鈴木信太郎 (フランス文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
すずき しんたろう
鈴木 信太郎
Shintaro Suzuki 1955.jpg
東大文学部長室にて(1955年)
生誕 1895年6月3日
東京市
死没 1970年3月4日
東京都
出身校 東京帝国大学
職業 フランス文学者
配偶者 花子
子供 弌子、楚子、成文道彦

鈴木 信太郎(すずき しんたろう、1895年6月3日 - 1970年3月4日)は、フランス文学者、日本芸術院会員。

人物[編集]

神田佐久間町生まれ。温雅な学究・教育者として、7歳上の辰野隆、2歳上で東京高師附属中の先輩でもある山田珠樹と力を合わせ、29年間の卒業生が22人という状態だった東大仏文科を活性化し、渡辺一夫伊吹武彦杉捷夫市原豊太川口篤小林秀雄今日出海中島健蔵三好達治佐藤正彰を始めとする幾多の後進を育てた。

学者として、フランソワ・ヴィヨンらの中世詩歌、マラルメヴァレリーらの近代象徴主義詩歌を緻密に研究し、紹介・翻訳・辞書・随筆に多くの文業を遺した。

東京大学教授、同文学部長、中央大学文学部教授、東洋大学教授、日本フランス語フランス文学会会長などを歴任した他、多くの大学に出講した。

また、水泳・ゴルフ・謡曲・将棋・篆刻・稀覯本収集・ワインなど、趣味も豊かであった。子息の一人鈴木道彦も、プルースト失われた時を求めて』全訳で読売文学賞を受賞している。

略歴[編集]

1895年明治28年)、神田川の川口に近い神田佐久間町の、富裕な米問屋に生まれ、東京女子師範附属幼稚園(現・お茶の水女子大学附属幼稚園)に通う。

1908年(明治41年)に東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1913年大正2年)に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。

1913年(大正2年)18歳、第一高等学校第一部丁類(仏語法科)に進み、翌年ボードレールの「悪の華」に取り組む。このころ、辰野隆(仏文学科在学中)を知り、以後半世紀、終生親しく交わる。1916年に東京帝国大学仏文学科へ進学。同期に岸田國士関根秀雄らがいた。

1917年(22歳)、東京高師附属中時代からの先輩である山田珠樹らと同人誌「ろざりよ」を創刊し、繁く短編小説を載せる。1919年、同人辰野隆ロスタンシラノ・ド・ベルジュラックを共訳し、一幕ずつ同誌に連載する。これは、以降徹底的に推敲して華麗な語彙をちりばめた名調子に実り、今に至るまで度重ねて、上演の台本に使われている。1920年東大文学部副手、1921年講師となる。初講義は、学生の希望に応えた「フランス近代叙情詩研究」であった。翌年、上記「シラノ・ド・ベルヂュラック」を初出版。その後太平洋戦争末期を除き、多数の著述を上梓した。辰野隆豊島与志雄山田珠樹と監修した「フランス文学叢書」は、1924年より刊行された。

1925年(30歳)、パリに私費留学。中世仏語を学ぶ一方で演劇・絵画展を見聞し、翌年帰国。多数の象徴派を主とした書籍を持ち帰る。1928年昭和3年)東池袋の邸内に鉄筋コンクリートの書斎を構え、これが後に1945年東京大空襲罹災では、蔵書焼失を防いだ。1931年東大助教授となる。第二次世界大戦下では、フランス書の輸入及び自著の出版の不自由に苦しむ。1945年4月、空襲で自宅を焼かれる。翌月文学博士の学位を得る。学位論文は、「ステファヌ・マラルメ詩集考」であった。

1947年(52歳)、東京大学仏文学科教授、1953年に文学部長となった。1954年夏、フランスおよびベルギーに出張。1956年定年退官し東大名誉教授、中央大学文学部教授となる。また、日本フランス語学会会長となり、翌年、日本フランス文学会会長となる。1960年、フランス政府よりレジオンドヌール三等勲章を受ける。1961年糖尿と心臓を病む。1962年、新設の日本フランス語フランス文学会の会長に推される。

1963年(66歳)、日本芸術院会員(翻訳評論部門)に選出。1966年中央大学を定年退職。衰える体力の中で、東洋大学文学部教授を勤める。1967年、日本フランス語フランス文学会の会長を辞し、名誉会長に推される。

1969年(74歳)春、東洋大学を退職。秋、一切の講義から身を引く。この年に生存者叙勲を辞退。1970年3月4日、大動脈瘤破裂により、自宅書斎で急逝。本人の遺言により遺族は没後受勲も辞退。

主な蔵書は、子息鈴木道彦が務めていた獨協大学図書館に収蔵され、図書目録『獨協大学図書館所蔵 鈴木信太郎文庫目録』(1997年)が発刊された。

東池袋5丁目にある旧居は東京都豊島区により取得・改修され、2018年春から「鈴木信太郎記念館」として一般公開されている[1]

