日本犬保存会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

公益社団法人 日本犬保存会(にほんけんほぞんかい)は、1928年(昭和3年)に創設され、1937年(昭和12年)に文部省から社団法人の認可を受け、現在は内閣府所管の公益社団法人

目的・事業[編集]

日本犬に関する諸般の事項を調査研究し、その保護、繁殖及び体型能力の向上と改良発達を図り、各種使役に対する利用を増進し、犬籍簿を整備し、日本犬に関して諸官庁及び諸団体との連絡を図り、日本犬によって我国文化の向上に資することを目的として次の事業を行っている。

  1. 日本犬標準の決定
  2. 日本犬の繁殖管理及び飼育に関する指導
  3. 日本犬犬籍簿の整備及び日本犬血統書の発行
  4. 日本犬に関連する各種の研究及び報告書の発行
  5. 日本犬に関する展覧会、試験会、講習会等の開催及び連携諸団体の催し物の後援
  6. 日本犬に関する審査員の任命
  7. 日本犬の諸外国への紹介と普及
  8. 防犯、狩猟、愛がん、その他一般使役に関する利用増進
  9. 会誌その他の公報の発行
  10. その他この法人の目的を達成するため必要な事業

概要[編集]

明治維新に始まる文明開化によって、欧米から積極的に洋犬が輸入されるようになると、日本犬の飼育はほとんど行われることがなくなった。昭和初期にいたると、純粋な日本犬は、ほとんど姿を消すこととなった。そこで、この現状に危機感を抱いた斎藤弘吉は、内務省の所管する史跡名勝天然記念物保存協会とともに日本犬の復興を呼びかけ、1928年昭和3年)に日本犬保存会を創立して保存運動を広く展開し、1937年昭和12年)には文部省から社団法人の認可を受け今日にいたる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]