紙智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紙 智子
かみ ともこ
紙智子
生年月日 (1955-01-13) 1955年1月13日(67歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道札幌郡豊平町
(現:札幌市清田区
出身校 北海道女子短期大学
前職 日本共産党中央委員会青年学生部
日本共産党北海道委員会常任委員
現職 常任幹部会委員
参院国会対策副委員長
農林水産部会長
国民運動委員
基地再編・強化反対闘争本部員
所属政党 日本共産党
称号 準学士
公式サイト 日本共産党参議院議員 紙智子

選挙区 参議院比例区
当選回数 4回
在任期間 2001年 - 現職
テンプレートを表示

紙 智子(かみ ともこ、本名:内山 智子(うちやま ともこ)[1]1955年1月13日[1] - )は、日本政治家日本共産党所属の参議院議員(4期)。党常任幹部会委員、党農林・漁民局長。

概要[編集]

1955年、北海道札幌郡豊平町字真栄(現:札幌市清田区真栄)の農家4人兄妹(兄3人)の末子として生まれる。短大時代実業団バレーボールチーム9人制全道大会で優勝。全国大会にも出場する。

日本民主青年同盟員としても活動。実家は自由民主党支持であったが、兄と友人の影響で日本共産党に入党する。

1986年に初めて国政選挙に立候補するも、2001年に当選するまでは参院選に4回・衆院選に3回すべて落選している。

経歴[編集]

2001年7月18日第19回参議院議員通常選挙にて日本共産党委員長志位和夫(右)、参議院議員候補宮内聡(左)と

主張・ 活動[編集]

政策[編集]

  • 国会前で連帯の挨拶をするなど、TPP交渉から直ちに撤退することを主張している[6][7]
  • 民法改正を目指す院内集会に積極的に参加するなど、選択的夫婦別姓制度導入推進に積極的にかかわっている[8][9]

所属団体・議員連盟[編集]

人物・家族[編集]

趣味は、スキー歩き、絵画料理など[11]。1990年代、自身が40歳前後の時に結婚した15歳年上の夫は2012年、72歳で死去している[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b 紙 智子(かみ ともこ):参議院 (平成28年11月28日現在) 2018年9月7日 閲覧
  2. ^ a b c d e 公式ホームページ プロフィール
  3. ^ 米下院「慰安婦」決議の提出者/ホンダ議員が参院訪問 しんぶん赤旗(2008年1月9日) 2018年9月30日閲覧。
  4. ^ 韓国水曜デモ1000回アクション”. 週刊金曜日オンライン (2012年1月20日). 2021年3月28日閲覧。
  5. ^ 韓国水曜デモ1000回アクション 東京行動 報告”. 日本軍『慰安婦』問題解決全国行動. 2021年3月28日閲覧。
  6. ^ 日本共産党ホームページ 2015年9月の動画
  7. ^ 日本共産党ホームページ 動画 集会2
  8. ^ 活動日誌
  9. ^ しんぶん赤旗 2009年4月25日
  10. ^ 「アイヌ政策」推進議員連盟が開かれ、私も参加し、一言発言”. 2019年8月28日閲覧。
  11. ^ 公式プロフィール
  12. ^ 日本経済新聞 2012/4/26

関連項目[編集]

外部リンク[編集]