日比野五鳳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日比野五鳳記念美術館

日比野 五鳳(ひびの ごほう、1901年2月20日 - 1985年1月27日)は、日本書家昭和の三筆の一人。息子日比野光鳳も書家。

略歴[編集]

大垣中学校(現在:大垣北高校)に入学後、大野百錬から指導を受ける。

作品[編集]

  • 『ひよこ』(1968)
  • 『奈良七重』(1981)

その他[編集]

岐阜県神戸町日比野五鳳記念美術館がある。 また神戸町役場の入口ロビーには、氏による山上憶良の子等を思う歌一首とその反歌を書にしたものが壁書として彫り込まれている。

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1965年4月10日(東京本社発行)朝刊、14頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]