永野清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永野 清(ながの きよし、1877年明治10年)8月[1] - 1935年昭和10年)9月8日[2])は、日本の朝鮮総督府内務官僚。官選大分県知事別府市長。

経歴[編集]

大分県西国東郡玉津村(現豊後高田市)出身。永野俊吉の長男として生まれる[1]第五高等学校を卒業。1911年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。1912年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1913年、朝鮮総督府警部に任官[1][3]

以後、朝鮮総督府試補、同警視鍾路警察署長、朝鮮総督府事務官・咸鏡南道第三部長、同府税関長・仁川税関在勤、江原道内務部長などを歴任し、1924年5月に休職。1927年5月、鹿児島県書記官警察部長に就任。熊本県書記官・警察部長に転じ、1929年7月に休職[1]

1931年12月、地元出身者初の大分県知事として着任した[1]1932年6月28日、知事を休職となる[4]。同年に退官[3]。1935年9月3日、別府市長として赴任するも同月8日に病のため死去[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』1069頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1935年9月9日朝刊、11面の訃報より。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』204頁。
  4. ^ 『官報』第1648号、昭和7年6月29日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。