高光一也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高光 一也(たかみつ かずや、1907年1月4日 - 1986年11月12日)は、日本洋画家石川県石川郡潟津村(現在の金沢市北間町)出身[1]中村研一に師事。金沢工芸短期大学名誉教授。日展文部大臣賞芸術院賞受賞。芸術院会員。文化功労者

高光大船の長男で真宗大谷派専称寺前住職。

略歴[編集]

石川県立工業学校図案絵画科卒。中村研一に師事。 帝展新文展に出品。 1937年(昭和12年)に復活した新文展に『藁積む頃』を出品して特選[2]1939年(昭和14年)に開催された第一回聖戦美術展では『叢中忘己』で陸軍大臣賞を受賞する[3]

第二次世界大戦後は日展に出品、1955年金沢美術工芸大学教授。人物画、特に華やかな女性像を得意として、多くの作品を描いた。63年「収穫」で日展文部大臣賞受賞。71年日本芸術院賞受賞[4]、79年日本芸術院会員。1986年文化功労者。仏教に関する著作もある。

著作など[編集]

  • 生活の微笑 教育新潮社 1962 (昭和仏教全集 第7)
  • 高光一也自選画集 六芸書房 1970
  • 近作画集と歎異鈔ノート 六芸書房 1974
  • これでよかった 私の歎異抄ノートより 法蔵館 1984
  • 高光一也展 石川県立美術館 1984
  • 高光一也画集 六芸書房 1984
  • 高光一也展 女性像に美の極致を求めて 高岡市立美術館 北日本新聞社 1993
  • 高光一也展 没後10年 石川県立美術館 1996
  • 高光一也の画業 モダンの煌めき 生誕100年 石川県立美術館 2007

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 高光一也氏 年譜”. 石川県立美術館. 2013年6月17日閲覧。
  2. ^ 文部大臣賞と特選決まる『大阪毎日新聞』(昭和13年10月16日)『昭和ニュース事典第7巻 昭和14年-昭和16年』本編p665 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  3. ^ 陸軍大臣賞、朝日新聞社賞など決まる『東京朝日新聞』(昭和14年7月8日)『昭和ニュース事典第7巻 昭和14年-昭和16年』本編p311
  4. ^ 『朝日新聞』1971年4月10日(東京本社発行)朝刊、23頁。

外部リンク[編集]