内田隆 (秋田県知事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 隆(うちだ たかし、1879年明治12年)3月30日[1] - 1963年昭和38年)7月11日[2])は、日本の台湾総督府内務官僚実業家。官選秋田県知事。旧姓・長田。

経歴[編集]

福島県出身[3][4]。長田庄衛の二男として生まれた[5]福島県立安積中学校宮城県立仙台第二中学校を経て、第二高等学校を卒業。1908年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。東洋拓殖を経て、1911年朝鮮総督府に入り農商工部属となる。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内田家に夫婦養子となり改姓した[3][5]

以後、青島守備軍民政部事務官、台湾総督府事務官、同殖産局長などを歴任[5]

秋田県出身の川村竹治台湾総督に仕えたことがきっかけで、1931年12月、犬養内閣により秋田県知事に任じられた。前知事の人事整理案を実行した。齋藤内閣の成立により、1932年6月28日、知事を休職となる[6]。同年に退官[3]。以後、野村林業 (株) 専務取締役などを務めた。1942年福岡県八幡市長に就任し、1945年に退任した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 『新編日本の歴代知事』178頁。明治15年との説もあり。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』190頁。
  3. ^ a b c 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』200頁。
  4. ^ 『新編日本の歴代知事』178頁では、仙台市で出生とある。
  5. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』178頁。
  6. ^ 『官報』第1648号、昭和7年6月29日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。