岡田文次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田文次

岡田 文次(おかだ ぶんじ、1874年1月1日 - 1943年7月23日)は、日本の内務官僚政治家実業家。官選栃木県知事樺太庁長官、警視総監貴族院議員。旧姓・浜田。

経歴[編集]

山形県出身。浜田長之助の長男として生まれ、岡田義質の養子となる。米沢尋常中学興譲館を経て、1898年7月、東京帝国大学法科大学撰科を卒業。同年12月、文官高等試験に合格し、内務属となり警保局に配属された。

1899年5月、沖縄県参事官兼臨時沖縄県土地整理事務局事務官に就任。以後、山梨県警察部長、千葉県警察部長、新潟県事務官第四部長、警視庁第二部長、同官房主事などを歴任。

1911年8月、栃木県知事に就任。1914年6月、樺太庁長官に転じた。1916年10月、警視総監に就任。1918年9月に退任後、同月21日、貴族院勅選議員に任じられ[1]同和会に属し死去するまで在任。

その他、1919年12月、国際活映株式会社社長に就任している。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1843号、大正7年9月23日。
  2. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。