温暖湿潤気候

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
温暖湿潤気候の分布図
  Cfa
  Cwa

温暖湿潤気候(おんだんしつじゅんきこう)とはケッペンの気候区分における気候区のひとつで温帯に属する。温帯湿潤気候と呼ぶこともある。記号はCfaでCは温帯、fは湿潤(feucht)、aは(温帯の中で)夏の気温が高いことを示す。

特徴[編集]

  • 西岸海洋性気候と比べ夏季が高温で、地中海性気候温帯夏雨気候と比べると年間を通して比較的降水量が多い(極端に降水量が少ない月がない)[1]
  • 夏季の平均気温が高いため、冬の気温が低い地域(日本など)では四季の変化が明瞭である[1]
  • 夏季の高温・多雨により稲の生育に適すことから、東アジアでは稲作が盛んである[1]

条件[編集]

  • 最寒月平均気温が-3℃以上18℃未満。
  • 最暖月平均気温が22℃以上。
  • 年平均降水量が乾燥限界以上かつ下記の条件を満たす。
    • 最多雨月が夏にある場合は、最多雨月降水量≦10×最少雨月降水量。
    • 最多雨月が冬にある場合は、最多雨月降水量≦3×最少雨月降水量 または 最少雨月降水量が30mm以上[2]

分布[編集]

分布地域[編集]

中緯度の大陸東岸に主に分布。

日本での分布地域[編集]

温暖湿潤気候に属する観測地点が存在するのは以下の市町村である。(かっこ書きは気象庁アメダスの設置点):

北海道

    • 江差町(江差)
    • 松前町(松前)
    • 奥尻島(奥尻)
    • 八雲町熊石
    • 函館市(函館)平年値の最暖月の平均気温は22℃、最寒月の平均気温-2.6℃と温暖湿潤気候に属す。気候区分の境界線上に位置し、平年値では亜寒帯湿潤気候(1961-90平均)→西岸海洋性気候(1971-2000平均)→温暖湿潤気候(1981-2010平均)と変化している。
  • 大部分は亜寒帯湿潤気候(道東のごく一部は亜寒帯冬季少雨気候)、温暖湿潤気候との境界など一部は西岸海洋性気候に属する。

典型的な都市[編集]

また以下の都市も温暖湿潤気候に分類されるが、年較差が小さく四季の変化は上記の都市ほど明瞭ではない。ケッペンの気候区分にはないが、亜熱帯気候とすることがある。

雨温図[編集]

アトランタ
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
128
 
11
1
 
 
119
 
14
3
 
 
137
 
18
6
 
 
92
 
23
10
 
 
100
 
27
15
 
 
92
 
30
20
 
 
130
 
32
21
 
 
93
 
31
21
 
 
104
 
28
18
 
 
79
 
23
12
 
 
104
 
17
6
 
 
97
 
13
2
気温(°C
総降水量(mm)
出典:NCDC
ダーバン
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
134
 
28
21
 
 
113
 
28
21
 
 
120
 
28
20
 
 
73
 
26
17
 
 
59
 
25
14
 
 
28
 
23
11
 
 
39
 
23
11
 
 
62
 
23
13
 
 
73
 
23
15
 
 
98
 
24
17
 
 
108
 
25
18
 
 
102
 
27
20
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[2]
ブエノスアイレス
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
122
 
30
20
 
 
123
 
29
19
 
 
154
 
26
17
 
 
107
 
23
14
 
 
92
 
19
10
 
 
50
 
16
8
 
 
53
 
14
7
 
 
63
 
17
9
 
 
78
 
19
10
 
 
139
 
23
13
 
 
131
 
25
16
 
 
103
 
28
18
気温(°C
総降水量(mm)
出典:National Meteorological Service
ブリスベン
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
154
 
30
21
 
 
161
 
30
21
 
 
139
 
29
20
 
 
91
 
27
17
 
 
78
 
25
14
 
 
69
 
22
12
 
 
54
 
22
10
 
 
44
 
23
11
 
 
44
 
26
14
 
 
78
 
27
16
 
 
99
 
28
19
 
 
130
 
29
20
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[15]
ミラノ
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
64
 
