沖田芳樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沖田 芳樹(おきた よしき、1956年11月13日 - )は日本警察官僚。第93代警視総監、第21代内閣危機管理監東京都出身[1]

人物[編集]

1981年昭和56年)東京大学法学部卒、同年警察庁入庁[1]

山口県警捜査二課長[2]警視庁警備部警備一課長[3]香川県警察本部長[4]警察庁警備局警備課理事官国家公安委員会会務官、宮内庁侍従職事務主管[5]警察庁長官官房審議官(警備局担当)、愛知県警察本部長[1]、警察庁長官官房総括審議官警察庁警備局長[2]等を経て、2016年9月20日より警視総監[6]2017年9月15日をもって退官した[7]2019年4月、第21代内閣危機管理監に就任。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 警視総監に沖田氏 閣議で承認”. 日本経済新聞 (2016年9月16日). 2016年11月19日閲覧。
  2. ^ a b 第93代警視総監に就任 沖田芳樹さん(59)「想定にこだわるな」を胸に”. 産経新聞 (2016年9月20日). 2016年11月19日閲覧。
  3. ^ 警視総監 沖田氏を起用”. 毎日新聞 (2016年9月16日). 2016年11月19日閲覧。
  4. ^ 第3回 「香川県国民保護協議会」出席委員等一覧表”. 香川県 (2005年8月3日). 2016年11月19日閲覧。
  5. ^ 警視総監に沖田・警察庁警備局長”. 朝日新聞 (2016年9月16日). 2016年11月19日閲覧。
  6. ^ “警視総監に沖田氏 閣議で承認” 2016年9月16日 日本経済新聞。
  7. ^ “警視総監に吉田氏” 2017年9月8日 日本経済新聞。

先代:
高橋清孝
内閣危機管理監
第21代
次代:
-