紙智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗参議院議員 紙 智子
Kamitomoko.JPG
生年月日 (1955-01-13) 1955年1月13日(62歳)
出身地 北海道札幌郡豊平町(現:札幌市清田区
出身校 北海道女子短期大学卒業
学位・資格 準学士
前職 日本共産党中央委員会青年学生部 道常任委員
所属委員会 農林水産委員会(理事)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会
東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会(理事)
国際経済・外交に関する調査会(理事)
世襲
選出選挙区 参議院比例区
当選回数 3回(2001年-)
所属党派 日本共産党
党役職 中央委員
参院国会対策副委員長
農林水産部会長
国民運動委員
基地再編・強化反対闘争本部員
会館部屋番号 参議院議員会館710号室
ウェブサイト 日本共産党参議院議員 紙智子
テンプレートを表示

紙 智子(かみ ともこ、戸籍名:内山 智子(うちやま ともこ)、1955年1月13日 - )は、日本政治家日本共産党所属の参議院議員(3期)。党常任幹部会委員、党農林・漁民局長。

概要[編集]

1955年、北海道札幌郡豊平町字真栄(現:札幌市清田区真栄)の農家4人兄妹(兄3人)の末子として生まれる。短大時代実業団バレーボールチーム9人制全道大会で優勝。全国大会にも出場する。

日本民主青年同盟員としても活動。実家は自由民主党支持であったが、兄と友人の影響で日本共産党に入党する。

1986年に初めて立候補するも、2001年に当選するまでは参院選4回・衆院選3回すべて落選。漁業を主なテーマとして活動している。BSE問題などを質問。結婚に伴い戸籍上の氏が夫の「内山」となるが、いわゆる旧姓である「紙」を通称として使用し、夫婦別姓としている。

かつて北海道・東北北関東を活動地域としていた名残で現在も同地域を中心に地盤がある。同様の議員には大門実紀史がいる。

経歴[編集]

2001年7月18日第19回参議院議員通常選挙にて日本共産党委員長志位和夫(右)、参議院議員候補宮内聡(左)と

主張・ 活動[編集]

政策[編集]

  • 国会前で連帯の挨拶をするなど、TPP交渉から直ちに撤退することを主張している[2][3]
  • 民法改正を目指す院内集会に積極的に参加するなど、選択的夫婦別姓制度導入推進に積極的にかかわっている[4][5]

人物・家族[編集]

趣味は、スキー歩き、絵画料理など[6]。1990年代、自身が40歳前後の時に結婚した15歳年上の夫は2012年、72歳で死去している[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]