日本犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柴犬

日本犬(にほんいぬ)は、古くから日本に住んでいるの総称である。

6犬種[編集]

犬種 天然記念物への指定年月日
秋田犬 大型 1931年(昭和6年)7月31日
甲斐犬 中型 1934年(昭和9年)1月22日
紀州犬 中型 1934年(昭和9年)5月1日
柴犬 小型 1936年(昭和11年)12月16日
四国犬 中型 1937年(昭和12年)6月15日
北海道犬 中型 1937年(昭和12年)12月21日

日本犬という言葉が使われるときは、1934年昭和9年)に日本犬保存会によって定められたスタンダードである「日本犬標準」に名前の挙げられている6つの在来犬種を特に指すことが多い。6犬種は大型・中型・小型の3型に分類される。1931年(昭和6年)から1937年(昭和12年)にかけて、各犬種が順次、文部省によって天然記念物に指定されたが、太平洋戦争後、その管理は都道府県教育委員会に委ねられた。

その他の日本犬種[編集]

現存の6犬種のほか、1934年(昭和9年)12月28日に「越(こし)の犬」(福井県石川県富山県新潟県)が国の天然記念物に指定されているが、その後数が減り、1971年(昭和46年)に純血種が絶えている[1]

特定の地域のみに以前から生息する犬を「地犬(じいぬ)」と言うが、天然記念物に指定された7犬種のほかにも、かつては各地に数多くの地犬が存在した。 このうち、

  • 川上犬は、信州系の柴犬である信州柴の1種だが、国の天然記念物に指定されている柴犬とは別に、1983年(昭和58年)に長野県の天然記念物に指定されており、地元で独自に保存活動が続けられている。同様に、縄文時代以来の古い犬の形質を残すとされる琉球犬も、1995年平成7年)に沖縄県の天然記念物に指定されている。
  • 薩摩犬鹿児島県)については、地元の保存会で、現在、保存・固定化の努力がなされている。
  • 十石犬群馬県・長野県)については、戻し交配による再作出の試みがなされており、美濃柴犬(美濃犬、飛騨柴とも。岐阜県)、山陰柴犬(石州犬、因幡犬とも。鳥取県島根県)などでも、固定化の努力が続けられている。
  • 肥後狼犬熊本県)にも保存会があるが、会員の高齢化という問題に悩まされている。
  • 岩手犬岩手県)は、純血種の個体の存在が確認されているが、すでに保存は難しいとされる。三河犬愛知県)も個体数が著しく少なく、絶滅寸前とされている。
  • 屋久島犬鹿児島県)は、すでに純血種の個体は存在せず、雑種のもの等が「屋久島犬」として販売されているという。
  • 大東犬沖縄県)は、南大東島で確認された純血種の個体はいずれもオスであったが、島外で純血種の繁殖が行われている[2]

このほか、すでに絶滅していると見られる地犬には、厚真犬北海道)、津軽犬・青森犬青森県)、高安犬山形県)、越後柴(越後犬とも、新潟県)、秩父犬秩父狼犬埼玉県)、赤城犬(群馬県)、加州犬石川県)、保科犬戸隠犬梓山犬(長野県)、天城犬静岡県)、熊野狼犬熊野犬奈良県和歌山県)、太地犬日高犬高野犬明神犬那智犬和歌山県)、阿波犬徳島県)、壱岐犬長崎県)、椎葉犬大分県宮崎県)、山仮屋犬(同)、綾地犬(同)、日向奥古新田犬(宮崎県)、日向犬(同)、甑山犬(鹿児島県)などがある。これらの中にも、雑種化した犬の戻し交配による再作出・固定化という道が残されているものが存在するかもしれない。

広義の「日本犬」[編集]

広義の「日本犬」には、外来の犬種を元にしたり交配したりして作られた日本原産の犬種も含まれる。土佐闘犬日本テリア日本スピッツの4犬種がこれに当たる。秋田犬から派生したアメリカン・アキタをこれに加える場合もある。

これら広義の日本犬と区別して、純粋な日本犬を、特に「和犬」と呼ぶこともある。ただし、アイヌの飼育犬「北海道犬」については「和犬」の語感にはなじまない。日本犬の各犬種を遺伝子レベルで比較研究した知見によれば、「北海道犬(アイヌ犬)」は琉球犬とともに共通の祖先縄文犬の特徴を伝える犬とされる。

特徴[編集]

  • 日本犬は温暖湿潤気候に対する耐性が強い。
  • 狩猟犬として山野を駆け回り、人間と協力して野生鳥獣の狩猟およびそれに伴う諸作業に従事してきた犬たちであり、高い身体能力を誇る。
  • 素朴・忠実・勇敢といった性質が日本犬らしいとされ、日本犬が国内外の愛好者たちに愛されてきた理由も、そのような特質に負うところが大きい。
  • 体、肢、吻は、がっしりとしている。
ピンとした三角の立ち耳、吻のとがったくさび形の頭部、クルリと巻いた巻き尾(または前方にのびて腰の上にかぶさる差し尾)などを特徴とする。
  • 日本犬の体型は、数千年前の犬の姿とほとんど変わっておらず、犬そのものの原型を色濃く残していると言われる。
  • 主人には非常に忠実だが、よそ者には警戒心をみせてなれなれしくしないため番犬に最適である。

保存小史[編集]

明治から昭和初期にかけて、洋犬の移入や交通の発展によって雑化の進んだ時期は、日本犬絶滅の危機であった。明治以来、舶来万能の風潮によって、輸入された洋犬による日本犬の雑種化が、全国で意図的に行われた。そのため、大正末期までには、純粋な日本犬は、特に都市部ではほとんど姿を消してしまった。

当時内務省にあった史跡名勝天然記念物保存協会とともに、この現状に危機感を抱いた斎藤弘吉は、日本犬の復興を呼びかけ、1928年(昭和3年)6月に日本犬保存会を創立して、保存運動を展開した。1931年(昭和6年)から1937年(昭和12年)にかけての天然記念物指定が、この運動の追い風となった(国粋的な物を尊ぶ当時の時流がもう一つの追い風となったが、保存されたのは猟犬だけだった)。

また、物資の不足から犬の撲殺・毛皮の供出が求められた太平洋戦争末期は、日本犬にとって第2の受難の時期であったが、有志の情熱と努力によって、日本犬の血は絶えることなく継承された。

飼育数[編集]

日本で1年間に血統登録される50万頭超の純粋犬のうち、日本犬の占める割合は10%強で、5万5000頭ほどである。6犬種の中では、柴犬の飼育頭数が圧倒的に多く、日本犬中の約80%を占めると言われる。紀州犬と四国犬がこれに次ぐ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 越の犬│こしのいぬ│
  2. ^ “純血「大東犬」繁殖に成功”. 沖縄タイムス. (2013年3月1日). オリジナル2013年3月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130304061732/http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-03-01_45923 2013年3月2日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]