亡くなった際も、雑誌「百歳万歳」「銀座百点」ほか4誌にエッセイを連載中だった。

人物[編集]

父は風刺・風俗漫画家として一世を風靡した池部鈞[21][22][23]日本芸術院より恩賜賞を受賞[24][25])、母は画家・漫画家岡本一平の妹。芸術家の岡本太郎は従兄[26]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

著書[編集]

単著

  • そよ風ときにはつむじ風 (毎日新聞社 1990年、新潮文庫 1995年)
  • 続 そよ風ときにはつむじ風 (毎日新聞社 1992年、新潮文庫 1995年)
  • 続続 そよ風ときにはつむじ風 (毎日新聞社 1994年、新潮文庫 1998年)
  • 風まかせの暦 (毎日新聞社、1991年)
  • 風吹き鴉(毎日新聞社、1997年)
  • そして夢にはじまった(1-4)(毎日新聞社、1994-96年)
  • 寝そべる風(マガジンハウス、1989年)
  • 21人の僕 映画の中の自画像(文化出版局 1991年)
  • 風、凪んでまた吹いて(講談社 1991年、講談社文庫 1997年)
  • 山脈(やま)をわたる風(小学館 1993年、小学館文庫 1998年)
  • 酒あるいは人(平凡社、1993年)
  • つきましては、女を(扶桑社、1996年)
  • 食い食い虫(新潮社、1998年)
  • オレとボク 戦地にて(中公文庫、1995年/新風舎文庫 2003年)
  • 煮たり焼いたり喋ったり(中公文庫 1995年)
  • ハルマヘラ・メモリー(中央公論社 1997年、中公文庫 2001年)
  • 舞い舞い風(中央公論社、1998年)
  • 匂いおこせよ梅の花(中公文庫 2002年)
  • 風が吹いたら (文藝春秋 1987年、文春文庫 1994年)
  • 風クラシック(文藝春秋、1996年)
  • 言伝て鍋(文藝春秋、2000年)
  • 心残りは…(文藝春秋 2001年、文春文庫 2004年)
  • 人魚のニキビ(文藝春秋 2002年)
  • 風の食いもの(文春文庫 2006年)
  • 天丼はまぐり鮨ぎょうざ 味なおすそわけ(幻戯書房、2007年)
  • 窓を開けると(文春文庫 2008年)

編著

  • 映画俳優池部良(志村三代子/弓桁あや編 ワイズ出版、2007年)-インタビューほか
  • 池部良の男の手料理(中央公論社、1986年)-料理本、写真多数

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “シネマの天使編(21)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月13日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110313/art11031302360000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “シネマの天使編(22)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月14日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110314/art11031403020000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ “シネマの天使編(16)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月8日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110308/art11030802400000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ “シネマの天使編(23)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月15日). オリジナル2011年3月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110320155245/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110315/art11031502510000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 
  5. ^ “シネマの天使編(25)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月17日). オリジナル2011年3月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110324153450/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110317/art11031703110000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 
  6. ^ a b “シネマの天使編(27)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月19日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110319/art11031903040000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ 関容子 『再会の手帖 また逢いたい男たち』 幻戯書房2007年3月[要ページ番号]ISBN 978-4-901998-21-5。「復員までの苦労なんてものは筆舌につくしがたいですよ。とにかく俳優をしてたというだけの理由で、上官から理不尽な殴る蹴るの暴行を受けるんですからね」
  8. ^ “シネマの天使編(26)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月18日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110318/art11031803030001-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ “シネマの天使編(28)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月20日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110320/art11032003510000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ “シネマの天使編(29)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月21日). http://stj.sankei.jp.msn.com/life/news/110321/art11032103140000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ “シネマの天使編(30)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月22日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110322/art11032203090000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ a b c “シネマの天使編(32)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月24日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110324/art11032402590000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  13. ^ 関容子 『再会の手帖 また逢いたい男たち』 幻戯書房2007年3月[要ページ番号]ISBN 978-4-901998-21-5
  14. ^ “シネマの天使編”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月27日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110327/art11032703100000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ “シネマの天使編(33)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月25日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110325/art11032502590000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  16. ^ “シネマの天使編(34)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月26日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110326/art11032603040000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ “シネマの天使編(37)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月29日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110329/art11032903400000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  18. ^ a b “シネマの天使編(38)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月30日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110330/art11033003190000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ 中村カタブツ 『極真外伝 〜極真空手もう一つの闘い〜』 ぴいぷる社、1999年12月、179頁。ISBN 4-89374-137-3
  20. ^ “「青い山脈」俳優の池部良さん死去、92歳”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2010年10月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20101011-689118.html 2016年10月19日閲覧。 
  21. ^ 後藤康行 (2012年3月). “戦時下の漫画にみる逓信事業と戦争 (PDF)”. 郵政博物館. p. 88. 2016年10月28日閲覧。
  22. ^ 池部 鈞”. 徳富蘇峰記念館. 2016年10月28日閲覧。
  23. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “池部鈞 いけべ-ひとし”. コトバンク. 2016年10月28日閲覧。
  24. ^ 東京文化財研究所:「池部鈞」(2015年12月14日)、2016年10月28日閲覧。
  25. ^ “シネマの天使編(41)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年4月2日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110402/art11040203300000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  26. ^ “シネマの天使編(18)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年3月10日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110310/art11031003030000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]
  27. ^ “シネマの天使編”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年4月1日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110401/art11040102560000-n1.htm 2011年4月17日閲覧。 [リンク切れ]

外部リンク[編集]