西脇隆俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西脇 隆俊
にしわき たかとし
Takatoshi Nishiwaki IMG 0884-28 20181111.jpg
第43回エリザベス女王杯表彰式
(2018年11月11日)
生年月日 (1955-07-15) 1955年7月15日(63歳)
出生地 日本の旗 京都府京都市下京区
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員国土交通省
復興庁事務次官
所属政党 無所属
称号 法学士東京大学1979年
公式サイト 安心・いきいき・京都力│にしわき隆俊(たかとし)オフィシャルサイト

日本の旗 公選第19代 京都府知事
当選回数 1回
在任期間 2018年4月16日 - 現職
テンプレートを表示

西脇 隆俊(にしわき たかとし、1955年7月15日 - )は、日本政治家国土交通官僚京都府知事(公選第19代)。元復興庁事務次官

京都市会議長や自由民主党京都府連幹事長を務めた元京都市会議員の西脇尚一は父[1]

来歴[編集]

京都府京都市下京区生まれ[2][3]洛星高等学校東京大学法学部卒業[2]。洛星高校では野球部に所属しており、ポジションピッチャー[2]1979年建設省(現国土交通省)に入省[2]。国土交通省総合政策局長や大臣官房官房長国土交通審議官を経て、2016年6月より復興庁事務次官[2]2017年7月に退任し、復興庁顧問[4]

2018年1月、自民・民進公明の3党が、山田啓二京都府知事の不出馬に伴う京都府知事選挙に西脇を擁立する方向で調整していることが報じられ[4]1月28日に3党の京都府連が西脇の擁立を正式に表明した[1]2月10日、西脇は京都市内で記者会見を開き、無所属で京都府知事選挙に立候補する意向を表明[3]。選挙戦では立憲民主党旧希望の党からも推薦を受け[5]、山田前知事による府政の継承を訴えて、日本共産党が推薦した弁護士の福山和人との一騎打ちを制して初当選した[6]4月16日、京都府庁に初登庁し、正式に知事に就任した[7]

年譜[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]