早川元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
早川元

早川 元(はやかわ はじめ、1895年明治28年)6月21日[1] - 1970年昭和45年)8月4日[2])は、日本の内務官僚。官選県知事海軍司政長官

経歴[編集]

長野県出身[1]。早川繁夫の長男として生まれる[3]第八高等学校を卒業。1920年東京帝国大学法学部を卒業。1921年貴族院に入り貴族院属となる。1922年11月、高等試験行政科試験に合格[3][4]

1923年4月、内務省に転じ警視庁属となる。以後、警察署長、警視庁事務官、同消防部長、長崎県書記官警察部長、愛知県書記官・警察部長などを経て、1939年4月、熊本県総務部長に就任[3]

1941年1月、沖縄県知事に就任。標準語・国民礼法励行運動、南進政策、翼賛壮年団の結成、食糧増産などを推進した[5][6]1943年7月1日大分県知事に転任[1]。軍人援護、防空設備の増強、健民運動など、戦時体制の整備を推進した[3]1944年10月、海軍司政長官に転じ、南西方面海軍民政府ボルネオ民政部長官に就任し終戦を迎えた[7]。その後、公職追放となった[4]

関連書籍[編集]

  • 野里洋 編著 『早川元・沖縄県知事日記 : 昭和十六年』 ひるぎ社、1985年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『沖繩大百科事典 下巻』「早川元」(1983年)p.255
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年 - 平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』1000頁。
  3. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』1073頁。
  4. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』238頁。
  5. ^ 『新編日本の歴代知事』1132頁。
  6. ^ 『沖縄県姓氏家系大辞典』357頁。
  7. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』143頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編 『新編日本の歴代知事』 歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』 東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年 - 平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』 日外アソシエーツ株式会社、2012年。
  • 沖縄県姓氏家系大辞典編纂委員会編著 『沖縄県姓氏家系大辞典』 角川日本姓氏歴史人物大辞典47、角川書店、1992年。
  • 沖繩大百科事典刊行事務局 『沖繩大百科事典 上・中・下巻』 沖縄タイムス、1983年。