岸本正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岸本正雄

岸本 正雄(きしもと まさお、1881年明治14年)10月[1] - 1963年昭和38年)5月20日[2])は、日本の内務警察官僚政友会系官選県知事樺太庁長官。

経歴[編集]

鳥取県出身。税吏・岸本俊一の長男として生まれる。父の転勤のため東北各県に居住。福島県立会津中学校を経て第二高等学校を首席で卒業。1906年東京帝国大学法科大学法律学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し北海道庁属となる[1][3][4]

以後、秋田県事務官(高等官)、山形県事務官・警察部長、同県警察部長、滋賀県警察部長、福岡県警察部長、香川県内務部長、関東庁警務局長などを歴任[4]

1922年10月、秋田県知事に就任。町村農業技術員、産米検査員、農業補習学校教員の三者を一体化した「三職兼務制」を実施し、合理的な農政推進を図った[5]1924年6月、山形県知事に転任。小作問題への対応に尽力。同年12月に知事を辞職[6]1927年5月、岡山県知事に就任。道路改修十カ年継続事業、女学校など12校の県営移管などを推進し、県財政の悪化を招いた[7]1928年5月、広島県知事に転任。左翼思想の取締りを推進。1929年7月、知事を辞職[1]1931年12月、樺太庁長官に就任するが、犬養内閣の退陣により1932年7月に辞職し退官した[1][8]

その後、天童市山形市において農事開拓などを行い、独自の農業構想の実践に取り組んだ[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新編日本の歴代知事』836頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』408頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』188頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録』第8版、キ57頁。
  5. ^ a b 『新編日本の歴代知事』174頁。
  6. ^ 『新編日本の歴代知事』196頁。
  7. ^ 『新編日本の歴代知事』811頁。
  8. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』127頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。