藤本東一良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤本 東一良(ふじもと とういちりょう、1913年6月27日 - 1998年9月17日)は、洋画家日本芸術院会員。リズミカルな筆触、明快な色調の風景画を得意とした。

経歴[編集]

静岡県伊豆下田生まれ、すぐ大阪に移住。鹿子木孟郎赤松麟作に師事、1931年(昭和6年)大阪天王寺中学校(現・大阪府立天王寺高等学校)卒、上京し川端画学校に学ぶ。1935年(昭和10年)東京美術学校入学、1937年(昭和12年)ポール・ゴーギャンに憧れて南洋旅行。美校卒。 寺内萬治郎藤島武二に師事[1]1939年(昭和14年)光風会展で初入選、F氏賞、海洋美術展で海軍協会賞、1942年(昭和17年)光風会展特賞。

1946年(昭和21年)光風会会員、日展特選。1954年(昭和29年)-1955年渡欧。1959年(昭和34年)日展審査員。1993年「展望台のユーカリ」で日本芸術院賞恩賜賞受賞、日本芸術院会員、日展理事。光風会常任理事、日展顧問、日本美術家連盟常任理事。

1964年(昭和39年)から1973年(昭和48年)まで東京教育大学講師、1971年(昭和46年)より1986年(昭和61年)まで金沢美術工芸大学講師として後進の指導にもあたった。 1998年(平成11年)9月17日、心室細動のため東京都新宿区の朝日生命成人病研究所付属医院で死去。享年85[2]

出版物[編集]

  • フランスを題材にした風景画を描いた。『藤本東一良画集』(日動出版部、1995年)がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 藤本東一良『出身県別 現代人物事典 西日本版』p991サン・データ・システム 1980年
  2. ^ 藤本東一良”. 『日本美術年鑑』平成11年版(424-425頁) (2014年). 2022年7月3日閲覧。