岩崎小二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩崎 小二郎(いわさき こじろう、弘化3年1月1846年) - 1895年明治28年)6月22日)は、幕末の大村藩士、明治期の大蔵内務官僚政治家県知事元老院議官貴族院議員。旧姓・朝山。

経歴[編集]

大村藩・朝山松台の二男として彼杵郡下嶽村に生まれる。藩校五教館に入り松林廉之助に学び、藩内の尊皇攘夷派に加わり活動した。

明治2年6月1869年7-8月)、民部官に出仕し、大主典兼監督大祐、兼庶務大祐、権少史などを務める。明治4年1月1871年)から黒田清隆開拓次官に随行しアメリカ合衆国ヨーロッパを訪問。同年7月から大蔵省留学生としてロンドンで学び、1874年7月に帰国。大蔵省七等出仕となり、1876年、大蔵少丞兼国債助に就任。

1876年、大蔵少書記官となり、大蔵権大書記官兼銀行局長、大蔵省書記局御用掛などを歴任し、参事院議官補に就任し、法制局参事官となる。1889年12月、秋田県知事に発令されたが、胃病のため辞退し赴任せず、1890年3月、元老院議官に任じられた。同年5月、滋賀県知事に転任。以後、大分県知事、福岡県知事を歴任。

1895年 4月、貴族院勅選議員に任じられたが、胃癌のため同年6月に福岡で死去。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  2. ^ 『官報』第5393号「叙任及辞令」1895年6月22日。
  3. ^ 『官報』第3557号「叙任及辞令」1895年5月11日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。