高木聖鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高木 聖鶴
(たかぎ せいかく)
文化勲章受章に際して文部科学省より公表された肖像写真
文化勲章受章に際して
文部科学省より公表された肖像写真
生誕 高木 郁太(たかぎ いくた)
1923年7月12日
死没 (2017-02-24) 2017年2月24日(満93歳没)
日本の旗 岡山県倉敷市
国籍 日本の旗 日本
出身校 岡山県高梁中学校中途退学
著名な実績
流派 朝陽書道会
運動・動向 「かな」の書
受賞 日本美術展覧会
特選(1973年
日本美術展覧会
内閣総理大臣賞(1991年
岡山県三木記念賞(1992年
岡山県文化賞(1993年
日本芸術院賞1995年
民族 大和民族
活動期間 1947年 - 2017年
この人に影響を
与えた芸術家
内田鶴雲
この人に影響を
受けた芸術家
高木聖雨

高木 聖鶴(たかぎ せいかく、1923年大正12年)7月12日 - 2017年平成29年)2月24日[1])は、日本書家。男性。勲等勲四等本名高木 郁太(たかぎ いくた)。朝陽書道会会長公益社団法人日本美術展覧会顧問、公益社団法人日本書芸院最高顧問、読売書法会最高顧問、文化功労者

社団法人日本書芸院理事、読売書法会理事、読売書法会常任総務社団法人日本美術展覧会常務理事、社団法人日本美術展覧会理事、社団法人日本美術展覧会参事などを歴任した。

概要[編集]

内田鶴雲に師事し[2][3]古典研究し自身の書風を確立するとともに[2][3]、かなの書を中心に活躍した[3]。内田の創設した朝陽書道会を引き継ぎ[4]、長年に渡り会長を務めた[3]。また、日本美術展覧会においては1982年会員となり[2][3]1991年には日本美術展覧会内閣総理大臣賞を受賞している[3]。さらに、1995年には日本芸術院賞を受賞している[3]2006年には文化功労者に選出され[2][3]、のちに文化勲章を授与されている[2][3]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

岡山県総社市出身[3]

敗戦直前、東京で1年余りの「鉄砲を持たない兵隊」を経て帰郷[5]。「仕事以外に生涯を通じて学べるもの」を書に求めた。父親が始めた証券会社で20年間働く傍ら、1947年(昭和22年)、書家の内田鶴雲に師事。「中国、日本の古筆・名筆を研究。「かな」書家として、情感を秘めた現代感覚あふれる様式を確立した。」と評される[6]

書家として[編集]

書家として日本や中国の古筆、名筆を研究し、美しく気品ある仮名を追求、独自の書風を打ち立てて斯界の発展に大きな貢献をしてきた。1950年に日展初入選。1975年からは日本書芸院理事、1984年からは読売書法会理事に就くなど、日本の書の発展に大いに貢献した。▼岡山を拠点に朝陽(あさひ)書道会を創設した内田鶴雲に師事。鶴雲の師が仮名書の大御所、安東聖空であったことから、聖空譲りの「元永本古今集」の書風をしっかり身につけた後、「一条摂政集」「高野切」「針切」「香紙切」など古筆の森に分け入り、王朝の雅を手中に収めた。▼現代の仮名書を代表するまでになりえたのは、一方で戦後の仮名書家たちが追い求めた大字仮名にも新境地を開いたからである。 — 読売新聞社、読売人物データベース

2006年(平成18年)、文化功労者に選ばれた際には「かな書は文字としての意味を伝えるだけでなく絵画のような造形美を探求するもの。墨と筆の日本の文化です。書は私のすべて。後世にいい作品をのこすため全力投球する」と述べた[5]。晩年になっても日本美術展覧会の顧問をはじめ[7]、日本書芸院の最高顧問[8]、読売書法会の最高顧問など[9]、多くの団体の役職を務めた。2017年2月、岡山県倉敷市病院にて死去した[2][3]

人物[編集]

本名は「高木 郁太」[10]であり、「たかぎ いくた」[10]と読む。一方、書家としての号である「高木 聖鶴」については、「たかぎ せいかく」[3]と読むが「たかき せいかく」[2]と報じられることもある。

家族・親族[編集]

書家の高木聖雨は長男[2][3]

略歴[編集]

