マタギ犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マタギ犬の末裔とされる北海道犬

マタギ犬(マタギいぬ)とは、古よりマタギによって鹿の狩猟目的で使われていた、日本の中型の狩猟犬のことである。熊犬と呼ばれることもある

マタギは東北地方で熊や鹿の狩猟を行っていた狩猟者集団のことである。マタギ犬というのは、狩猟目的に使っていたイヌの総称であり、国際的に認められた犬種をさすわけではない。

歴史[編集]

北海道ヒグマによる被害が深刻化した際に熊犬として日本カレリアン・ベア・ドッグ(英:Karelian Bear Dog)が輸入され、熊退治を行ったことがある。

他にもタールタン・ベア・ドッグArmenian Gampr dogなどが熊犬として利用される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]