近藤摂南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近藤 摂南(こんどう せつなん、1922年4月 - 2009年5月20日)は、日本書道家。本名は寿男。

大阪市生まれ。1945年、立命館大学卒業。炭山南木津金カク仙(「カク」は鶴の文字から鳥を取った文字)に師事。池大雅に大きな影響を受けた。旧来の書壇のあり方に疑問を呈し、自ら新書派を旗揚げ。寺山修司の詩を作品に仕上げるなどした。

日展理事、四天王寺女子大学教授のほか、新書派協会の会長などを務める。

主な受賞[編集]

  • 奈良県文化賞
  • 日展内閣総理大臣賞
  • 日本芸術院賞

主な著書[編集]

  • 「日本の言葉を書く - 漢字かな交じりの書 -」(天来書院、 2001年)