  • 1923年(大正12年):岡山県で出生。
  • 岡山県高梁中学校(現・岡山県立高梁高等学校)を中退。
  • 1947年(昭和22年):書家の内田鶴雲に師事。
  • 1950年(昭和25年):日本美術展覧会(日展)初入選
  • 1981年(昭和56年):日展審査員(通算7回)
  • 1991年(平成3年)1月:現代書道20人展「かな」部門で新メンバー(上野松坂屋)
  • 1995年(平成7年):読売書法会常任総務
  • 同年:日展理事(1998年(平成10年)まで)
  • 1998年(平成10年)6月:朝陽書道会屏風展(高島屋岡山店)
  • 1999年(平成11年):日展常務理事(2000年(平成12年)まで)
  • 2000年(平成12年)5月:「2000日本書芸院展」出品(大阪・天満橋松坂屋)
  • 2001年(平成13年):日展理事(2003年(平成15年)まで)
  • 2003年(平成15年)8月:高木聖鶴書展「美しい百人一首・みやびの世界」(和光ホール、後援・読売新聞社、朝陽書道会)
  • 2004年(平成16年)5月:「高木聖鶴書展」(岡山・サンロード吉備路、主催・総社市文化振興財団)
  • 同年:日展参事
  • 2005年(平成17年):日本書芸院名誉顧問

賞歴[編集]

  • 1973年(昭和48年):日展特選
  • 1991年(平成3年):日展内閣総理大臣賞
  • 1992年(平成4年):岡山県三木記念賞
  • 1993年(平成5年):岡山県文化賞
  • 1995年(平成7年)3月:日本芸術院賞(書・日展出品作「春」)

栄典[編集]

2013年11月3日、文化勲章親授式後に静岡県理事長本庶佑(左端)、高志の国文学館館長中西進(左から2人目)、東北工業大学理事長岩崎俊一(右から2人目)、俳優高倉健(右端)と皇居宮殿東庭で記念撮影

著作[編集]

  • 『かなの教室 1』、二玄社、1987年、ISBN:4544018315
  • 『かなの教室 2』、二玄社、1988年、ISBN:4544018323
  • 『書作品のまとめ方 6 かな 1 大字』、二玄社、1986年、ISBN:4544014433
  • 『本阿弥切古今集 (かな古典の学び方)』、二玄社、1991年、ISBN:4544019591
  • 『美しい百人一首』、二玄社、2003年、ISBN:4544140013
  • 『詩歌書例100選 9 古今和歌集』、二玄社、1998年、ISBN:4544016835
  • 『作品に学ぶ墨場必携〈かな小字篇 2〉』、同朋舎出版、1990年、ISBN:4810408825
  • 『針切(書道技法講座)』〔新装版〕、二玄社版、1988年、ISBN:4544019508
  • 『かな応用(読売書法講座)』、読売新聞、1994年、ISBN:4643940476
  • 『高木聖鶴作品集』、山陽新聞社、2013年、ISBN:4881977385

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “高木聖鶴氏が死去 書家”. 日本経済新聞. (2017年2月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H59_U7A220C1CC0000/ 2017年2月24日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h 「書家の高木聖鶴氏死去」『書家の高木聖鶴氏死去:時事ドットコム時事通信社2017年2月24日
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 「かな書家高木聖鶴氏が死去――文化勲章受章者、総社市出身93歳」『かな書家 高木聖鶴氏が死去 文化勲章受章者、総社市出身93歳: 山陽新聞デジタル|さんデジ山陽新聞社2017年2月24日
  4. ^ 松「文化勲章受章記念高木聖鶴展」『115_48』全日本美術新聞社。
  5. ^ a b 「かな書の道、究めて60年 文化功労者に高木さん/岡山県」、2006年11月1日付『朝日新聞』。
  6. ^ 朝日新聞人物データーベース[要文献特定詳細情報]
  7. ^ 「会員名簿」『公益社団法人 日展(日本美術展覧会)- 会員名簿日本美術展覧会2016年5月30日
  8. ^ 「役員紹介」『公益社団法人日本書芸院 役員紹介』日本書芸院、2016年11月9日
  9. ^ 「2016年度読売書法会の役員」『読売書法会の役員:読売書法会とは:読売書法会』読売書法会、2016年2月4日
  10. ^ a b 大臣官房人事課「平成25年度文化勲章受章者」『平成25年度 文化勲章受章者:文部科学省文部科学省2013年11月
  11. ^ 平成27年9月7日官報
  12. ^ 『官報』6992号、平成29年4月5日

参考文献[編集]

関連項目[編集]