八木義徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

八木 義徳(やぎ よしのり、1911年明治44年)10月21日 - 1999年平成11年)11月9日)は、日本の小説家日本芸術院会員。

略歴[編集]

北海道胆振国室蘭郡室蘭町大字札幌通4丁目(現在の室蘭市中央町1丁目)に、父「田中好治」、母「八木セイ」の次男として生まれる。父の好治は山梨県東山梨郡春日居村(現・笛吹市春日居町)の出身で、東京帝国大学医科大学を卒業し、義徳が出生した時点では町立室蘭病院に務めていた。その後、独立して室蘭市内に田中病院を開業している。一方、母のセイは青森県東津軽郡油川村(現在の青森市大字油川字大浜)出身で、北海道小樽市の海産物商の養女となるが養家が没落し、室蘭で芸妓となり田中好治と知り合った。

1924年(大正13年)4月に北海道庁立室蘭中学校(現在の北海道室蘭栄高等学校)に入学し、北海道帝国大学附属水産専門部製造科(現在の北海道大学水産学部)に進学するも中退する。1933年(昭和8年)4月に第二早稲田高等学院を経て、1935年(昭和10年)4月に早稲田大学文学科仏蘭西文学専攻に入学し、1938年(昭和13年)3月に卒業。高等学院時代の1934年(昭和9年)10月に中村八朗辻亮一多田裕計らと同人雑誌「黙示」を創刊し、大学時代には第三次『早稲田文学』復刊に参加する。1944年、応召中に「劉広福(リュウカンフー)」で第19回芥川龍之介賞受賞(小尾十三「登攀」と同時受賞)。

有島武郎ドストエフスキーに心酔し、横光利一に師事、1937年、『海豹』発表。満州理化学工業に入社する。

義徳は1935年(昭和10年)10月に久保田りよと結婚し1大人が生まれるが、出征中の1945年3月10日の東京大空襲により妻と子は焼死している[1]。義徳は1946年に復員すると兄・義弘と母のセイが住む神奈川県横浜市鶴見区馬場町に移住する[1]

兄の義弘は鶴見区小野町の日本鋼管川崎病院の医師に勤務していた経験があり、院長との交流により川崎病院に看護師として勤務する中込正子との知縁が生まれた[1]。中込正子は山梨県中巨摩郡在家塚村(現・南アルプス市在家塚)の出身であった。義弘は中込正子と義徳を引き合わせ、1950年(昭和25年)11月18日に義徳と正子は結婚する[1]

義徳の作品には『母子鎮魂』(1946)、『私のソーニャ』(1948)、『摩周湖』(1971)、『風祭』(1976、翌年読売文学賞受賞)などがある。

晩年、評価が高まり、1988年に、日本芸術院賞恩賜賞。その翌年から日本芸術院会員。1990年には『八木義徳全集』全八巻(福武書店)が刊行され、菊池寛賞を受賞した。

1998年11月9日、起立性低血圧の発作で入院していた東京都町田市の多摩丘陵病院で死去。戒名は景雲院随心義徳居士[2]

著作[編集]

  • 『母子鎮魂』世界社 1948
  • 『美しき晩年のために』大日本雄弁会講談社 1949
  • 『私のソーニヤ』文芸春秋新社 1949
  • 『野性の舞踏』北辰堂 1955
  • 『七つの女の部屋』鱒書房(コバルト新書) 1955
  • 『女 小説集』河出新書 1956 のち旺文社文庫 
  • 『あした鳴る鐘』秋元書房 1960
  • 『私は愛する』秋元書房 1961
  • 『四国遍路の旅 観光地から山寺まで』秋元書房(トラベル・シリーズ) 1962
  • 『友あり愛あり』秋元書房 1966
  • 『摩周湖』土筆社 1971 『摩周湖・海豹 他5編』旺文社文庫
  • 『私の文学』北苑社 1971
  • 『風祭』河出書房新社 1976
  • 『壊れかかった家』袖珍書林 1976
  • 『海明け』河出書房新社 1978
  • 『男の居場所』北海道新聞社 1978
  • 『北風の言葉』北洋社 1980
  • 『劉広福』成瀬書房 1980
  • 『一枚の絵』河出書房新社 1981
  • 『遠い地平』新潮社 1983
  • 『漂雲』河出書房新社 1984
  • 『まちがえた誕生日』花曜社 1984
  • 『家族のいる風景』福武書店 1985 のち文庫 
  • 『命三つ』福武書店 1987
  • 『夕虹』福武書店 1989
  • 八木義徳全集』全8巻 福武書店 1990
  • 『文学の鬼を志望す』福武書店 1991
  • 『何年ぶりかの朝 八木義徳自選随筆集』北海道新聞社 1994
  • 『文章教室』作品社 1999
  • 『われは蝸牛に似て』作品社 2000
  • 『私のソーニャ 八木義徳名作選』講談社文芸文庫、2000

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 保阪(2012)、p.192
  2. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)238頁

参考文献[編集]

  • 保坂雅子「八木義德 中込正子宛書簡翻刻」『資料と研究 第十七輯』山梨県立文学館、2012年

外部リンク[編集]