鈴木信太郎 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木信太郎

鈴木 信太郎(すずき しんたろう、1884年明治17年)11月8日 - 1958年昭和33年)6月27日[1])は、日本の内務官僚。官選府県知事錦鶏間祗候

経歴[編集]

山形県南置賜郡米沢芳泉町(のち南原村大字芳泉町、現米沢市)出身[1]。元米沢藩士・鈴木幸松の長男として生まれ、母方の祖父・鈴木伊和太の養子となる。第一高等学校を経て、1909年東京帝国大学法科大学法律学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1910年内務省に入り、石川県警部に任官した。

1910年12月、愛媛県警視となる。以後、岩手県事務官神奈川県理事官島根県警察部長、台湾総督府警視兼参事官、内務書記官、地方局市町村課長などを歴任。

1923年10月、奈良県知事に就任。以後、岐阜県山梨県長野県長崎県の各知事を歴任。1935年1月、京都府知事となる。水害による鴨川などの災害復旧と改修事業に取り組んだ。1936年4月に京都府知事を辞し退官した。

1958年6月27日死去。享年74。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『山梨百科事典』増補改訂版、518-519頁。
  2. ^ 『官報』第2858号・付録、「辞令」1922年02月14日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『山梨百科事典』増補改訂版、山梨日日新聞社、1989年。