田中塊堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 塊堂
(たなか かいどう)
生誕 田中 英市[1][2][3]
1896年2月10日[3]
岡山県小田郡山田村[4](現・矢掛町[5]
死没 (1976-02-01) 1976年2月1日(79歳没)[3]
大阪府大阪市[3]
国籍 日本の旗 日本
教育 相沢春洋[3]
田中親美[3]
出身校 大阪貿易語学校[2]
著名な実績 書道
代表作 「浜木棉」(1963年)[3]
選出 日展評議員[3]
日本書芸院理事長[3]
帝塚山学院大学教授[2][3]
活動期間 昭和時代[2]
この人物に影響を
与えた芸術家
川谷尚亭[1]

田中 塊堂(たなか かいどう、1896年明治29年)2月10日 - 1976年昭和51年)2月1日)は、岡山県小田郡山田村(現・矢掛町)出身[4]日本書家[3]。本名は英市[3]

それまで細字に限られていた仮名(かな)の表現範囲を広め現代仮名書壇の基礎を築いた[5]

来歴[編集]

1896年(明治29年)2月10日、岡山県小田郡山田村[4](現・矢掛町)に生まれる[3][5]。1922年(大正11年)、大阪貿易語学校を卒業[2][3]。1924年(大正13年)、28歳で川谷尚亭に師事して漢字の書を学び、かなは独学で古筆を習得した[1][2][3]。この時期、相沢春洋田中親美らと親交を持った[3]

1931年(昭和6年)、第2回泰東書道院書道展にて特選を受賞、この後3回連続の特選となる[3]。1938年(昭和13年)より複数の書道展で審査員を務めるようになり、1938年(昭和13年)に泰東書道院日本書道院、翌1939年(昭和14年)に平安書道会、1948年(昭和23年)毎日書道展、1951年(昭和26年)より日展で審査員を務めた[1][3]

1957年(昭和32年)より日展評議員、1959年(昭和34年)より日本書芸院理事長に就任[3]。また、自らが主宰を務める千草会で季刊誌『かな研究』を刊行した[2][3]

1960年(昭和35年)大阪芸術賞を経て1969年(昭和44年)、第11回日展出品作品「平和」[6]日本芸術院賞を受賞[1][2][3][7][注釈 1]。また1975年(昭和50年)には勲三等瑞宝章を受章した[3]

書道の傍ら大阪女子商業高等学校(現あべの翔学高等学校)、帝塚山学院高等女学校(現帝塚山学院中学校・高等学校)にて教職に就いた[3]。1966年(昭和41年)より帝塚山学院大学教授[2][3]

古写経の調査・研究分野でも知られ、「古写経綜鑒」(1942年)、「日本古写経現存目録」(1973年)を刊行しているほか、1961年(昭和41年)「書道より見たる日本写経史の研究」で龍谷大学文学博士となった[2][3][5]

1976年(昭和51年)2月1日、胃がんのため大阪市の病院で死去、享年79[3]

著書[編集]

脚注・出典[編集]

脚注
  1. ^ 編注:受賞作品の出品年(前年以前)と受賞年(翌年以降)が最低でも1年以上ずれるため、出典文献により受賞年に食い違いが見られる。
出典
  1. ^ a b c d e 美術人名辞典. “田中塊堂”. コトバンク. 2016年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j デジタル版 日本人名大辞典+Plus (2015年9月). “田中塊堂 たなか-かいどう”. コトバンク. 2016年11月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「田中塊堂」(2015年12月14日)、2016年11月15日閲覧。
  4. ^ a b c 田中塊堂 高梁川流域連盟 2018年8月11日閲覧
  5. ^ a b c d 小学館 日本大百科全書. “田中塊堂 たなかかいどう (1896―1976)”. コトバンク. 2016年11月15日閲覧。
  6. ^ 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「昭和43年度(第25回)恩賜賞日本芸術院賞決定」(1969年4月)、2016年11月15日閲覧。
  7. ^ 歴代授賞者詳細”. 日本芸術院. 2016年11月15日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]