諸橋轍次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
諸橋轍次
諸橋轍次

諸橋 轍次(もろはし てつじ、1883年6月4日 - 1982年12月8日)は、漢字研究者で大著『大漢和辞典』や『広漢和辞典』(ともに大修館書店刊)の編者。文学博士東京文理科大学名誉教授都留短期大学および都留文科大学の(四年制大学としての)初代学長。本人によると直江兼続子孫である。止軒[1]

同郷の社会学者建部遯吾従兄にあたる。(諸橋轍次の父安平の兄慶三郎の子が建部遯吾)

三男の諸橋晋六は静嘉堂文庫理事長のほか三菱商事社長・会長も務めた。

経歴[編集]

新潟県南蒲原郡庭月村(後に四ツ沢村森町村下田村、現在の三条市庭月)に生まれた。東京高等師範学校卒業後、漢学の教員として同校に勤める。青年時代、中国にも留学。この時に満足できる辞書がなかったことが、後の『大漢和』の製作に繋がっていった[2]

1925年、大修館の鈴木一平が諸橋のもとを訪れ、巨大な漢和辞典の構想を持ちかけられる。本格的な製作の開始は1929年からだった。

1929年1月に文学博士。論文の題は「儒学の目的と儒(慶暦慶元百六十年間)の活動」。 1943年、第1巻が完成した。諸橋はこれにより翌年の朝日賞を受賞した。しかし1945年東京大空襲で大修館が罹災。組み上がっていた印刷用の版が全て溶けてしまったため、太平洋戦争後、完成していた巻と校正刷りをもとに再スタートを切った。

1946年、諸橋は長年の無理が祟って右目を失明、左目も明暗がやっとわかる程度にまで悪化し、1955年に右目の開眼手術を受けた。

1948年國學院大學文学部教授となるも翌年退任した。

1957年、諸橋は都留文科短期大学学長に就任し、2年後に退任した。1960年、四年制大学への移行と同時に初代学長として就任、同職を1964年まで務めた。

1960年、『大漢和辞典』全13巻が完成した。諸橋はこの功績により1965年文化勲章を受章、数十年にわたり修訂し刊行された。[3]

1972年に『中国古典名言事典』(講談社、のち講談社学術文庫、各・多数重版)、1975年-1977年に『著作集』(全10巻 大修館書店)が刊行された。

1976年勲一等瑞宝章を受章した。1982年11月、大漢和の縮小版『広漢和辞典』を刊行し、同年の12月8日に99歳で大往生した。

三条市は顕彰のため1992年に記念館を開設。2018年9月30日には第1回の「諸橋轍次記念漢字文化理解力検定」実施を公表している[4]

主な著書(新版)[編集]

  • 『中国古典名言事典』 講談社+講談社学術文庫
  • 大学新釈』 致知出版社、2005年
  • 『乱世に生きる中国人の知恵』講談社、2001年
  • 『荘子物語』講談社学術文庫、1988年
  • 孔子老子釈迦「三聖会談」』講談社学術文庫、1982年

伝記・回想、出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 止軒の止は、『荘子』の徳充符篇にある、「仲尼曰:人莫鑑於流水而鑑於水,…」(仲尼曰く、人は流水に鑑みること莫(な)くして、止水に鑑みる)からの引用(莊子/德充符)。「止水に鑑みる」とは、静止した水を鏡としてそこに姿をうつすことで、雑念のない虚静の心に物をうつして、その真実をとらえるという意味である。原田種成(はらだ たねしげ、1911年 - 1995年)は、「この止軒という号に先生の生き方をうかがうことができる。」と述べている(原田種成 p.109)。
  2. ^ 「中国では康熙字典はあるが熟字はなく、佩文韻府は成語は多いが解釈はない。では一つ自分がやってみようかと、おぼろげに感じた」(「私の履歴書」より)
  3. ^ ただし原田種成によれば、「高等師範の出身者は漢文の読解力が不足していたから『大漢和』の原稿作成に関与することはとうていでき」ないため原田ら大東文化學院(現・大東文化大学)の出身者が実際の執筆に携わり、かつ諸橋轍次は大漢和辞典を一字も書いていないばかりか校正刷りすら見ていないという。
  4. ^ 第1回諸橋轍次記念漢字文化理解力検定を実施します三条市(2018年8月20日閲覧)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]