木下周一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木下周一

木下 周一(きのした しゅういち、1851年10月15日嘉永4年9月21日)- 1907年明治40年)6月4日)は、明治期の官僚。官選県知事

経歴[編集]

佐賀藩支藩の家臣の子として生まれる。明治4年(1871年)、ドイツに留学しライプツィヒ大学で法律学を学んだ。

帰国後、1875年8月、司法省に入り十一等出仕となる。以後、明法権中属、明法中属、陸軍会計官吏、太政官権少書記官兼陸軍七等出仕、参事院議官補、兼陸軍省御用掛、法制局参事官、兼内閣恩給局審査官などを歴任。参事院議官補時には旧商法の編纂に従事した[1]

1894年1月、山形県知事に登用され、1897年4月まで在任。同年5月、台湾総督府に転じ、鳳山県知事、台中県知事を歴任。1901年11月、台中県知事が廃官となり、1902年2月、埼玉県知事となる。1905年9月4日、大分県知事に転任したが、一週間後の同月11日に依願免本官となる。

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献「元大分県知事木下周一特旨叙位ノ件」
  2. ^ 『官報』第6076号「叙任及辞令」1903年10月1日。
  3. ^ 『官報』第2100号「叙任及辞令」1890年7月1日。
  4. ^ 『官報』第3451号「叙任及辞令」1894年12月27日。
  5. ^ 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 内閣「元大分県知事木下周一特旨叙位ノ件」明治40年。アジア歴史資料センター レファレンスコード:A10110258100