西脇隆俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西脇隆俊
にしわき たかとし
生年月日 (1955-07-15) 1955年7月15日(63歳)
出生地 京都府京都市下京区
出身校 東京大学法学部
前職 復興庁事務次官
現職 京都府知事
所属政党 無所屬
称号 法学士

日本の旗 公選第19代京都府知事
当選回数 1回
在任期間 2018年4月16日 - 現職
テンプレートを表示

西脇 隆俊(にしわき たかとし、1955年7月15日 - )は、日本政治家、元官僚。公選第19代京都府知事

復興庁事務次官国土交通審議官国土交通省大臣官房長等を歴任。

人物[編集]

京都府京都市下京区出身。父親は元京都市会議員を務めた人物である[1]

私立洛星高等学校時代は野球部に所属して主戦投手として活躍[2]

1979年に東京大学法学部を卒業して建設省(当時)に入省[3]。以後は建設省⇒国土交通省の職員として大臣官房審議官(国土計画局)、道路局次長、大臣官房総括審議官、総合政策局長、大臣官房長などを歴任し、2015年7月に国土交通審議官を拝命した[3]

2016年に復興庁へ転じて同庁事務次官に就任[4]。同次官を1年務めて2017年に退官した[5]

2018年、現職で第18代知事の山田啓二が引退を表明したことに伴い、その後継候補者として京都府知事選挙に擁立される[1]

2018年4月8日、選挙に於いて福山和人候補を下して京都府知事に初当選を果たした[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]