阪田誠造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阪田誠造
生誕 (1928-12-27) 1928年12月27日
大阪府大阪市
死没 (2016-07-21) 2016年7月21日(87歳没)
東京都世田谷区
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学理工学部
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞(1977年)
吉田五十八賞(1989年)
村野藤吾賞(1989年)
日本芸術院賞(1990年)
所属 坂倉建築研究所
建築物 東京都立夢の島総合体育館
東京サレジオ学園

阪田 誠造(さかた せいぞう、1928年12月27日 - 2016年7月21日)は、日本建築家

略歴[編集]

大阪府大阪市出身。1951年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。同年坂倉準三建築研究所入所。

坂倉準三死後に西沢文隆らと共に坂倉建築研究所を設立し、取締役東京事務所長。1985年〜1999年まで代表取締役を務め、1999年以後は最高顧問を務めた。

明治大学理工学部教授を務め、後進の育成に努めた。

2016年7月21日、心不全のため死去[1][2]。87歳没。

受賞[編集]

名古屋JRセントラルタワーズ

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【訃報】阪田誠造氏=建築家 読売新聞 2016年7月28日
  2. ^ “建築家の阪田誠造氏が死去”. 産経新聞. (2015年7月28日). http://www.sankei.com/life/news/160728/lif1607280019-n1.html 2016年7月28日閲覧。