5
-2
 
 
63
 
8
0
 
 
82
 
13
3
 
 
82
 
18
7
 
 
97
 
22
11
 
 
65
 
26
15
 
 
68
 
29
17
 
 
93
 
28
17
 
 
69
 
24
14
 
 
100
 
19
8
 
 
101
 
10
4
 
 
60
 
5
-1
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[16]
東京
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
49
 
10
2
 
 
60
 
10
2
 
 
115
 
13
5
 
 
130
 
18
11
 
 
128
 
23
15
 
 
165
 
25
19
 
 
162
 
29
23
 
 
155
 
31
24
 
 
209
 
27
21
 
 
163
 
22
15
 
 
93
 
17
10
 
 
40
 
12
5
気温(°C
総降水量(mm)
出典:Japan Meteorological Agency

気候の特徴[編集]

モンスーン季節風)の影響により四季の変化が大きい。特にアジアで顕著である。

は低緯度地帯の海洋側から高緯度地帯の大陸側に向かって暖かく湿ったモンスーンが吹くため通過する地域である大陸東岸は暑く、湿った気候となる。

は夏とは逆に大陸側から海洋側に向かって冷たく乾いたモンスーンがその地域を吹き抜けるため冷たく乾燥した気候となる。日本の日本海側地域が冬に湿潤となるのは、日本が大陸東岸の沖合に位置することによる(日本海側気候)。大陸からの乾燥した季節風が日本海を通過することで多量の水蒸気を含むためで、典型的な 温暖湿潤気候とはやや異なった傾向になることとなる。

また、夏 - 秋にしばしば台風など熱帯低気圧の影響を受けることも夏の降水量が多い原因のひとつである。

土壌と植生[編集]

産業・産物[編集]

年平均降水量は1,000mmを超えることが多いための生育に適する。この事からアジアではこの気候を利用して集約的米作が行われる。アジア以外では、混合農業放牧が多い。また、多くの地域で小麦の栽培(北アメリカでは企業的農業が中心)も行われている。ある程度の降水量と適度な気温のおかげで、栽培可能な農作物の種類は他の気候区と比べても多い。

また日本犬柴犬紀州犬甲斐犬四国犬など)はこの気候に強く、古くから猟犬として使われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日下博幸、2013、『学んでみると気候学はおもしろい』、ベレ出版 ISBN 978-4-86064-362-1
  2. ^ 仁科 淳司、2015、『やさしい気候学』第3版、 古今書院 ISBN 978-4-7722-8506-3 p.77
  3. ^ 鏡原観測所は温暖湿潤気候(2003年 - 2010年までの8年間の準平年値)。
  4. ^ a b c d e f 2003年 - 2010年までの8年間の準平年値。
  5. ^ a b 地域気象観測(アメダス)平年値表 CD-ROM
  6. ^ 旧東 平年値(年・月ごとの値) 主な要素 - 気象庁
  7. ^ 南大東島地方気象台は温暖湿潤気候。
  8. ^ 中央気象台『中央気象台月報 全国気象表』 19191921年19261928年1941~1943年の 各月
  9. ^ 北大東 平年値(年・月ごとの値) 主な要素 - 気象庁
  10. ^ 『日本気候表 全国の平年値一覧(統計期間19712000年)』気象庁 2001年
  11. ^ 中央気象台『中央気象台月報 全国気象表』 19401943年の各月、自衛隊による観測記録有
  12. ^ 富士山特別地域気象観測所のある富士山頂は富士宮市御殿場市小山町富士吉田市鳴沢村と境界を接するが、どの自治体に属するかは決まっていない。
  13. ^ a b c d e 帝国書院編集部、2017、『新詳高等地図』、帝国書院 ISBN 978-4-8071-6208-6 平成29年度版
  14. ^ a b c d e f 二宮書店編集部、2017、『詳解現代地図』、二宮書店 ISBN 978-4-8176-0397-5 平成29年度版
  15. ^ “Brisbane Regional Office”, Climate statistics for Australian locations (オーストラリア気象局), http://www.bom.gov.au/climate/averages/tables/cw_040214.shtml 2011年8月2日閲覧。 
  16. ^ [1]