藤本東一良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 東一良(ふじもと とういちりょう、1913年6月27日 - 1998年9月17日)は、洋画家日本芸術院会員。

静岡県伊豆下田生まれ、すぐ大阪に移住。鹿子木孟郎赤松麟作に師事、1931年大阪天王寺中学校(現・大阪府立天王寺高等学校)卒、上京し川端画学校に学ぶ。1935年東京美術学校入学、1937年ポール・ゴーギャンに憧れて南洋旅行。美校卒。寺内萬治郎藤島武二に師事。1939年光風会展で初入選、F氏賞、海洋美術展で海軍協会賞、1942年光風会展特賞。

1946年光風会会員、日展特選。1954-1955年渡欧。1959年日展審査員。1993年「展望台のユーカリ」で日本芸術院賞恩賜賞受賞、日本芸術院会員、日展理事。光風会常任理事、日展顧問、日本美術家連盟常任理事。

フランスを題材にした風景画を描いた。『藤本東一良画集』(日動出版部、1995)がある。