中井弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中井 弘
中井弘.jpg
生年月日 1839年1月14日
没年月日 (1894-10-10) 1894年10月10日(55歳没)
称号 錦鶏間祗候

在任期間 1884年7月9日 - 1890年5月21日

在任期間 1890年5月21日 - 同10月20日

在任期間 1890年9月29日[1] - 1894年10月10日

在任期間 1893年11月 - 1894年10月10日
テンプレートを表示

中井 弘(なかい ひろし / ひろむ[注 1]天保9年11月29日1839年1月14日) - 明治27年(1894年10月10日)は、日本の武士(薩摩藩士)、外交官政治家である。号は桜洲(桜州山人)。別名:横山休之進、鮫島雲城、後藤休次郎、田中幸介、中井弘蔵。書家としても知られる。鹿鳴館の名付け親でもある。著書に『合衆国憲法略記』『西洋紀行航海新説』『魯西亜土耳其漫遊記程』などがある。逸話が多く、明治の怪傑、奇人、滑稽家として知られた[2][3]

経歴[編集]

薩摩藩鹿児島城下に藩士・横山休左衛門(詠介)の長子として生まれ(幼名:休次郎、元服後休之進)、藩校の造士館に学ぶ[4]。祖父の代までは藩の重職にあったが、父の代には没落し経済的に困窮していた[5]。その後、脱藩して京都に行き[4]浪人となるが、後藤象二郎坂本龍馬らにその剛毅な性格を愛され、彼らが工面した資金で、1866年11月(慶応2年10月)に土佐結城幸安とともに[6]イギリスへ密航留学する。1867年春に帰国[6]。その後、宇和島藩周旋方として京都で活躍。中井弘三と改名し、1868年1月、外国事務各国公使応接掛となる[4]

同年3月のイギリス公使パークス襲撃事件では、パークス一行の護衛として襲撃犯の一人・朱雀操と斬り合い、自身も頭部に傷を負いながらも朱雀の胸部を刺し、後から駆けつけた後藤に朱雀が斬られて倒れたところを首を刎ねた。パークスらを救った功績により、後藤と共にイギリス・ビクトリア女王から宝刀を贈られた。この一件により、尊王攘夷派から「同志を斬り外国人を守る国賊」として暗殺されるおそれが出たため、尊王家・高山彦九郎を弔う詩を書きつけた名入りの扇数百本を京都寺町の扇屋に注文し、わざと代価を支払わず、扇屋が叩き売るのを待ってそれを市中に流通させ、中井に尊王の意ありと広く知らしめることで難を逃れた[4]

その後、寺島宗則らとともに外交面で活躍。その後、明治17年滋賀県知事貴族院議員を歴任。明治23年(1890年)10月20日、錦鶏間祗候となる[7]。明治26年(1893年京都府知事に就任し、在任中は第4回内国勧業博覧会や京都舞鶴間鉄道の建設に力を尽くしたが、完成を待たずして執務中に脳出血で倒れ、死去。享年57。

人物・逸話[編集]

中井弘寓居跡 京都三条木屋町下ル
  • 井上馨の妻の武子(新田俊純の娘)は当初中井の妻であったが、ゆえあって離別し、大隈重信にあずけられた。間もなく井上が武子をみそめ、大隈、伊藤博文らの世話で結婚することになった。式の当夜に中井が大隈邸に顔を出したため、関係者が大いに慌てたという。
  • 中井の娘(二番目の妻との子)・貞子は、原敬の最初の妻である。そのため原は中井と気が合ったらしい。
  • 岩倉具視大久保利通が囲碁をやっていた際、碁盤を転覆させたり、樺山資紀を公衆の面前で大声で叱責したり、宴席にて明治天皇の御前で西村茂樹ビール瓶で殴打するなど、奇行が多かった。
  • 幕末・明治期の著名人を写した写真のアルバムを残しており、その中に唯一写っている女性の立ち姿の写真が楢崎龍(龍馬の妻)ではないかと言われ[8]平成20年(2008年)に高知県立坂本龍馬記念館警察庁科学警察研究所に鑑定を依頼したところ、立ち姿の写真と晩年の写真とをスーパーインポーズ法により写真比較した結果、「同一人物の可能性がある」との鑑定結果が出された[9][10][11][12][注 2]。しかし、この結果を受けて、立ち姿の写真が「若き日のお龍の写真」として扱われるようになったものの、科警研の人物比定方法に問題があるとの意見があり[13]、また同様の写真は他にも見つかっており、今では否定されている[注 3]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『中井桜洲 明治の元勲に最も頼られた名参謀』(屋敷茂雄)には読み方はひろしではなく「ひろむ」が正しいと書かれているが、他の多くの文献は「ひろし」をとっている。
  2. ^ 平成20年(2008年)の科学警察研究所の鑑定書では、正確には「別人と判定するに足る形態学的相違点は認められない」「両者を同一人と判定する上で有効な形態学的類似所見が散見される」と記されており、最終的に「同一人の可能性がある」と結論づけている。
  3. ^ 鈴木かほる「龍馬が愛した女たち-お龍を中心に-」(『坂本龍馬伝』、新人物往来社、平成21年(2009年)掲載)では「警察庁科学警察研究所による確たる検証結果が得られなかった」とコメントしている。

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  2. ^ すねもの奇人変人樋口紅陽 著 (日本書院, 1921)
  3. ^ 滑稽日本史町田柳塘, 樋口麗陽, 晴光館, 1920
  4. ^ a b c d 超常識と没常識 : 人間の裏と表蒼海楼主人, 東海山人, 日本書院, 大正9
  5. ^ *中井桜洲横山詠太郎、1926年
  6. ^ a b 森有礼とキリスト教 林竹二、東北大学教育学部研究年報第16集、1968年
  7. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  8. ^ 昭和57年(1982年12月22日高知新聞
  9. ^ 『若い日の「お龍さん」写真は本物? 警察庁科警研が鑑定』(平成20年(2008年5月15日読売新聞
  10. ^ 『やっぱりお龍さん? 写真の女性、龍馬の妻の「可能性」』(平成20年(2008年)5月16日朝日新聞
  11. ^ 『お龍:異論あった若い写真「別人の根拠なし」』(平成20年(2008年)5月15日付毎日新聞
  12. ^ 『若き日の龍馬の妻と「同一人の可能性」科警研』(平成20年(2008年)5月15日産経新聞
  13. ^ 森重和雄「古写真探偵 龍馬が愛したおりょうさん」(『歴史通』平成23年(2011年)7月号掲載)
  14. ^ 『官報』第354号「叙任及辞令」1884年9月1日。
  15. ^ 『官報』第544号「賞勲叙任」1885年4月28日。
  16. ^ 『官報』第1476号「叙任及辞令」1888年6月2日。
  17. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。

外部リンク[編集]