下稲葉耕吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下稲葉 耕吉(しもいなば こうきち、1926年4月29日 - 2014年2月17日)は、日本の警察官僚政治家法務大臣(第64代)、警視総監(第73代)、自由民主党参議院議員(2期)を歴任。

来歴・人物[編集]

鹿児島県出身。第七高等学校造士館鹿児島大学の前身)を経て1948年東京大学法学部政治学科(旧制)卒業。

内務省に入省後、警察畑を進み、徳島県警察本部長、内閣総理大臣秘書官警視庁警備部長 、大阪府警察本部長、内閣調査室長、警察庁次長警視総監を歴任した。特に警視庁警備部長時代は70年安保闘争の時期にあたり、東大安田講堂事件等の指揮を執ったことで知られる。

1986年には参議院議員に転じ、文教委員長、議院運営委員長を歴任。1997年第2次橋本改造内閣法務大臣を務めた。約10ヶ月の法相在任中、3人の死刑囚死刑執行を命令した。1998年の参議院選挙には立候補せず、政界を引退した。

晩年は、社団法人日本犬保存会の会長を務めた。

警視総監時に1度、参議院議員時にも1度、家に泥棒に入られている(総監の家には臨時のポリスボックスが設置される)。

ウルトラマンが好きで「正義を行えばただ単純に賞賛されるのはいいなぁ」とよく語っていた。

2014年2月17日午後1時31分、敗血症のため東京都中野区東京警察病院で死去。87歳没。

略歴[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
志苫裕
日本の旗 参議院議院運営委員長
1996年 - 1997年
次代:
中曽根弘文
先代:
柳川覺治
日本の旗 参議院文教委員長
1990年 - 1991年
次代:
大木浩
公職
先代:
松浦功
日本の旗 法務大臣
第64代:1997年 - 1998年
次代:
中村正三郎