芦原義信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あしはら よしのぶ
芦原 義信
人物情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 1918年(大正7年)7月7日
日本の旗 日本 東京都
死没 2003年9月24日(満85歳没)
東京都新宿区
母校 東京帝国大学(学士)
ハーバード大学(修士)
所属 芦原義信建築設計研究所
業績
建築物 オリンピック駒沢体育館・管制塔
ソニービル
国立歴史民俗博物館
東京芸術劇場
著作 街並みの美学
受賞 日本建築学会賞作品賞(1960年)
日本芸術院賞(1984年)
文化勲章(1998年)

芦原 義信(あしはら よしのぶ、1918年7月7日 - 2003年9月24日)は日本建築家ソニービル東京芸術劇場などの作品で知られる。また『街並みの美学』で(戦後日本では)いち早く都市景観の重要性を述べた。

略歴[ソースを編集]

東京府(現・東京都)生まれ。府立一中(現・東京都立日比谷高等学校)、旧制成城高校を経て、1942年昭和17年)東京帝国大学工学部建築学科卒業、技術士官として海軍に入る。

1945年(昭和20年)、坂倉準三アトリエ系建築設計事務所に入所。1953年(昭和28年)、ハーバード大学大学院で修士号(M.Arch.)取得後、マルセル・ブロイヤーの事務所に入所。

1956年(昭和31年)、芦原建築設計研究所を開設。1959年(昭和34年)、法政大学教授。1961年(昭和36年)、工学博士(東京大学)。学位論文の題は「建築の外部空間に関する研究 」[1]1965年(昭和40年)、武蔵野美術大学教授。武蔵野美大では建築学科の創設に関わった。1970年(昭和45年)、東京大学教授。1979年(昭和54年)、アメリカ建築家協会名誉会員。同年、東大を定年退官。1985年(昭和60年)、日本建築学会会長。1987年(昭和62年)、王立オーストリア建築家協会名誉会員。2003年平成15年)、東京大学名誉教授。

その他武蔵野美術大学名誉教授。日本芸術院会員。日本建築美術協会会長。

作品[ソースを編集]

オリンピック駒沢体育館・管制塔
ソニービル

受賞歴[ソースを編集]

著作[ソースを編集]

家族・親族[ソースを編集]

舞踊家の芦原英了は四兄。母方の叔父が画家藤田嗣治。同じく母方の叔父で嗣治の兄・嗣雄は陸軍軍人・児玉源太郎の四女と結婚している。劇作家小山内薫は母の従弟、小説家岡田八千代は母の従妹。長男の芦原太郎、甥の芦原信孝も同じく建築家。

なお小山内薫の係累からは岡田三郎助立松和平山中聡山中崇史らと、児玉源太郎の係累からは木戸幸一都留重人広沢真臣池田勇人らと縁続きになり、さらには鳩山一郎宮澤喜一小川平吉杉本甫岩崎弥太郎鎮西清高松山棟庵らも芦原と縁戚関係になる。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 『朝日新聞』1984年4月5日(東京本社発行)朝刊、22頁。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]