著書[編集]

評論[編集]

  • ヴィヨン雑考 (創元社、1941年6月)
  • ステファヌ・マラルメ詩集考 上巻(高桐書院、1948年9月) /下巻(三笠書房、1951年4月) 。(1952年度、読売文学賞受賞)
  • フランス象徴詩派覚書 (青磁社、1949年3月)
  • フランス詩法(白水社、上巻、1950年11月 / 下巻、1954年8月) - 復刊1970年・2008年。(1955年・1954年度、日本芸術院賞受賞[2]
  • 詩人ヴィヨン (岩波書店、1955年6月、新装復刊1983年)

随筆[編集]

  • 文學付近 (白水社、1936年10月)
  • 文學外道(東京出版、1948年11月)
  • 文學遁走 (改造社、1949年12月)
  • 小話風のフランス文学 (河出書房〈河出新書〉、1955年10月)
  • 記憶の蜃気楼 (文藝春秋新社、1961年3月)  → 講談社文芸文庫(1991年)
  • 虚の焦点 (中央大学出版部、1970年7月) (遺稿集)

主な翻訳[編集]

  • シラノ・ド・ベルジュラック(ロスタン、辰野隆と共訳)(白水社、1922年10月) → 岩波文庫(1951年、のち改版)
  • 近代フランス小説集 (春陽堂、1923年)
  • 近代佛蘭西象徴詩抄 (春陽堂、1924年)
  • 半獣神の午後(マラルメ)(江川書店、1933年9月)。原著に倣った豪華本
  • ポエジイ(マラルメ、ランボーなど12詩人)(白水社、1933年11月)
  • 贋救世主アンフィオン 辰野・堀辰雄共訳、野田書房、1936年 → 沖積舎(新装復刊2005年)
  • 綺語詩篇(マラルメ)(野田書房、1937年9月)
  • ヴェルレエヌ詩集 (創元選書、1947年7月) → 岩波文庫(1951年、新版2004年ほか)
  • ヴィヨン詩鈔 (全国書房、1948年)
  • 半獣神の午後 他 (要書房、1949年) 
  • マラルメ詩集 (創元選書、1949年6月) → 岩波文庫(1963年)
  • ボオドレエル詩集 (創元選書、1949年11月) 
  • サン・ヌゥヴェル・ヌゥヴェル-ふらんす百綺譚 (洛陽書院、1949年) 渡辺一夫共訳(全2巻) 
    • ふらんすデカメロン サン・ヌーヴェル・ヌーヴェル (筑摩叢書、1964年、復刊1985年) 
      • 渡辺一夫・神沢栄三共訳 → (再改訳「ふらんすデカメロン」ちくま文庫〈上下〉、1994年)
  • 鈴木信太郎譯詩集〈上下〉 (白水社、1953年6月-8月) 
  • ビリチスの歌ピエール・ルイス)(白水社、1954年4月) → 新潮文庫角川文庫(のち改版)、講談社文芸文庫(1994年)
  • 呪はれた詩人達(ヴェルレーヌ)(創元選書、1951年5月) → 筑摩世界文學大系48 マラルメ/ヴェルレーヌ/ランボオ(筑摩書房)に収録
  • 悪の華(シャルル・ボードレール) (紀伊国屋書店、1960年10月) → 岩波文庫(1961年、のち改版)
  • ヴィヨン遺言詩集 (筑摩書房、1961年8月) 
  • ヴィヨン全詩集 (岩波文庫、1965年5月) 
  • ヴァレリー詩集(岩波文庫、1968年9月)。「ヴァレリー全集 第1巻 詩集」筑摩書房(監修)

辞書[編集]

  • スタンダード仏和事典 (大修館書店、1957年5月) 。渡辺一夫朝倉季雄ら7人との共編著
  • スタンダード仏和小事典 (大修館書店、1959年3月) 。渡辺、朝倉ら9人との共編

全集[編集]

  • 鈴木信太郎全集 全5巻(1+2 訳詩、3+4 研究、5 随筆)+補巻(拾遺・雑攷)、(大修館書店、1972年2月 - 1973年12月)

評伝[編集]

  • 鈴木道彦『フランス文学者の誕生 マラルメへの旅』(筑摩書房、2014年10月)。回想を交えた評伝
    • 「フランス文学者の誕生-鈴木家の人びと」で、筑摩書房のPR誌「ちくま」に連載(2011年5月号から2013年4月号まで)。大幅に改稿加筆し刊行。

脚注[編集]

  1. ^ 豊島区立郷土資料館・ミュージアム開設準備だより『かたりべ』第123号”. 豊島区. 2017年8月1日閲覧。
  2. ^ 『朝日新聞』1955年3月1日(東京本社発行)朝刊、11頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]