蓮田修吾郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蓮田 修吾郎(はすだ しゅうごろう、1915年8月2日 - 2010年1月6日)は、鋳金家。文化勲章受章、日本芸術院会員。

人物[編集]

石川県金沢市生まれ。石川県立工業学校図案絵画科卒、東京美術学校卒。

高村豊周に師事、1959年に「野牛とニンフ」で日展文部大臣賞、1962年に「森の鳴動」で日本芸術院賞をそれぞれ受賞。

1975年東京芸術大学教授に就任。日本藝術院会員。

1987年文化功労者に選出され、1991年文化勲章を受章した。また、1996年に日展顧問を委嘱された。

2010年1月6日敗血症の為に死亡[1]。94歳没。

著書・作品集[編集]

  • 黄銅への道 金属造型作家のあゆみ 日貿出版社, 1979
  • 蓮田修吾郎金属造型 京都書院, 1981
  • 公共の空間へ 金属造型作家の活動 日貿出版社, 1982
  • 環境造型への対話 日貿出版社, 1986

脚注[編集]

  1. ^ 蓮田修吾郎氏死去 産経新聞 2010年1月12日閲覧

関連項目[編集]