小栗一雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小栗一雄

小栗 一雄(おぐり かずお、1886年7月8日 - 1973年1月20日)は、日本の内務官僚県知事警視総監

経歴[編集]

静岡県出身。小栗平七郎の四男として生まれる。静岡中学第一高等学校を経て、1911年7月、東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業し、農商務省に入り林務属となる。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。その後、山林事務官補・東京大林区署在勤となる。

1914年4月、一木喜徳郎文部大臣秘書官に就任し文部省参事官を兼務。1915年8月、一木大臣の内務大臣へ異動に伴い内務大臣秘書官に就任。1916年10月、京都府視学官となり、東京府視学官、奈良県警察部長、長崎県警察部長、警視庁衛生部長、警視庁保安部長、大阪府書記官警察部長、兵庫県書記官・内務部長、大阪府書記官・内務部長などを歴任。

1930年8月、奈良県知事に就任。1931年5月、台湾総督府に転じ内務局長となる。1932年6月、福岡県知事となり、さらに警視総監を務めた。二・二六事件により1936年3月に休職となり、翌月に退官した。

太平洋戦争を迎え、1942年6月、陸軍司政長官・ボルネオ守備軍司令部付顧問に就任し、1944年4月まで在任。この間、マライ軍政監部付兼南方総軍司令部付(顧問)、陸軍省軍務局付も務めた。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5108号「叙任及辞令」1944年1月26日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。


公職
先代:
石黒英彦
日本の旗 台湾総督府内務局長
1931 - 1932
次代:
小浜浄鉱